プロフィール

シェフ

Author:シェフ
※カオスな仲間と闇のゲームをしてみた公式ブログです


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


リンク


私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第95回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
レシピ画像を使用している公式カードデータベースのマイデッキ作成がなぜか使用できなくなる不具合が発生したため、記事の投稿がいつもより遅れてしまった。すまない。
さて、このコーナーももう気づけば95回。記念すべき100回まであと5回を残すところとなった。第100回には第50回のときと同様に採用者ランキングを発表する予定であるので、もしかしたらトップ争いにいる諸君は頑張ってアイデア投稿を続けてほしい。

前回の「お題」は「効果のトリガーやギミックに「3」が深く関係するカード」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
魂を喰らう者 バズー
BE2-JP003R.jpg
レベル4 地属性獣族の効果モンスター。自分のターンの起動効果で自分の墓地のモンスターを3体まで除外し、1枚につき300ポイント相手ターン終了時まで攻撃力が上昇するという効果を持ったモンスター。「3体まで除外」「300ポイントアップ」という3にかかわる効果を持ったモンスターであると言えよう。レベルは3ではないが。アイデア提供者は「MO@I」さんだな。感謝する。「MO@I」さん曰く、「私がこのカードを挙げる3を含む理由は3つ
1つ、遊戯王3期に発売されたDUELIST LEGACY Volume.3 に収録
2つ、墓地のカードを3枚まで除外し300攻撃力を上げる効果
そして3つ、モンスター、魔法罠ゾーンが3つまでのレギュレーションのデュエルリンクスで私が3枚作ったカードだからだ! 」
とのこと。3つ目は割と個人的な理由なのは置いておくとして、1つ目の理由、「遊戯王3期に発売されたDUELIST LEGACY Volume.3 に収録された」というのはなかなかにセンスのある解答だと思ったのでこのカードに決めさせてもらった。
似たような効果を持つカードに「ヴェルズ・サラマンドラ」がいるが、種族、属性、攻撃力、発動回数がことなり、また最大攻撃力ではこちらの方が勝っているので差別化は可能だろう。なにより、「3」という数字に縁があるアドバンテージがある(?)
それではそんな「3」なギミックを採用した「魂を喰らう者 バズー」を使ったデッキレシピを見ていこう。
<「魂を喰らう者 バズー」を使ったデッキレシピ>
バズー メイン
モンスター 14枚
魂を喰らう者 バズー/地/獣/1600:900/4 3枚
犬タウルス/炎/獣戦士/1500:200/3 3枚
異次元の偵察機/闇/機械/800:1200/2 3枚
終末の騎士/闇/戦士/1400:1200/4(準制限) 2枚
召喚僧サモンプリースト/闇/魔法使い/800:1600/4(制限)
黒き森のウィッチ/闇/魔法使い/1100:1200/4(制限)
獣神機王バルバロスUr/地/獣戦士/3800:1200/8
魔法カード 18枚
エアーズロック・サンライズ/通常魔法 3枚
封印の黄金櫃/通常魔法 3枚
闇の誘惑/通常魔法 2枚
炎舞-「天キ」/永続魔法(準制限) 2枚
神聖なる森/永続魔法 2枚
地獄の暴走召喚/速攻魔法 2枚
死者蘇生/通常魔法(制限)
おろかな埋葬/通常魔法(制限)
ハーピィの羽根帚/通常魔法(制限)
増援/通常魔法(制限)
罠カード 8枚
ガリトラップ-ピクシーの輪-/永続罠 3枚
スリーカード/通常罠 3枚
ディメンション・ガーディアン/永続罠
貪欲な瓶/通常罠

エクストラデッキ 15枚
トポロジック・ボマー・ドラゴン/闇/サイバース/3000/リンク4
電影の騎士ガイアセイバー/地/機械/2600/リンク3 
ファイアウォール・ドラゴン/光/サイバース/2500/リンク4
デコード・トーカー/闇/サイバース/2300/リンク3 2枚
プロキシー・ドラゴン/光/サイバース/1400/リンク2
トライゲート・ウィザード/地/サイバース/2200/リンク3
バイナル・ソーサレス/地/サイバース/1600/リンク2
幻影騎士団カースド・ジャベリン/闇/戦士/1600:0/2/エクシーズ
No.65 裁断魔人ジャッジ・バスター/闇/悪魔/1300:0/2/エクシーズ
アーマー・カッパー/水/サイキック/400:1000/2/エクシーズ
No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル/闇/昆虫/2500:800/4/エクシーズ
ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン/地/ドラゴン/3000:2000/8/融合
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン/闇/ドラゴン/2500:2000/4/エクシーズ
恐牙狼 ダイヤウルフ/地/獣/2000:1200/4/エクシーズ

