プロフィール

シェフ

Author:シェフ
※カオスな仲間と闇のゲームをしてみた公式ブログです


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


リンク


私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第98回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
唐突だが諸君らに速報だ。このかおすた通信に今後、シェフ氏による四コマ漫画コーナーの設立が予定されているようだ。なお、あのうpが遅いことに定評のあるシェフ氏のことなので、カオス闇ゲのファンたる諸君らはだいたい覚悟はできていると思うが、その四コマ漫画コーナーがいつ始まるのか、更新速度はどのくらいなのかは未定であり、期待しないほうがいいだろう。
私の予想ではコーナーが始まるとしても来年の秋ごろ。更新速度は1年に1度あればいいほうだと思う。

前回の「お題」は「トークンを生成させるカード」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
スケープ・ゴースト
20160414211158.jpg
レベル1 闇属性アンデット族のチューナー/リバースモンスター。アンデット族の現在唯一のレベル1チューナーであり、リバースモンスターでもあり、チューナーモンスターでもあるという珍しいモンスター。リバース効果は自分フィールドに「黒羊トークン」(アンデット族・闇・星1・攻/守0)を好きなだけ特殊召喚できるという単純だが強力な効果をもつ。この手の効果には珍しく、このトークンはシンクロ・リンク・融合・リリースに何の制限もないので様々な利用方法があり、使用者の趣味とセンスが問われるモンスターであるともいえるだろう。アイデア提供者は「レニー」さんだな。感謝する。「レニー」さん曰く、「リバース効果で一気にトークンを生成するので、シンクロ、リンク双方で役に立ちそうだと思います。 」とのこと。確かにこのモンスターは状況によっては大量のトークンを展開できるので、リンク召喚には非常に相性がいいと言えるだろう。
それではそんな無限の可能性を秘めたトークン生成カード、「スケープ・ゴースト」を使ったデッキレシピを見ていこう。
<「スケープ・ゴースト」を使ったデッキレシピ>
スケープ メイン
メインデッキ 40枚 
モンスター 16枚
スケープ・ゴースト/闇/アンデット/0:0/1/リバース/チューナー 3枚
不知火の隠者/炎/アンデット/500:0/4 3枚
ADチェンジャー/光/戦士/100:100/1 3枚
クローラー・デンドライト/地/昆虫/1300:600/2/リバース 3枚
絶対王 バック・ジャック/闇/悪魔/0:0/1 2枚
星遺物−『星鎧』 /闇/機械/2500:2500/7
召喚僧サモンプリースト/闇/魔法使い/800:1600/4(制限)
魔法カード 12枚
テラ・フォーミング/通常魔法(準制限) 2枚
フュージョン・ゲート/フィールド魔法 2枚
星遺物に差す影/フィールド魔法 2枚
星遺物を巡る戦い/速攻魔法
おろかな埋葬/通常魔法(制限)
トークン復活祭/通常魔法
ハーピィの羽根帚/通常魔法(制限)
異次元からの埋葬/速攻魔法(準制限)
ワン・フォー・ワン/通常魔法(制限)
罠カード 12枚
バースト・リバース/通常罠 3枚
星遺物の傀儡/永続罠 3枚
メタバース/通常罠 2枚
バージェストマ・ディノミスクス/通常罠 2枚
ゴーストリック・パニック/通常罠
貪欲な瓶/通常罠

エクストラデッキ 15枚
魔王超龍 ベエルゼウス/闇/ドラゴン/4000:4000/10/シンクロ
冥界濁龍 ドラゴキュートス/闇/ドラゴン/4000:2000/10/シンクロ
冥界龍 ドラゴネクロ/闇/ドラゴン/3000:0/8/融合 2枚
始祖竜ワイアーム/闇/ドラゴン/2700:2000/9/融合 2枚
ゴーストリックの駄天使/闇/天使/2000:2500/4/エクシーズ
フォーミュラ・シンクロン/光/機械/200:1500/2/シンクロ/チューナー
ゴーストリック・サキュバス/闇/魔法使い/1400:1200/2/エクシーズ
ゴーストリック・デュラハン/闇/悪魔/1000:0/1/エクシーズ
プロキシー・ドラゴン/光/サイバース/1400/リンク2
リンク・スパイダー/地/サイバース/1000/リンク1
ヴァレルロード・ドラゴン /闇/ドラゴン/3000/リンク4
星杯戦士ニンギルス/地/戦士/2500/リンク3
デコード・トーカー/闇/サイバース/2300/リンク3

~デッキ解説~
今回は「スケープ・ゴースト」のトークン生成効果を中心に、大型のモンスターを出せるように構築してみた。
まず、基本的なギミックとして「スケープ・ゴースト」をリバースさせる方法だが、このデッキでは「ADチェンジャー」「星遺物の傀儡」「ゴーストリック・パニック」が採用されている。
これらのカードを利用し、「スケープ・ゴースト」をセットした後にすぐにリバースさせてトークンを一気に展開できる。
特に「ゴーストリック・パニック」はランク1の「ゴーストリック・デュラハン」やランク2の「ゴーストリック・サキュバス」を経由し「ゴーストリックの駄天使」の効果で即座にサーチが利くのは魅力的だな。
ゴーストリック・デュラハン」のルートを使用した場合は使用後のサルベージも可能な点も見逃せない。
スケープ・ゴースト」をフィールドに揃える方法としては「ワン・フォー・ワン」や「不知火の隠者」などがあるがこれらのカードは表側で特殊召喚するカードになるので、リバースを狙うのが難しい。ゆえに「星遺物の傀儡」の効果などで裏守備にしてからリバースするなどの手順が必要だろう。「星遺物の傀儡」のモンスターを裏守備にする効果は墓地の「クローラー」をデッキに戻す必要があるので、このデッキでは「クローラー・デンドライト」をデッキに戻すことになるだろう。「クローラー・デンドライト」はリバース時にデッキからモンスターを墓地に送る効果があるのであらかじめ効果で「ADチェンジャー」を墓地に送っておけば、「スケープ・ゴースト」をすぐにリバースする準備が整う。
別な手段としては「スケープ・ゴースト」をシンクロ・リンク・エクシーズの素材にして墓地に送った後、「バースト・リバース」でセットするというのも手段の一つだ。
星遺物に差す影」は自分のリバースモンスターを戦闘で破壊した相手モンスターを墓地に送る効果があるので相手の攻撃を躊躇させることが出来、「スケープ・ゴースト」とは非常に相性がよい。
また先述の「クローラー・デンドライト」を手札から特殊召喚出来る点や「星遺物−『星鎧』」のサーチ効果を「星遺物の傀儡」と共有できる点で相性がいい。
フィールド魔法なので相手モンスターの攻撃時に「メタバース」で奇襲をかけることが出来る点もミソだな。
上記のギミックからこのデッキでは「スケープ・ゴースト」のリバースがしやすく構築されているのは理解して頂けただろう。
そこから大量展開したトークンたちの利用方法をここから解説したいと思う。
まず、「スケープ・ゴースト」の効果で特殊召喚される「黒羊トークン」は「スケープ・ゴースト」と全く同じステータス、属性種族の通常モンスターなので「フュージョン・ゲート」で2体を融合素材にすればほぼノーコストで強力な融合モンスターである「冥界龍 ドラゴネクロ」「始祖竜ワイアーム」が融合召喚可能。
それだけでも十分強力であるが、このデッキではさらにその先の展開として「スケープ・ゴースト」が闇属性レベル1チューナーであることを利用し、「スケープ・ゴースト」と「始祖竜ワイアーム」でシンクロすることでレベル10シンクロの「冥界濁龍 ドラゴキュートス」、「スケープ・ゴースト」と「冥界龍 ドラゴネクロ」とほかの「黒羊トークン」1体でシンクロすることでこれまたレベル10シンクロの「魔王超龍 ベエルゼウス」という大型の強力な効果を持った2種類のシンクロを状況によって使い分けることが出来る。
次にトークンたちをリンク素材にするルートの場合はお馴染みの「リンク・スパイダー」からの「プロキシー・ドラゴン」のルートで分岐し、そこからリンク3の対象耐性&打点の「デコード・トーカー」を出すか、万能除去効果を持った「星杯戦士ニンギルス」を出すことが出来、状況によって使い分けることが出来る。
フィールドにのこった「スケープ・ゴースト」自体を素材に巻き込めば「ヴァレルロード・ドラゴン」を呼び出すことも可能だろう。
仮に「スケープ・ゴースト」以外に自分の場にモンスターが居ない状況でリバースした場合、「黒羊トークン」は4体生成される。そのうち1体を「リンク・スパイダー」にし、そのリンク先に2体を素材に「プロキシー・ドラゴン」をリンク召喚する。そして残ったトークン1体と「スケープ・ゴースト」でシンクロし「プロキシー・ドラゴン」のリンク先に「フォーミュラ・シンクロン」を特殊召喚して効果によって1ドローする。その後、「リンク・スパイダー」「プロキシー・ドラゴン」「フォーミュラ・シンクロン」の3体でリンク召喚して手札を増やしつつ「ヴァレルロード・ドラゴン」が出せるのだ。
最後に変わったトークンの使い方としては「トークン復活祭」を1枚だけネタで入れている。一応最大4枚破壊という驚異の除去カードに変貌するポテンシャルを秘めているので、覚えておいて損はないだろう。ちなみに「冥界龍 ドラゴネクロ」で特殊召喚される「ダークソウルトークン」も闇属性アンデット族なので「黒羊トークン」と同様の使い回しができる。
このデッキでは全体的に除去が少なめなので「バージェストマ・ディノミスクス」が採用されている。通常罠なので「絶対王 バック・ジャック」の効果を「バースト・リバース」や「メタバース」などの他の起点となる通常罠と共有できる他、手札を切る効果をもつので手札に来てしまった「ADチェンジャー」などを墓地に送るのにも役立つだろう。また、レベル2の通常モンスターとして特殊召喚できる効果を持つので各種リンク素材や先述の「クローラー・デンドライト」や「フォーミュラ・シンクロン」と共に「ゴーストリック・サキュバス」をエクシーズ召喚もできる。特に前者はリバースした後に棒立ちになりがちなのでこのカードと共に素材にするのが有意義だろう。
いかがだっただろうか?ややコンボパーツが多めだがなかなかに強力なデッキになったのではないかと思う。
このデッキを構築しようと思う奇特な方が居るのならば、まだまだ相性の良いカードは沢山あるので各自調整を勧める。個人的にはもうすこし「不知火」カードを増やして「不知火流 燕の太刀」などを採用し、除去能力を高めるのも面白いのではないかと思う。発動コストはトークンを量産さえできればいくらでも賄えるので。
諸君もこのデッキを使って、トークンを利用した華麗なる戦術を披露してみてはいかがだろうか?