~デッキ解説~
今回は「魂を喰らう者 バズー」の効果に着目し、3体まで墓地のモンスターを除外できる、という効果を生かした構築にしてみた。
まず、フィールドに「魂を喰らう者 バズー」を出す方法としては「黒き森のウィッチ」の効果でサーチする、もしくは「犬タウルス」の効果でデッキから墓地に送り「エアーズロック・サンライズ」で蘇生するという方法をとる。
このデッキにおいて「魂を喰らう者 バズー」の効果で除外するモンスターは「異次元の偵察機」が望ましい。除外されたエンドフェイズに帰還する効果があるので、除外効果が無駄にならないのだ。そのためこのデッキには「終末の騎士」や「封印の黄金櫃」、「地獄の暴走召喚」など「異次元の偵察機」を墓地に送ったり、特殊召喚に繋がるカードが採用されている。
上記の流れで自分のターンのエンドフェイズに3体の「異次元の偵察機」が攻撃表示で特殊召喚され、相手が攻撃力の低い「異次元の偵察機」を攻撃してきた場合に備え、このデッキでは「ガリトラップ-ピクシーの輪-」「スリーカード」が採用されている。前者は攻撃表示モンスターが自分フィールドに2体以上いると、相手は攻撃力の低い自分のモンスターを攻撃対象にできなくなる効果がある。上記の流れで「異次元の偵察機」を特殊召喚された場合、必ず自分フィールドには自身の効果によって攻撃力の上昇した「魂を喰らう者 バズー」がいるはずなので攻撃から守ることが出来るだろう。
後者の場合は自分の場にトークン以外の同名モンスターが3体存在するので相手の場のカードを3枚破壊し、攻撃を防いでアドバンテージを稼ぐことが出来る。
相手ターンをこれら2種類の罠カードで防ぎ、自分のターンに3体の「異次元の偵察機」を素材に「デコード・トーカー」などの強力なリンクモンスターをリンク召喚し、再び「魂を喰らう者 バズー」で墓地に送られた3体の「異次元の偵察機」を除外。さきほどの布陣に戻る、という寸法である。このデッキでは「神聖なる森」「ディメンション・ガーディアン」などの「魂を喰らう者 バズー」を守るカードも搭載してあるのでこれらのカードを駆使して戦線を維持していこう。
特に「デコード・トーカー」は魔法罠カードを対象として破壊する効果を防ぐこともできるので相性がいい。
また、「異次元の偵察機」を除外するギミックとして「闇の誘惑」「封印の黄金櫃」以外に「獣神機王バルバロスUr」もある。もう片方の獣戦士族は前述の「犬タウルス」を使うといいだろう。
他に少し変わったギミックとしては「召喚僧サモンプリースト」からの流れでランク4闇属性ドラゴン族エクシーズである「ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」をエクシーズ召喚し、獣族である「魂を喰らう者 バズー」と融合することで「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」が出せたりするぞ。
異次元の偵察機」はレベル2の闇属性モンスターなので2体揃えば相手のモンスター効果を封じることのできる「No.65 裁断魔人ジャッジ・バスター」をエクシーズ召喚可能。発動コストがエクシーズ素材2つなので即座に「異次元の偵察機」を2体墓地に置くことができ、「魂を喰らう者 バズー」からの展開に繋げることが出来る。
いかがだっただろうか?若干ネタ性は高いが決まるとなかなかに面白いデッキになったのではないかと思う。
このデッキのミソは「魂を喰らう者 バズー」が3体のモンスターを除外できるという点に着目して「スリーカード」を打つというギミックになっているので、まさに「3」に深く関係する「魂を喰らう者 バズー」にしかできないコンボと言えるだろう。
このデッキを作ろうという奇特な方が居るならば、まだまだ相性の良いカードは沢山あるので各自調整を勧める。個人的には「不知火」モンスター達を投入し効果の発動を狙う、などという流れも面白いのではないかと思う。
諸君もこのデッキを使って、「3」を意識したプレイングを磨いてみてはいかがだろうか?

さて、短いが今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:効果ダメージを与えることをメインとするカード
現在放送中のアニメ「遊戯王VRAINS」にて、主人公藤木遊作もといPlaymakerとカリスマデュエリストのブルーエンジェルのデュエル
が放送された。そのデュエルの中で注目して欲しいのがブルーエンジェルの使用するモンスター群である「トリックスター」である。
ブルーエンジェルは「トリックスター」によるその圧倒的アドバンテージの回収力と細かなバーンダメージにより、終始Playmakerを追い詰めつつも、視聴者を惹きつけるアイドルとしてのデュエルを行っていた。
ここで一つ考えたのが、闇のゲームにおいて効果ダメージカード、特にバーンに特化したギミックはやや嫌われる傾向が多い。
恐らくモンスター同士のぶつかり合いによる戦闘ダメージの応酬こそ闇のゲームらしい、と考える人が何割かを占めているからだと思われる。
しかし、真の闇ゲデュエリストならばどんなカードを使ってもエンターティィィ↑メントを魅せなければならないのではないかと私は考える。ゆえに今回はブルーエンジェルに倣い、効果ダメージを与えることをメインとするカードをお題とさせてもらった。諸君らの考えるバーンダメージかつエンタメなカードを教えてくれ。
大変申し訳ないが、来週は私の都合で休載とさせていただく。ゆえにこのお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
それではまた会おう。IN TO THE VRAINS!!
私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第94回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
シェフ氏のツイッターで判明したが、8月13日に二十代さんとのコラボオフが決定したぞ!!場所は恐らく大阪になるとのこと。
このブログでもそのうち参加者募集があると思うので、今のうちに参加希望者はオフ会用のデッキを調整しておくといいかもしれないな。