さて、今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:デッキビルドパック「スピリット・ウォリアーズ」の収録カード
もう間もなくカオス闇ゲ&二十代コラボオフが開催されるが、それと同時に新パックである「スピリット・ウォリアーズ」の発売が8月11日に迫っているのは優秀なデュエリスト諸君ならば把握しているだろう。次回の更新時には既に発売されているので、今回も例によって新規カードの研究のため、「スピリット・ウォリアーズ」の収録カードからお題を出させてもらうぞ。闇ゲデュエリストたるもの、常に新しいカードに目を向けていかなければならないのだ!
大変申し訳ないが、来週は私の都合で休載とさせていただく。ゆえにこのお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
それではまた会おう。IN TO THE VRAINS!!
私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第97回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
ついにカオス闇ゲ×二十代のコラボオフが今年のお盆に決定されたな!コラボオフということもあり、今までにないオフ会になりそうだ。早くも定員が埋まってしまったようだ。参加が確定した諸君は私もスタッフとして参加する予定なのでオフ会にて会おう!惜しくも定員漏れしてしまった諸君はまだキャンセル待ちという希望が残っているので諦めずに待って居よう!
前回の「お題」は「「スリーカード」とコンボ出来るモンスター」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
ラーの使徒
ラーの使徒
レベル4 光属性天使族の効果モンスター。召喚・特殊召喚に成功するとデッキ・手札から同名モンスターを2体まで特殊召喚できる効果と、コントローラーが「ラーの使徒」以外では特殊召喚できなくなり、「ラーの使徒」は三幻神のアドバンス召喚のリリース以外ではリリースできないというデメリット効果を持つ。アドバンス召喚の設定先が元の三幻神のみなので「ラー」の使徒という名前のなのになぜか「ラーの翼神竜−球体形」の召喚リリースに使えないという微妙に使いにくいモンスター。
アイデア提供者は「こーすー」さんだな。感謝する。「こーすー」さん曰く、「3体を並べた後、神を場に出す前に『神の怒りを受けるがいい!』と高らかに《スリーカード》を使って相手の場をズタズタにするのは楽しそうかなーと思いました。」とのこと。
スリーカード」が神の力なのかどうかはともかくとして、一気に3体揃えることができる性質上、「スリーカード」と相性がいいのは間違いない。
それではそんな神に匹敵する力を秘めた「ラーの使徒」を使ったデッキレシピを見ていこう。
<「ラーの使徒」を使ったデッキレシピ>
ラーの使徒デッキ
メインデッキ 40枚
モンスター 15枚
ラーの使徒/光/天使/1100:600/4 3枚
オネスト/光/天使/1100:1900/4 3枚
コーリング・ノヴァ/光/天使/1400:800/4 3枚
シャインエンジェル/光/天使/1400:800/4 3枚
絶対王 バック・ジャック/闇/悪魔/0:0/1 3枚
魔法カード 13枚
一族の結束/永続魔法 3枚
サイバネット・ユニバース/フィールド魔法 3枚
強制転移/通常魔法 2枚
おろかな埋葬/通常魔法(制限)
オレイカルコスの結界/フィールド魔法
ハーピィの羽根帚/通常魔法(制限)
フォトン・ブースター/通常魔法
貪欲な壺/通常魔法(制限)
罠カード 12枚
スリーカード/通常罠 3枚
メタバース/通常罠 3枚
悪魔の嘆き/通常罠 2枚
貪欲な瓶/通常罠 2枚
光の召集/通常罠
転生の予言/通常罠

~デッキ解説~
今回はお題どおり、シンプルに「ラーの使徒」で「スリーカード」を撃って戦う構築にさせてもらった。何?デッキに神が入ってない?知らんなぁ?
ラーの使徒」は召喚・特殊召喚さえすれば「スリーカード」の布陣が整う。
まず主役の「ラーの使徒」をフィールドに出す方法だが、このカードのステータスは低めであり、またレベル4の光属性天使族であるので「コーリング・ノヴァ」「シャインエンジェル」のリクルートに対応している。これらのモンスターを使えば「ラーの使徒」をフィールドに揃えるのはそう難しくはないだろう。
3体の「ラーの使徒」が揃ったら次は「スリーカード」の準備だ。専用サーチこそないものの、「スリーカード」は通常罠であるので「絶対王 バック・ジャック」の効果でデッキトップからセットできる。これによって擬似的なサーチが行えるのだ。
デッキトップからの「スリーカード」による奇襲の強力さはこのブログを見てくれているカオス闇ゲのファンたる諸君らは最新動画で確認済みであろう。
またこのデッキの罠カードは全て通常罠であり、デッキの約3分の1を占めているので「絶対王 バック・ジャック」の効果が不発に終わることは少ないと思われる。「絶対王 バック・ジャック」自体は「おろかな埋葬」や「悪魔の嘆き」などで墓地に送るといいだろう。「絶対王 バック・ジャック」の効果は墓地から自身を除外することをコストとするので、後述の「一族の結束」を阻害しないのもミソだな。
以上のギミックで「スリーカード」を使用する布陣を整え「ラーの使徒」でビートダウンを行うわけだが、いかんせん「ラーの使徒」は攻撃力1100と非常に低く、ビートダウンには向かないステータスをしている。
ゆえにこのデッキでは「ラーの使徒」の攻撃力を上げるために「一族の結束」「オレイカルコスの結界」「オネスト」「フォトン・ブースター」などの戦闘サポートを採用している。特に「オレイカルコスの結界」は「ラーの使徒」は同名モンスターを並べる関係上、攻撃ロックを決めることもでき、またエクストラデッキから特殊召喚できなくなるデメリットもそもそも「ラーの使徒」のデメリットの方がきついので気にならない。ちなみに「一族の結束」「オレイカルコスの結界」を併用した場合の「ラーの使徒」の攻撃力は2400となかなかに高い。それが3体並んだ状況で「スリーカード」が打てるのだから一気に相手を追い詰めることができるだろう。
オレイカルコスの結界」のデメリットとして発動時に自分フィールドの特殊召喚したモンスターを全て破壊するというものがあるが、その対策としてこのデッキでは「メタバース」を採用している。このカードはデッキから直接フィールド魔法を発動できる効果であり、「メタバース」のカード効果によるフィールド魔法の発動であるので、このカードによってデッキから「オレイカルコスの結界」を発動した場合は発動時の特殊召喚モンスターを全破壊する効果は発動しないのである。また、相手モンスターの攻撃宣言時に発動すれば「オレイカルコスの結界」の攻撃力上昇による返り討ちや攻撃ロックを狙うこともでき、相手の戦略を崩しやすくできる。「メタバース」自体も通常罠なので先述の「絶対王 バック・ジャック」の効果で奇襲を狙いやすいことは理解して頂けるだろう。
フォトン・ブースター」は自分フィールドのトークン以外のレベル4以下の光属性モンスターとその同名の攻撃力をターン終了まで2000にできる魔法カード。レベル4の光属性であり、同名モンスターを一気に展開することに長けた「ラーの使徒」とは非常に相性がいい。ただし、このカードの効果は攻撃力を発動時に2000に固定する効果なので、先述の「一族の結束」や「オレイカルコスの結界」が先に発動してあった場合、効果を再計算しないのでこのカードの発動後に発動するなどのプレイングが必要になるので注意しよう。
以上のカード達によって戦闘においては解決したが、そうなると相手プレイヤーが「ラーの使徒」をカード効果によって除去してくる可能性が高くなってくる。
このデッキにはモンスター除去に対する対策が搭載されていないが、「ラーの使徒」が全滅した場合に「貪欲な壺」「貪欲な瓶」「サイバネット・ユニバース」などすぐにデッキに戻して再展開できるように構築されている。これらのカードを使って戦線を維持しよう。
また、これらのカードと同時に「光の召集」も採用されている。手札に来てしまった「絶対王 バック・ジャック」などを捨てて、1体だけ「ラーの使徒」を回収し、のこりは先述の「貪欲な壺」などでデッキに戻すことで再展開をねらったり、単純に「オネスト」を回収して打点でゴリ押してもいいだろう。
このデッキでは「スリーカード」以外にモンスター除去カードが入っていないが、仮に対象に取れない、罠の効果を受けないなど「スリーカード」で除去することが出来ないモンスターを相手が出してきた場合は「強制転移」を使うといいだろう。リクルーターの多いこのデッキでは非常に役に立つぞ。また「ラーの使徒」を送り付ければ相手が特殊召喚できなくなるので、阻害目的で送り付けるのも悪くはないだろう。
いかがだっただろうか?割とごり押しだが、なかなかに面白い「スリーカード」なデッキになったのではないかと思う。このデッキに相性の良いカードはまだまだ沢山あるので各自調整を勧める。
個人的には「スウィッチヒーロー」で相手に展開した「ラーの使徒」3体を送り付けつつ「地盤沈下」で残りのモンスターゾーンを封鎖。「プレゼント交換」「エクスチェンジ」で相手に「スリーカード」を送り付けるという「スリーカード」販促接待ネタデッキとか面白そうだなとか考えたりもした。デッキ目的としては相手が「スリーカード」を使えばこちらの勝利だな。
諸君も「スリーカード」を使って最高にエンタメな闇ゲデュエリストを目指してみよう!!

さて、今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:トークンを生成させるカード
リンク召喚ではトークンが素材に使用可能なのはもちろん諸君なら理解していると思う。今後の闇のゲームにおいてはリンク召喚が主流、もしくはそれを利用したギミックが主流になるであろうというのは想像に難くない。実際アニメでもハノイの騎士のリーダー、リボルバーは「ドラゴノイド・ジェネレーター」によるトークンを利用しての戦術を駆使し遊作を追い詰めた。今回はそんな今後の活躍が予想されるトークンに注目し、トークン生成カードをお題をさせてもらった。諸君の考えるお勧めのトークン生成カードを教えてくれ。
大変申し訳ないが、来週は私の都合で休載とさせていただく。ゆえにこのお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
それではまた会おう。IN TO THE VRAINS!!
私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第96回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
「カオス闇ゲ」の最新動画は諸君はすでにチェックしただろうか?もちろんこのブログを毎週見てくれているコアなファンの諸君はすでにN版もY版も視聴済みだと思うが、あの動画は1回見ただけでは拾いきれないネタも沢山あるので何度でも確認してほしい。
前回の「お題」は「効果ダメージを与えることをメインとするカード」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
墓守の従者
414qc03Ex5L.jpg
レベル3 闇属性魔法使い族の効果モンスター。「墓守」カテゴリーのカードであり、戦闘ダメージを効果ダメージとして扱いという他にはない非常に珍しい効果を持ったモンスター。アイデア提供者は「NOT」さんだな。感謝する。「NOT」さん曰く、「このカードであればメイジさんの言う「闇のゲームにおいて戦闘でぶつかり合うのが好まれ、効果ダメージメインはやや嫌われる」という点も解消できると思います 」とのこと。確かに効果ダメージをメインとつつ戦闘を行い、他のカードとのコンボにもなるというのは闇のゲームらしい戦い方であると言える。それではそんな他にできない戦術を披露する「墓守の従者」を使ったデッキレシピを見ていこう。
<「墓守の従者」を使ったデッキレシピ>
墓守の従者 レシピ
メインデッキ 41枚
モンスターカード 16枚
墓守の従者/闇/魔法使い/700:500/3 3枚
墓守の偵察者/闇/魔法使い/1200:2000/4/リバース 3枚
墓守の召喚師/闇/魔法使い/1200:1500/3 3枚
幻想の見習い魔導師/闇/魔法使い/2000:1700/6 3枚
黒き森のウィッチ/闇/魔法使い/1100:1200/4(制限) 2枚
墓守の長/闇/魔法使い/1900:1200/5 2枚
魔法カード 20枚
ユニオン・アタック/通常魔法 3枚
一族の結束/永続魔法 3枚
黒魔術のヴェール/通常魔法 3枚
マジシャンズ・クロス/通常魔法 3枚
グリモの魔導書/通常魔法 3枚
ヒュグロの魔導書/通常魔法
ルドラの魔導書/通常魔法
死者蘇生/通常魔法(制限)
魔導書院ラメイソン/フィールド魔法
ハーピィの羽根帚/通常魔法(制限)
罠カード 5枚
黒魔族復活の棺/通常罠 3枚
奇跡の軌跡/通常罠
貪欲な瓶/通常罠