前回の「お題」は「「DUELIST PACK -レジェンドデュエリスト編-」の注目カード」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
潜海奇襲(シー・ステルス・アタック)
08373.jpg
「DUELIST PACK -レジェンドデュエリスト編-」に新規収録された永続罠カード。発動時の効果処理時に手札墓地の「」を発動できる効果と、場に「」があると使える二つの強力な効果を持つ。一つは元々のレベルが5以上の自分の水属性モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前にそのモンスターを破壊する効果。二つ目は相手ターンにも使える、自分の水属性モンスター1体をターンの終了時まで除外し、自分の表側の魔法罠にターンの終了時までの破壊耐性を付与する効果だな。
」ありきのカードではあるが、かなり強力な効果を持ったカードだ。
アイデア提供者は「こーすー」さん、「ばんてふ」さんだな。感謝する。「こーすー」さん曰く、「DMでの梶木の戦術を再現しただけでなく、イラストが原作意識なのもポイント高いです」とのこと。確かに原作を意識したイラストであり、城之内の「漆黒の豹戦士パンサーウォリアー」が「伝説のフィッシャーマン」に攻撃されているところである。明らかに攻撃力がこのままでは足りていないが撃破できそうなイラストを見ると、やはりこのカードの効果も原作の場面をリスペクトして作られているのだろう。原作リスペクトは闇ゲにおいてもしばしば用いられる展開なので、闇のゲームとしても中々面白いカードなのではないだろうか?
それではそんな梶木の必殺戦術、「潜海奇襲」を使ったデッキレシピを見ていこう。
<「潜海奇襲」を使ったデッキレシピ>
シーステルス1
メインデッキ 40枚
モンスター 14枚
氷結界の御庭番/水/水/100:1600/2 3枚
鬼ガエル/水/水/1000:500/2 3枚
氷結界の伝道師/水/水/1000:400/2 3枚
ジャンク・シンクロン/闇/戦士/1300:500/3/チューナー 2枚
城塞クジラ/水/魚/2350:2150/7 2枚
フィッシュボーグ-アーチャー/水/魚/300:300/3/チューナー
魔法カード 19枚
テラ・フォーミング/通常魔法 3枚
氷結界の紋章/通常魔法 3枚
忘却の都 レミューリア/フィールド魔法 2枚
水神の護符/永続魔法 2枚
サルベージ/通常魔法 2枚
調律/通常魔法 2枚
ハーピィの羽根帚/通常魔法(制限)
幻煌の都 パシフィス/フィールド魔法
おろかな埋葬/通常魔法(制限)
死者蘇生/通常魔法(制限)
チキンレース/フィールド魔法
罠カード 7枚
リビングデッドの呼び声/永続罠 3枚
潜海奇襲/永続罠 3枚
貪欲な瓶/通常罠

エクストラデッキ 15枚
水晶機巧-グリオンガンド/水/機械/3000:3000/9/シンクロ
PSYフレームロード・Ω/光/サイキック/2800:2200/8/シンクロ(制限)
白闘気白鯨/水/魚/2800:2000/8/シンクロ
No.37 希望織竜スパイダー・シャーク/水/海竜/2600:2100/4/エクシーズ
水晶機巧-アメトリクス/水/機械/2500:1500/5/シンクロ 2枚
氷結界の龍 グングニール/水/ドラゴン/2500:1700/7/シンクロ
瑚之龍/水/ドラゴン/2400:500/6/シンクロ/チューナー
白闘気海豚/水/魚/2400:1000/6/シンクロ
氷結界の龍 ブリューナク/水/海竜/2300:1400/6/シンクロ(準制限) 2枚
餅カエル/水/水/2200:0/2/エクシーズ(制限)
No.47 ナイトメア・シャーク/水/海竜/2000:2000/3/エクシーズ
氷結界の虎王ドゥローレン/水/獣/2000:1400/6/シンクロ(制限)
キャット・シャーク/水/獣/500:500/2/エクシーズ