~デッキ解説~
今回は「墓守の従者」の効果を生かすため、「ユニオン・アタック」とのコンボを意識し、攻撃力をアップさせて超高打点で殴って効果ダメージを与える、という戦術をベースに作ってみた。
まず、「墓守の従者」をデッキから引っ張ってくる方法としてはこのデッキには「墓守の召喚師」「墓守の偵察者ストーカー」「黒き森のウィッチ」「黒魔族復活の棺」が採用されている。
どれもこのデッキには積めるだけ採用しているので、「墓守の従者」に繋がるカードは全部で11枚。よほど運が悪くなければ絶対に初手に1枚は引けるように作られている。
次に重要な「墓守の従者」の攻撃力を上昇させる方法だが、一般的に「墓守」の戦闘パンプカードと言えば「王家の眠る谷−ネクロバレー」が思い浮かぶ。しかし、このデッキの展開カードとの都合上シナジーが悪いと私は判断したので今回は不採用とさせてもらった。「ユニオン・アタック」の効果の性質上、なるべくモンスターは多く展開していた方が攻撃力の上昇を狙いやすいため、展開の阻害になるカードは採用できなかったわけだな。代わりに、全体攻撃力アップの手段としては人間100年さんお馴染みの一族の結束」を採用させてもらった。一応攻撃力の上昇値は全体パンプとしてはこちらの方が上である。
マジシャンズ・クロス」は2体以上の魔法使い族モンスターが居れば、そのうち1体をターンの終了時まで攻撃力を3000にするという驚異的な効果をもつが、対象モンスター以外攻撃できなくなるデメリットを持つ。しかし、「ユニオン・アタック」のデメリットも同じものなので同時に使用すれば攻撃力3000+もう一体のモンスターの攻撃力分アップということが出来る。一族の結束の状況下であれば、このデッキの最低打点でも4500ポイントとなる。正にアルティメットな攻撃力だな。
モンスターを2体並べる方法としては「墓守の偵察者ストーカー」を自分のターンにリバースする、「墓守の長」や「黒魔術のヴェール」の効果で蘇生するなどの方法があるので意外と腐りにくい。
また、「墓守の従者」が相手モンスターに攻撃する場合は、相手の攻撃力によっては大きなダメージを与えられないかもしれない。しかしその対策としてこのデッキには「幻想の見習い魔導師」「奇跡の軌跡」が採用されている。前者は手札またはフィールドから墓地の送ることでモンスターと戦闘を行う闇属性魔法使い族モンスターの攻撃力をダメージ計算時のみ2000ポイントもアップさせることが出来るので大きなダメージを狙うことが出来る。さらに比較的簡単に手札から特殊召喚できるモンスターで、素の攻撃力が2000もありフィールドでも効果を発動できる点から「ユニオン・アタック」とも相性がよく、自身の攻撃力とモンスター効果を加算せて合計4000ポイントもの上昇を狙うことが出来る。
後者は対象モンスターの攻撃力を1000ポイントアップさせ、モンスターに対して2回の攻撃を可能とさせる罠カード。相手プレイヤーの1ドロー、発動ターンは相手は戦闘ダメージを受けないなどのデメリットがあるがダメージに関しては「墓守の従者」によって効果ダメージに替わるので何の問題もなく、2回の攻撃で2体のモンスターを破壊できれば相手のドローも気にならない。
さらにごり押しの火力アップ手段としてこのデッキには「魔導書」サポートを採用させてもらっている。具体的な攻撃力アップとしては「ヒュグロの魔導書」だな。対象となった魔法使い族モンスターの攻撃力を1000アップさせる効果、対象モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊すればデッキから「魔導書」をサーチする効果をもつ。
ヒュグロの魔導書」を手札に加える手段として「グリモの魔導書」が採用されており、また攻撃の終わった「墓守の従者」が相手ターンに低攻撃力を晒すことのないように「ヒュグロの魔導書」の効果で「ルドラの魔導書」をサーチすれば2ドローに変換することが出来る。これらの「魔導書」を使いまわすために「魔導書院ラメイソン」も採用されている。追加の1ドローも中々においしい。
ここまで高火力でごり押ししてきたが、どうしても戦闘破壊できない壁モンスターは「黒魔族復活の棺」で除去してしまおう。このデッキのモンスターはすべて闇属性魔法使い族なので発動条件も特殊召喚先も困ることはないだろう。
いかがだっただろうか?いささか脳筋なデッキになってしまったが、これはこれで闇のゲームに映えるデッキになったのではないかと思う。このデッキを組もうという方が居たらまだまだ相性の良いカードは沢山あるので各自調整を勧める。
個人的にはこのデッキはEXデッキをほとんど使わないので「オレイカルコスの結界」を入れて更なる攻撃力アップを目指してみたり、「召喚僧サモンプリースト」を採用してランク4エクシーズを狙いやすくして「Emトラピーズ・マジシャン」をエクシーズ召喚。効果によって「墓守の従者」に直接攻撃も可能な2回攻撃効果を付与するなどの手段や、「墓守の巫女」を採用して僅かな攻撃力上昇とデッキの可愛さアップを狙ってみるなどがあると思う。なかなかに可能性の高いデッキなので使い手の性格が出るところだな。
諸君もこのデッキを使って効果ダメージを絡めた狡猾な闇のゲームを演出してみてはいかがだろうか?

さて、今回もここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:「スリーカード」とコンボ出来るモンスター
今回はカオス闇ゲ最新動画にあやかり、せっかくなので「スリーカード」を主軸としたデッキを作ってみたいと思う。諸君の思う独自の「スリーカード」なコンボを披露してくれるモンスターを教えてくれ。私と一緒にスリーカード次元の魅力に触れてみよう!!!
大変申し訳ないが、来週は私の都合で休載とさせていただく。ゆえにこのお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
それではまた会おう。IN TO THE VRAINS!!
私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第95回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
レシピ画像を使用している公式カードデータベースのマイデッキ作成がなぜか使用できなくなる不具合が発生したため、記事の投稿がいつもより遅れてしまった。すまない。
さて、このコーナーももう気づけば95回。記念すべき100回まであと5回を残すところとなった。第100回には第50回のときと同様に採用者ランキングを発表する予定であるので、もしかしたらトップ争いにいる諸君は頑張ってアイデア投稿を続けてほしい。

前回の「お題」は「効果のトリガーやギミックに「3」が深く関係するカード」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
魂を喰らう者 バズー
BE2-JP003R.jpg
レベル4 地属性獣族の効果モンスター。自分のターンの起動効果で自分の墓地のモンスターを3体まで除外し、1枚につき300ポイント相手ターン終了時まで攻撃力が上昇するという効果を持ったモンスター。「3体まで除外」「300ポイントアップ」という3にかかわる効果を持ったモンスターであると言えよう。レベルは3ではないが。アイデア提供者は「MO@I」さんだな。感謝する。「MO@I」さん曰く、「私がこのカードを挙げる3を含む理由は3つ
1つ、遊戯王3期に発売されたDUELIST LEGACY Volume.3 に収録
2つ、墓地のカードを3枚まで除外し300攻撃力を上げる効果
そして3つ、モンスター、魔法罠ゾーンが3つまでのレギュレーションのデュエルリンクスで私が3枚作ったカードだからだ! 」
とのこと。3つ目は割と個人的な理由なのは置いておくとして、1つ目の理由、「遊戯王3期に発売されたDUELIST LEGACY Volume.3 に収録された」というのはなかなかにセンスのある解答だと思ったのでこのカードに決めさせてもらった。
似たような効果を持つカードに「ヴェルズ・サラマンドラ」がいるが、種族、属性、攻撃力、発動回数がことなり、また最大攻撃力ではこちらの方が勝っているので差別化は可能だろう。なにより、「3」という数字に縁があるアドバンテージがある(?)
それではそんな「3」なギミックを採用した「魂を喰らう者 バズー」を使ったデッキレシピを見ていこう。
<「魂を喰らう者 バズー」を使ったデッキレシピ>
バズー メイン
モンスター 14枚
魂を喰らう者 バズー/地/獣/1600:900/4 3枚
犬タウルス/炎/獣戦士/1500:200/3 3枚
異次元の偵察機/闇/機械/800:1200/2 3枚
終末の騎士/闇/戦士/1400:1200/4(準制限) 2枚
召喚僧サモンプリースト/闇/魔法使い/800:1600/4(制限)
黒き森のウィッチ/闇/魔法使い/1100:1200/4(制限)
獣神機王バルバロスUr/地/獣戦士/3800:1200/8
魔法カード 18枚
エアーズロック・サンライズ/通常魔法 3枚
封印の黄金櫃/通常魔法 3枚
闇の誘惑/通常魔法 2枚
炎舞-「天キ」/永続魔法(準制限) 2枚
神聖なる森/永続魔法 2枚
地獄の暴走召喚/速攻魔法 2枚
死者蘇生/通常魔法(制限)
おろかな埋葬/通常魔法(制限)
ハーピィの羽根帚/通常魔法(制限)
増援/通常魔法(制限)
罠カード 8枚
ガリトラップ-ピクシーの輪-/永続罠 3枚
スリーカード/通常罠 3枚
ディメンション・ガーディアン/永続罠
貪欲な瓶/通常罠

エクストラデッキ 15枚
トポロジック・ボマー・ドラゴン/闇/サイバース/3000/リンク4
電影の騎士ガイアセイバー/地/機械/2600/リンク3 
ファイアウォール・ドラゴン/光/サイバース/2500/リンク4
デコード・トーカー/闇/サイバース/2300/リンク3 2枚
プロキシー・ドラゴン/光/サイバース/1400/リンク2
トライゲート・ウィザード/地/サイバース/2200/リンク3
バイナル・ソーサレス/地/サイバース/1600/リンク2
幻影騎士団カースド・ジャベリン/闇/戦士/1600:0/2/エクシーズ
No.65 裁断魔人ジャッジ・バスター/闇/悪魔/1300:0/2/エクシーズ
アーマー・カッパー/水/サイキック/400:1000/2/エクシーズ
No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル/闇/昆虫/2500:800/4/エクシーズ
ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン/地/ドラゴン/3000:2000/8/融合
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン/闇/ドラゴン/2500:2000/4/エクシーズ
恐牙狼 ダイヤウルフ/地/獣/2000:1200/4/エクシーズ

~デッキ解説~
今回は「魂を喰らう者 バズー」の効果に着目し、3体まで墓地のモンスターを除外できる、という効果を生かした構築にしてみた。
まず、フィールドに「魂を喰らう者 バズー」を出す方法としては「黒き森のウィッチ」の効果でサーチする、もしくは「犬タウルス」の効果でデッキから墓地に送り「エアーズロック・サンライズ」で蘇生するという方法をとる。
このデッキにおいて「魂を喰らう者 バズー」の効果で除外するモンスターは「異次元の偵察機」が望ましい。除外されたエンドフェイズに帰還する効果があるので、除外効果が無駄にならないのだ。そのためこのデッキには「終末の騎士」や「封印の黄金櫃」、「地獄の暴走召喚」など「異次元の偵察機」を墓地に送ったり、特殊召喚に繋がるカードが採用されている。
上記の流れで自分のターンのエンドフェイズに3体の「異次元の偵察機」が攻撃表示で特殊召喚され、相手が攻撃力の低い「異次元の偵察機」を攻撃してきた場合に備え、このデッキでは「ガリトラップ-ピクシーの輪-」「スリーカード」が採用されている。前者は攻撃表示モンスターが自分フィールドに2体以上いると、相手は攻撃力の低い自分のモンスターを攻撃対象にできなくなる効果がある。上記の流れで「異次元の偵察機」を特殊召喚された場合、必ず自分フィールドには自身の効果によって攻撃力の上昇した「魂を喰らう者 バズー」がいるはずなので攻撃から守ることが出来るだろう。
後者の場合は自分の場にトークン以外の同名モンスターが3体存在するので相手の場のカードを3枚破壊し、攻撃を防いでアドバンテージを稼ぐことが出来る。
相手ターンをこれら2種類の罠カードで防ぎ、自分のターンに3体の「異次元の偵察機」を素材に「デコード・トーカー」などの強力なリンクモンスターをリンク召喚し、再び「魂を喰らう者 バズー」で墓地に送られた3体の「異次元の偵察機」を除外。さきほどの布陣に戻る、という寸法である。このデッキでは「神聖なる森」「ディメンション・ガーディアン」などの「魂を喰らう者 バズー」を守るカードも搭載してあるのでこれらのカードを駆使して戦線を維持していこう。
特に「デコード・トーカー」は魔法罠カードを対象として破壊する効果を防ぐこともできるので相性がいい。
また、「異次元の偵察機」を除外するギミックとして「闇の誘惑」「封印の黄金櫃」以外に「獣神機王バルバロスUr」もある。もう片方の獣戦士族は前述の「犬タウルス」を使うといいだろう。
他に少し変わったギミックとしては「召喚僧サモンプリースト」からの流れでランク4闇属性ドラゴン族エクシーズである「ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」をエクシーズ召喚し、獣族である「魂を喰らう者 バズー」と融合することで「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」が出せたりするぞ。
異次元の偵察機」はレベル2の闇属性モンスターなので2体揃えば相手のモンスター効果を封じることのできる「No.65 裁断魔人ジャッジ・バスター」をエクシーズ召喚可能。発動コストがエクシーズ素材2つなので即座に「異次元の偵察機」を2体墓地に置くことができ、「魂を喰らう者 バズー」からの展開に繋げることが出来る。
いかがだっただろうか?若干ネタ性は高いが決まるとなかなかに面白いデッキになったのではないかと思う。
このデッキのミソは「魂を喰らう者 バズー」が3体のモンスターを除外できるという点に着目して「スリーカード」を打つというギミックになっているので、まさに「3」に深く関係する「魂を喰らう者 バズー」にしかできないコンボと言えるだろう。
このデッキを作ろうという奇特な方が居るならば、まだまだ相性の良いカードは沢山あるので各自調整を勧める。個人的には「不知火」モンスター達を投入し効果の発動を狙う、などという流れも面白いのではないかと思う。
諸君もこのデッキを使って、「3」を意識したプレイングを磨いてみてはいかがだろうか?