~デッキ解説~
今回は「潜海奇襲」をメインに使うため、様々な水属性とのシナジーを考えて構築してみた。
潜海奇襲」をメインに使う以上、それをデッキからセットすることが出来る「城塞クジラ」は確定採用。そもそもこのカード自体もレベル5以上の水属性であるので「潜海奇襲」の効果の恩恵を受けることが出来る。
潜海奇襲」は「」が無ければ効果が適用できないので、このデッキでは「」として扱うカードとして「忘却の都 レミューリア」「幻煌の都 パシフィス」が採用されている。前者は攻守アップ効果に加えレベル調整によるシンクロ召喚やエクシーズ召喚の補助、後者は基本的に相手ターンにはなるが攻守2000レベル8の水属性のトークンを出現させる効果があるので「潜海奇襲」と相性がいい。
潜海奇襲」がフィールドにある限り、元々のレベルが5以上の水属性モンスターは基本的に戦闘では無敵になれる。ここで注意するべきが戦闘以外の除去に対する対策である。
このデッキではメインデッキ・エクストラデッキのモンスターはほぼ水属性で固めてあるので、「水神の護符」によって相手のカードの効果による破壊を防ぐことが出来る。さらに「城塞クジラ」は1ターンに1度、自分フィールドの水属性モンスター1体のみを対象にする魔法・罠・モンスターの効果の発動を無効にして破壊する強力な効果を持っているので「潜海奇襲」と合わせれば戦闘・効果に対してかなりの防御力を誇るだろう。
何?「水神の護符」は発動してから3回目のエンドフェイズに墓地に送られるから盤石じゃないだと?問題ない。このデッキにはそのための対策としてエクストラデッキに「氷結界の虎王ドゥローレン」が採用されている。その効果によって「水神の護符」を手札に戻して使いまわせば実質永続的に自分の場の水属性を守り続けることが出来る。ついでに「氷結界の虎王ドゥローレン」の攻撃力も上げることが出来るので攻めにも使えるぞ。
氷結界の虎王ドゥローレン」自体は、このデッキに採用されてる「ジャンク・シンクロン」でレベル2の水属性非チューナーを釣り上げれば「忘却の都 レミューリア」で水属性非チューナーのレベルを1つ上げれば意外と簡単にシンクロ召喚が可能。
また、自分の表側カードを戻す関係上フィールド魔法の張り替えもアドバンテージの損失を抑えながらできる。このデッキにはフィールド魔法カードサーチの「テラ・フォーミング」などとサーチ先のフィールド魔法が被ってしまった際、事故回避のために「チキンレース」が採用されているが、すでにフィールド魔法を発動している状況で「チキンレース」を引くと事故札になってしまう。しかし、「氷結界の虎王ドゥローレン」の効果で一度フィールドの「」扱いのカードをバウンスしてから「チキンレース」を発動、効果でドローをしてから改めて「」扱いのカードを発動という流れも可能な他、自分のターンには展開のためのレベル変動効果を使用する「忘却の都 レミューリア」を発動し、相手ターンには高打点高レベルトークンを出現させる「幻煌の都 パシフィス」を発動しておくというコンボも可能だ。
上記のコンボ全てがフィールド魔法・永続魔法・永続罠に依存する以上、魔法・罠除去に注意しなければならないところなのだが、「潜海奇襲」自体がフリーチェーンで自分の表側の魔法罠全てに破壊耐性を付与できる関係上、魔法罠除去は脅威ではなくコンボの持続性の高さがわかるだろう。
また、「潜海奇襲」の水属性モンスターを一時的に除外する効果も有用でエクストラデッキから特殊召喚されたエクストラモンスターゾーンの水属性モンスターを除外し、エンドフェイズにメインモンスターゾーンに移動させるという芸当が可能。ゆえにこのデッキのエクストラデッキのモンスターのほとんどは水属性になっている。
一時的に除外してしまう関係上、エクシーズモンスターはエクシーズ素材がなくなってしまい役立たずになる可能性が高いが、その場合は「城塞クジラ」の特殊召喚のためのコストなどに使うと無駄がないだろう。
また、「リビングデッドの呼び声」で蘇生したモンスターを一時的に除外すれば「リビングデッドの呼び声」との関係が切れて完全蘇生となる。フィールドに無駄に残った「リビングデッドの呼び声」は前述の「氷結界の虎王ドゥローレン」で手札に戻して使いまわせば無駄がない。
注意するべきは「潜海奇襲」で破壊することが出来ないモンスターも昨今の環境ではしばしば登場する。そんなときは「氷結界の虎王ドゥローレン」の効果で攻撃力で上回って上から殴るという脳筋な方法か、「氷結界の龍 ブリューナク」の効果でバウンスしてやろう。
ちなみに「氷結界」のシンクロモンスターたちに関して言えば、「氷結界の御庭番」の効果でモンスター効果対象耐性も付けることが出来るので覚えておこう。
破壊ではなく除外などの除去をされた場合は「PSYフレームロード・Ω」をシンクロ召喚し、除外ゾーンから墓地に戻してから蘇生、などの手段をとるといいだろう。
いかがだっただろうか?今回はなかなかに強力なデッキになったのではないかと思う。このデッキに相性のいいカードはまだまだたくさんあるので各自調整を勧める。個人的には「海竜神の怒り」や「ビッグバン・シュート」などを採用してみても除去として有用なのではないかと思う。
皆もこのデッキを使って、梶木の必殺戦術「潜海奇襲」を使いこなしてみよう。

さて、今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:効果のトリガーやギミックに「3」が深く関係するカード
現在放送中のアニメ「遊戯王VRAINS」の主人公、藤木遊作は特殊な言い回しとして「一つ、二つ、三つ」という言い回しが癖になっているようだ。どうやらハノイの騎士のボス「リボルバー」もそのような言い回しを使っており、遊作が使うカードやデュエルにも「3」という数字がキーワードになっていることが見受けられる。(スピードデュエルのメインモンスターゾーンが3つ、など)
今後の展開上、「3」という数字がキーワードになるのであれば、それに関係するカードが強化されたりするかもしれない。
というわけで今回はこのような若干特殊なお題を出させてもらった。強化される可能性のあるカードを深く知っておけば、今後の闇ゲのゲームにおけるタクティクスの幅も広がるというものだ。諸君らの考える「3」を連想させるカードを教えてくれ。
大変申し訳ないが、来週は私の都合で休載とさせていただく。ゆえにこのお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
それではまた会おう。IN TO THE VRAINS!!
私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第93回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
ついにアニメ「遊戯王VRAINS」が放送開始したな。なかなか最初から伏線や設定てんこ盛りなストーリーになっているが、主人公の藤木遊作はどーやら遊星っぽい感じの性格なので今後の展開が楽しみだな。特に3つの点に関する言い回しは今後流行るかもしれないな。
前回の「お題」は「「コレクターズパック 2017」の注目カード」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
No.29 マネキンキャット
51eynv8dUkL.jpg
ランク2 光属性獣族のエクシーズモンスター。相手の墓地のモンスターを相手フィールドに特殊召喚する効果と、相手の場にモンスターが特殊召喚された場合に、相手の場の表側モンスターと同じ属性か種族のモンスター1体を自分の手札・デッキ・墓地から特殊召喚する効果をもつ。地味に初のレベル2モンスター×2の縛りをもったナンバーズだったりする。最初の効果こそ相手に塩を送る効果だが、2つ目の効果は条件さえ合えばレベルを問わずに特殊召喚ができるという強力な効果だな。ターンの終了時までだが、上手く使えば神を呼べる。アイデア提供者は「玄」さんだな。感謝する。「玄」さん曰く、「種族属性はどちらかだけ満たせばよく手札や墓地だけでなくデッキからも出せるところに色々可能性を感じました。何よりも最大のアピールポイントは可愛い 」とのこと。
確かにノーマルレアである事やこのイラストの可愛さも相まって「コレクターズパック 2017」のトップレアといっても過言ではないだろう。何?アーミタイルが当たった?素晴らしく運がないな君は。
それではそんな可愛く可能性のある「No.29 マネキンキャット」を使ったデッキレシピを見ていこう。
<「No.29 マネキンキャット」を使ったデッキレシピ>マネキン メイン
メインデッキ 41枚
モンスター 17枚
レッド・リゾネーター/炎/悪魔/600:200/2/チューナー 3枚
魔知ガエル/水/水/100:2000/2 3枚
鬼ガエル/水/水/1000:500/2 3枚
粋カエル/水/水/100:2000/2 2枚
増殖するG/地/昆虫/500:200/2 2枚
引きガエル/水/水/100:100/2 2枚
地縛神 Chacu Challhua/闇/魚/2900:2400/10
カードガード/闇/悪魔/1600:500/4
魔法カード 14枚
テラ・フォーミング/通常魔法 3枚
ブラック・ガーデン/フィールド魔法 3枚
コール・リゾネーター/通常魔法 3枚
カイザーコロシアム/永続魔法 2枚
ソウル・チャージ/通常魔法(制限)
チキンレース/フィールド魔法
ハーピィの羽根帚/通常魔法(制限)
罠カード 10枚
DNA移植手術/永続罠 2枚
ディメンション・ガーディアン/永続罠 2枚
迷い風/通常罠 2枚
戦線復帰/通常罠
大革命返し/カウンター罠
貪欲な瓶/通常罠
エクシーズ・リボーン/通常罠

エクストラデッキ 11枚
No.29 マネキンキャット/光/獣/2000:900/2/エクシーズ 3枚
デコード・トーカー/闇/サイバース/2300/リンク3
プロキシー・ドラゴン/光/サイバース/1400/リンク2
古神ハストール/風/爬虫類/2300:1000/4/シンクロ
No.45 滅亡の予言者 クランブル・ロゴス/地/アンデット/2200:0/2/エクシーズ
餅カエル/水/水/2200:0/2/エクシーズ(制限)
神騎セイントレア/光/獣戦士/2000:0/2/エクシーズ
アーマー・カッパー/水/サイキック/400:1000/2/エクシーズ
キャット・シャーク/水/獣/500:500/2/エクシーズ