さて、短いが今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:効果ダメージを与えることをメインとするカード
現在放送中のアニメ「遊戯王VRAINS」にて、主人公藤木遊作もといPlaymakerとカリスマデュエリストのブルーエンジェルのデュエル
が放送された。そのデュエルの中で注目して欲しいのがブルーエンジェルの使用するモンスター群である「トリックスター」である。
ブルーエンジェルは「トリックスター」によるその圧倒的アドバンテージの回収力と細かなバーンダメージにより、終始Playmakerを追い詰めつつも、視聴者を惹きつけるアイドルとしてのデュエルを行っていた。
ここで一つ考えたのが、闇のゲームにおいて効果ダメージカード、特にバーンに特化したギミックはやや嫌われる傾向が多い。
恐らくモンスター同士のぶつかり合いによる戦闘ダメージの応酬こそ闇のゲームらしい、と考える人が何割かを占めているからだと思われる。
しかし、真の闇ゲデュエリストならばどんなカードを使ってもエンターティィィ↑メントを魅せなければならないのではないかと私は考える。ゆえに今回はブルーエンジェルに倣い、効果ダメージを与えることをメインとするカードをお題とさせてもらった。諸君らの考えるバーンダメージかつエンタメなカードを教えてくれ。
大変申し訳ないが、来週は私の都合で休載とさせていただく。ゆえにこのお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
それではまた会おう。IN TO THE VRAINS!!
私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第94回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
シェフ氏のツイッターで判明したが、8月13日に二十代さんとのコラボオフが決定したぞ!!場所は恐らく大阪になるとのこと。
このブログでもそのうち参加者募集があると思うので、今のうちに参加希望者はオフ会用のデッキを調整しておくといいかもしれないな。

前回の「お題」は「「DUELIST PACK -レジェンドデュエリスト編-」の注目カード」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
潜海奇襲(シー・ステルス・アタック)
08373.jpg
「DUELIST PACK -レジェンドデュエリスト編-」に新規収録された永続罠カード。発動時の効果処理時に手札墓地の「」を発動できる効果と、場に「」があると使える二つの強力な効果を持つ。一つは元々のレベルが5以上の自分の水属性モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前にそのモンスターを破壊する効果。二つ目は相手ターンにも使える、自分の水属性モンスター1体をターンの終了時まで除外し、自分の表側の魔法罠にターンの終了時までの破壊耐性を付与する効果だな。
」ありきのカードではあるが、かなり強力な効果を持ったカードだ。
アイデア提供者は「こーすー」さん、「ばんてふ」さんだな。感謝する。「こーすー」さん曰く、「DMでの梶木の戦術を再現しただけでなく、イラストが原作意識なのもポイント高いです」とのこと。確かに原作を意識したイラストであり、城之内の「漆黒の豹戦士パンサーウォリアー」が「伝説のフィッシャーマン」に攻撃されているところである。明らかに攻撃力がこのままでは足りていないが撃破できそうなイラストを見ると、やはりこのカードの効果も原作の場面をリスペクトして作られているのだろう。原作リスペクトは闇ゲにおいてもしばしば用いられる展開なので、闇のゲームとしても中々面白いカードなのではないだろうか?
それではそんな梶木の必殺戦術、「潜海奇襲」を使ったデッキレシピを見ていこう。
<「潜海奇襲」を使ったデッキレシピ>
シーステルス1
メインデッキ 40枚
モンスター 14枚
氷結界の御庭番/水/水/100:1600/2 3枚
鬼ガエル/水/水/1000:500/2 3枚
氷結界の伝道師/水/水/1000:400/2 3枚
ジャンク・シンクロン/闇/戦士/1300:500/3/チューナー 2枚
城塞クジラ/水/魚/2350:2150/7 2枚
フィッシュボーグ-アーチャー/水/魚/300:300/3/チューナー
魔法カード 19枚
テラ・フォーミング/通常魔法 3枚
氷結界の紋章/通常魔法 3枚
忘却の都 レミューリア/フィールド魔法 2枚
水神の護符/永続魔法 2枚
サルベージ/通常魔法 2枚
調律/通常魔法 2枚
ハーピィの羽根帚/通常魔法(制限)
幻煌の都 パシフィス/フィールド魔法
おろかな埋葬/通常魔法(制限)
死者蘇生/通常魔法(制限)
チキンレース/フィールド魔法
罠カード 7枚
リビングデッドの呼び声/永続罠 3枚
潜海奇襲/永続罠 3枚
貪欲な瓶/通常罠

エクストラデッキ 15枚
水晶機巧-グリオンガンド/水/機械/3000:3000/9/シンクロ
PSYフレームロード・Ω/光/サイキック/2800:2200/8/シンクロ(制限)
白闘気白鯨/水/魚/2800:2000/8/シンクロ
No.37 希望織竜スパイダー・シャーク/水/海竜/2600:2100/4/エクシーズ
水晶機巧-アメトリクス/水/機械/2500:1500/5/シンクロ 2枚
氷結界の龍 グングニール/水/ドラゴン/2500:1700/7/シンクロ
瑚之龍/水/ドラゴン/2400:500/6/シンクロ/チューナー
白闘気海豚/水/魚/2400:1000/6/シンクロ
氷結界の龍 ブリューナク/水/海竜/2300:1400/6/シンクロ(準制限) 2枚
餅カエル/水/水/2200:0/2/エクシーズ(制限)
No.47 ナイトメア・シャーク/水/海竜/2000:2000/3/エクシーズ
氷結界の虎王ドゥローレン/水/獣/2000:1400/6/シンクロ(制限)
キャット・シャーク/水/獣/500:500/2/エクシーズ