~デッキ解説~
今回は「No.29 マネキンキャット」の②の効果に着目し、デッキから大型モンスターである「地縛神」を出せるように構築してみた。
まず、「No.29 マネキンキャット」自体を出す方法として、このデッキではレベル2のモンスターの展開に長けた「ガエル」ギミックを出張させている。しかし、このデッキのギミックとして初動で「No.29 マネキンキャット」を立てられなければあまり意味がない。「ガエル」ギミックにおいて初動でランク2のエクシーズモンスターを作るためには「鬼ガエル」が必須であるが、デッキに3枚では初手に引けるか怪しい。ゆえにこのデッキではさらに初動でランク2のエクシーズモンスターを立て易くするために、「レッド・リゾネーター」を採用している。「レッド・リゾネーター」は召喚成功時に手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚できる効果を持つので、前述のガエル達と合わせてランク2が作りやすくなるだろう。
レッド・リゾネーター」は「コール・リゾネーター」でサーチが利くので、実質的な初動ランク2を立てるための起動カードは9枚体制となるので、初手で引ける確率は高い。
次に、「No.29 マネキンキャット」を出した後、どのように地縛神を呼び出すかだが、「No.29 マネキンキャット」の効果は相手フィールドにモンスターが特殊召喚されればいいので「ブラック・ガーデン」のローズトークンを特殊召喚する効果を利用する。ローズトークンは闇属性であるので手札・デッキ・墓地から闇属性の地縛神を特殊召喚できるのだ。このデッキで採用している地縛神は「地縛神 Chacu Challhua」なのだが、このカードは守備表示でフィールドに存在すると相手はバトルフェイズを行えなくなる効果がある。これにより「ブラック・ガーデン」で攻撃力の下がってしまった「No.29 マネキンキャット」を守ることが出来るのだ。また、「地縛神 Chacu Challhua」は1ターンに1度、発動ターンの攻撃権を放棄する代わりに相手にこのカードの守備力の半分のダメージを与えることが出来る。これで毎ターン着実にダメージを与えていこう。
何?相手にトークンを与えていたらリンクやシンクロで布陣を突破されてしまうのではないか?だと?問題ない。このデッキにはその対策として「カイザーコロシアム」を搭載している。このカードは相手プレイヤーが自分のモンスターの数を超えることが出来なくなるという永続魔法なのだが、「ブラック・ガーデン」で出現するトークンは必ず自分の場のモンスターと同じ数になるので、相手は送り付けたトークン以上のモンスターを展開できなくなる。
これにより、少なくともシンクロ召喚に関しては上級のチューナーでもアドバンス召喚してこない限り展開できないのは理解して頂けただろう。リンク召喚に関して言えば、このフィールド2体のトークンを素材にリンク召喚しても現状守備表示の「地縛神 Chacu Challhua」を突破できるモンスターは居ないので問題ない。その後に追加でモンスターを展開され、強力な除去効果を持つリンクモンスターを出された場合には「迷い風」で対抗しくれ。
魔法罠カードなどによるモンスター除去に対しては「ディメンション・ガーディアン」を使用して破壊耐性を付与しよう。ただし「ディメンション・ガーディアン」は発動時には対象モンスターが攻撃表示でいなければならないので注意が必要だ。使い辛いと感じたら使い切りにはなるが「幻影剣」や「幻影翼」などに変えてもいいだろう。
上記の布陣を整えた後で最も注意しなければならないのは魔法罠カードの効果による魔法罠破壊。特に「ブラック・ガーデン」を破壊されると「地縛神 Chacu Challhua」が自壊してしまい、攻撃力が半分になった「No.29 マネキンキャット」のみが残るという非常にまずい状況になってしまう。その対策として先述の「No.29 マネキンキャット」の②の効果と「ブラック・ガーデン」のトークン生成効果を利用したコンボで闇属性である「カードガード」を特殊召喚し、その効果で「ブラック・ガーデン」にガードカウンターを乗せて破壊耐性をあらかじめ付与しておくのもいいだろう。
ハーピィの羽根帚」や「ツイン・ツイスター」のような複数枚破壊効果にたいしては「大革命返し」を使うといいだろう。「ブラック・ホール」のようなモンスター全体除去に対しても使えるのがミソだな。
このデッキは意外にもガエルギミックと「ブラック・ガーデン」のトークンも合わせて展開力もそこそこあるので「プロキシー・ドラゴン」や「デコード・トーカー」などのリンクモンスターを出すこともできる。前者は破壊効果に対して、後者は対象をとる効果に対してそれぞれ守る効果を持つので、状況に合わせて使いわければさらに防御力が増す。
特に「デコード・トーカー」は闇属性であるので「No.29 マネキンキャット」の効果を使った上記のコンボで蘇生が利くのもポイントだ。
いかがだっただろうか?ややコンボ色が強いデッキになったが、なかなかに面白いデッキになったと思う。
このデッキを作ろうという方が居たら、まだまだ相性の良いカードは沢山あるので各自調整を勧める。個人的には「DNA改造手術」や「DNA移植手術」を増やして神属性幻神獣族を特殊召喚するスタイルに変更しても面白いだろうと思う。
諸君も可愛い「No.29 マネキンキャット」を使って、デュエルに驚きと未知のコンボを展開してみてはいかがだろうか?