~デッキ解説~
今回は「潜海奇襲」をメインに使うため、様々な水属性とのシナジーを考えて構築してみた。
潜海奇襲」をメインに使う以上、それをデッキからセットすることが出来る「城塞クジラ」は確定採用。そもそもこのカード自体もレベル5以上の水属性であるので「潜海奇襲」の効果の恩恵を受けることが出来る。
潜海奇襲」は「」が無ければ効果が適用できないので、このデッキでは「」として扱うカードとして「忘却の都 レミューリア」「幻煌の都 パシフィス」が採用されている。前者は攻守アップ効果に加えレベル調整によるシンクロ召喚やエクシーズ召喚の補助、後者は基本的に相手ターンにはなるが攻守2000レベル8の水属性のトークンを出現させる効果があるので「潜海奇襲」と相性がいい。
潜海奇襲」がフィールドにある限り、元々のレベルが5以上の水属性モンスターは基本的に戦闘では無敵になれる。ここで注意するべきが戦闘以外の除去に対する対策である。
このデッキではメインデッキ・エクストラデッキのモンスターはほぼ水属性で固めてあるので、「水神の護符」によって相手のカードの効果による破壊を防ぐことが出来る。さらに「城塞クジラ」は1ターンに1度、自分フィールドの水属性モンスター1体のみを対象にする魔法・罠・モンスターの効果の発動を無効にして破壊する強力な効果を持っているので「潜海奇襲」と合わせれば戦闘・効果に対してかなりの防御力を誇るだろう。
何?「水神の護符」は発動してから3回目のエンドフェイズに墓地に送られるから盤石じゃないだと?問題ない。このデッキにはそのための対策としてエクストラデッキに「氷結界の虎王ドゥローレン」が採用されている。その効果によって「水神の護符」を手札に戻して使いまわせば実質永続的に自分の場の水属性を守り続けることが出来る。ついでに「氷結界の虎王ドゥローレン」の攻撃力も上げることが出来るので攻めにも使えるぞ。
氷結界の虎王ドゥローレン」自体は、このデッキに採用されてる「ジャンク・シンクロン」でレベル2の水属性非チューナーを釣り上げれば「忘却の都 レミューリア」で水属性非チューナーのレベルを1つ上げれば意外と簡単にシンクロ召喚が可能。
また、自分の表側カードを戻す関係上フィールド魔法の張り替えもアドバンテージの損失を抑えながらできる。このデッキにはフィールド魔法カードサーチの「テラ・フォーミング」などとサーチ先のフィールド魔法が被ってしまった際、事故回避のために「チキンレース」が採用されているが、すでにフィールド魔法を発動している状況で「チキンレース」を引くと事故札になってしまう。しかし、「氷結界の虎王ドゥローレン」の効果で一度フィールドの「」扱いのカードをバウンスしてから「チキンレース」を発動、効果でドローをしてから改めて「」扱いのカードを発動という流れも可能な他、自分のターンには展開のためのレベル変動効果を使用する「忘却の都 レミューリア」を発動し、相手ターンには高打点高レベルトークンを出現させる「幻煌の都 パシフィス」を発動しておくというコンボも可能だ。
上記のコンボ全てがフィールド魔法・永続魔法・永続罠に依存する以上、魔法・罠除去に注意しなければならないところなのだが、「潜海奇襲」自体がフリーチェーンで自分の表側の魔法罠全てに破壊耐性を付与できる関係上、魔法罠除去は脅威ではなくコンボの持続性の高さがわかるだろう。
また、「潜海奇襲」の水属性モンスターを一時的に除外する効果も有用でエクストラデッキから特殊召喚されたエクストラモンスターゾーンの水属性モンスターを除外し、エンドフェイズにメインモンスターゾーンに移動させるという芸当が可能。ゆえにこのデッキのエクストラデッキのモンスターのほとんどは水属性になっている。
一時的に除外してしまう関係上、エクシーズモンスターはエクシーズ素材がなくなってしまい役立たずになる可能性が高いが、その場合は「城塞クジラ」の特殊召喚のためのコストなどに使うと無駄がないだろう。
また、「リビングデッドの呼び声」で蘇生したモンスターを一時的に除外すれば「リビングデッドの呼び声」との関係が切れて完全蘇生となる。フィールドに無駄に残った「リビングデッドの呼び声」は前述の「氷結界の虎王ドゥローレン」で手札に戻して使いまわせば無駄がない。
注意するべきは「潜海奇襲」で破壊することが出来ないモンスターも昨今の環境ではしばしば登場する。そんなときは「氷結界の虎王ドゥローレン」の効果で攻撃力で上回って上から殴るという脳筋な方法か、「氷結界の龍 ブリューナク」の効果でバウンスしてやろう。
ちなみに「氷結界」のシンクロモンスターたちに関して言えば、「氷結界の御庭番」の効果でモンスター効果対象耐性も付けることが出来るので覚えておこう。
破壊ではなく除外などの除去をされた場合は「PSYフレームロード・Ω」をシンクロ召喚し、除外ゾーンから墓地に戻してから蘇生、などの手段をとるといいだろう。
いかがだっただろうか?今回はなかなかに強力なデッキになったのではないかと思う。このデッキに相性のいいカードはまだまだたくさんあるので各自調整を勧める。個人的には「海竜神の怒り」や「ビッグバン・シュート」などを採用してみても除去として有用なのではないかと思う。
皆もこのデッキを使って、梶木の必殺戦術「潜海奇襲」を使いこなしてみよう。

さて、今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:効果のトリガーやギミックに「3」が深く関係するカード
現在放送中のアニメ「遊戯王VRAINS」の主人公、藤木遊作は特殊な言い回しとして「一つ、二つ、三つ」という言い回しが癖になっているようだ。どうやらハノイの騎士のボス「リボルバー」もそのような言い回しを使っており、遊作が使うカードやデュエルにも「3」という数字がキーワードになっていることが見受けられる。(スピードデュエルのメインモンスターゾーンが3つ、など)
今後の展開上、「3」という数字がキーワードになるのであれば、それに関係するカードが強化されたりするかもしれない。
というわけで今回はこのような若干特殊なお題を出させてもらった。強化される可能性のあるカードを深く知っておけば、今後の闇ゲのゲームにおけるタクティクスの幅も広がるというものだ。諸君らの考える「3」を連想させるカードを教えてくれ。
大変申し訳ないが、来週は私の都合で休載とさせていただく。ゆえにこのお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
それではまた会おう。IN TO THE VRAINS!!

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»