さて、今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:「DUELIST PACK -レジェンドデュエリスト編-」の注目カード
いつものごとく次回も2週間後になってしまうので、その時には既に発売されているであろう「DUELIST PACK -レジェンドデュエリスト編-」のカードを今回のお題にさせてもらったぞ。このパックでは様々なカードのリメイクや新規カードが登場しているので、新たなコンボやエンターティィィ↑メントな展開を披露することが出来るだろう。諸君の注目したおススメのカード、面白いカードを教えてくれ。闇ゲデュエリストたるもの、常に新しいカードに目を向けていかなければならないのだ!
大変申し訳ないが、来週は私の都合で休載とさせていただく。ゆえにこのお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
さぁ、お楽しみはこれからだ!
私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第92回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
先日放送されたかお☆すた放送局でのGW生放送は見て頂けただろうか?コケが生えていた生放送にも関わらず沢山の来場者が来てくれていた。諸君には感謝する。生放送内でも言及されたが、カオス闇ゲの動画のEDで歌うオリジナル替え歌を募集するコーナーを近々設立する予定だ。歌ってほしい自作の替え歌が多すぎて、それまでにどーしても待てないという方が居た場合はこのコーナーに管理者のみ閲覧で先行投稿してくれても構わないぞ。
前回の「お題」は「サイバース族のモンスター」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
トポロジック・ボマー・ドラゴン
20170415003918.png
リンク4 闇属性サイバース族のリンクモンスター。リンクマーカーは上 右下 下 左下 だな。リンクモンスターのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合にメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する強力な効果と、モンスターに攻撃したダメージステップ終了時に相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを与える効果をもつ。
本日放送開始予定の遊戯王VRAINSでは主人公藤木遊作のライバル?ポジションとしてハノイの騎士率いるリボルバーの使用するカードだな。いかにも敵らしい、豪快な効果を持ったモンスターだと言えるだろう。
アイデア提供者は「こーすー」さんだな。感謝する。「こーすー」さん曰く、「展開するためのリンクマーカー先を除去に利用する異色さに目を引きました。 ところでドラゴンなのにサイバース族とはこれいかに 」とのこと。ちなみに「ドラゴン」と名の付くサイバース族はこれ以外にもすでに2種類もいるのでもう気にしないほうがいいと思われる。遊戯王ではよくあることだ。
それではそんな異色の効果を持ったモンスター、「トポロジック・ボマー・ドラゴン」を使ったデッキレシピを見ていこう。
<「トポロジック・ボマー・ドラゴン」を使ったデッキレシピ>
トポロGック
メインデッキ 40枚
モンスター 21枚
共振虫/地/昆虫/1000:700/4 3枚
飛翔するG/地/昆虫/700:700/3 3枚
応戦するG/地/昆虫/1400:1400/4 3枚
スケープ・ゴースト/闇/アンデット/0:0/1/リバース/チューナー 3枚
対峙するG/地/昆虫/1100:2500/5 2枚
粘糸壊獣クモグス/地/昆虫/2400:2500/7 2枚
プリミティブ・バタフライ/風/昆虫/1200:900/5 2枚
増殖するG/地/昆虫/500:200/2 2枚
怪粉壊獣ガダーラ/風/昆虫/2700:1600/8
魔法カード 14枚
禁じられた聖槍/速攻魔法 3枚
大樹海/永続魔法 3枚
スケープ・ゴート/速攻魔法 3枚
強制転移/通常魔法 2枚
ハーピィの羽根帚/通常魔法(制限)
妨げられた壊獣の眠り/通常魔法(制限)
貪欲な壺/通常魔法(制限)
罠カード 5枚
闇の幻影/カウンター罠 2枚
貪欲な瓶/通常罠 2枚
ディメンション・ガーディアン/永続罠

エクストラデッキ 15枚
トポロジック・ボマー・ドラゴン/闇/サイバース/3000/リンク4 3枚
リンク・スパイダー/地/サイバース/1000/リンク1 3枚
ミセス・レディエント /地/獣/1400/リンク2 3枚
プロキシー・ドラゴン/光/サイバース/1400/リンク2 3枚
魔王龍 ベエルゼ/闇/ドラゴン/3000:3000/8/シンクロ
甲化鎧骨格/光/機械/2500:1600/6/シンクロ
地底のアラクネー/地/昆虫/2400:1200/6/シンクロ

~デッキ解説~
今回のデッキは「トポロジック・ボマー・ドラゴン」の①の効果に着目した構築にさせてもらった。「トポロジック・ボマー・ドラゴン」の①の効果はメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊するという強力なものだが、発動ターンは「トポロジック・ボマー・ドラゴン」以外のモンスターが攻撃できなくなってしまうデメリットを持つ。
ゆえに相手ターンで発動するのがもっとも理想的だが、「トポロジック・ボマー・ドラゴン」がフィールドに存在するときにそうそう都合よく相手がリンクモンスターのリンク先にモンスターを特殊召喚するとは思えない。
ゆえに今回は相手ターンに特殊召喚するギミックに長けた「~するG」シリーズとのコンボを考えてみた。
そもそもまず「トポロジック・ボマー・ドラゴン」を出せなければ話にならないので、このデッキにおける「トポロジック・ボマー・ドラゴン」の出し方について説明する。
とはいっても内容自体はとてもシンプル。リンク召喚に精通している諸君らならばお馴染みの「スケープ・ゴート」「スケープ・ゴースト」を使用し、素材となる4体のトークンを揃えるのである。
何?「トポロジック・ボマー・ドラゴン」は効果モンスターでないと素材にできないからトークンは使えない?問題ない。そんなときのためにこのデッキのエクストラデッキの「トポロジック・ボマー・ドラゴン」以外のリンクモンスター達は踏み台として存在する。
4体のトークンがいる場合は1体を素材に「リンク・スパイダー」→そのリンク先に2体を素材に「プロキシー・ドラゴン」→そのリンク先に残り1体を素材に「リンク・スパイダー」とすればすべてのリンクモンスターを素材に「トポロジック・ボマー・ドラゴン」がリンク召喚可能。
また、「スケープ・ゴート」のトークンであれば地属性なので2体を素材に「ミセス・レディエント」→そのリンク先に2体を素材に「ミセス・レディエント」とすれば「ミセス・レディエント」2体で「トポロジック・ボマー・ドラゴン」がリンク召喚できる。
スケープ・ゴート」「スケープ・ゴースト」はそれぞれデッキに3積みなのでうまく駆使して「トポロジック・ボマー・ドラゴン」を呼び出してくれ。
次に肝心の「トポロジック・ボマー・ドラゴン」の①の効果を利用したコンボについてだ。
前述のとおりこのデッキには相手ターンに特殊召喚するギミックに長けた「~するG」シリーズが採用されている。これらのモンスターを相手の決められた特定行動に対して発動し、「トポロジック・ボマー・ドラゴン」のリンク先に特殊召喚すればメインモンスターゾーン全破壊効果が発動し、相手の展開をほぼほぼ阻害できる。
特に「飛翔するG」は「相手がモンスターを召喚・特殊召喚したとき」という非常に緩い発動条件で特殊召喚可能。相手フィールドに特殊召喚する効果なので、「トポロジック・ボマー・ドラゴン」の上のリンクマーカーの先の相手のメインモンスターゾーンに特殊召喚すれば「トポロジック・ボマー・ドラゴン」の効果を発動させることが出来る。
また、このギミックの恐ろしいところは「~するG」シリーズはすべて昆虫族なので「大樹海」による後続のケアが可能な点だ。前述の「飛翔するG」とコンボさせればデッキの「飛翔するG」が尽きるまで相手が召喚・特殊召喚するたびにメインモンスターゾーンを焼き尽くすことができるという恐ろしいコンボになる。
大樹海」は元々のコントロールが自分のモンスターが相手のモンスターゾーンで破壊された場合、サーチ効果を使用できるのは自分なので問題ない。
このコンボを使用する上で天敵となるのは「モンスターを破壊する」効果に耐性を持つモンスターだ。しかしこのデッキにはそのようなモンスターの対策として「壊獣」モンスターを採用している。相手の破壊耐性持ちのモンスターをリリースし「トポロジック・ボマー・ドラゴン」の上のリンクマーカーの先の相手のメインモンスターゾーンに「壊獣」を特殊召喚すれば「トポロジック・ボマー・ドラゴン」の効果を発動させ、安全に処理しつつほかのモンスターもついでに除去できる。ちなみにこのデッキに採用されている「壊獣」モンスターは昆虫族のみなので「大樹海」でサーチが利く。ゆえに後続の準備もしっかりとできるというおまけつきだ。
他にも変わったところとしては「トポロジック・ボマー・ドラゴン」で破壊できないエクストラモンスターゾーンのモンスターを「強制転移」で奪う、などのコンボも可能だ。「トポロジック・ボマー・ドラゴン」の効果でメインモンスターゾーンのモンスターは全滅しているはずなので相手は自分のエクストラモンスターゾーンのモンスターしか「強制転移」で選択できなくなるのもミソだな。
このデッキにおいて、以上のコンボを決めるために「トポロジック・ボマー・ドラゴン」のフィールドの維持が非常に重要になっているのは理解して頂けたと思う。このコンボの動きをしていた場合相手が「トポロジック・ボマー・ドラゴン」を除去しようと動くのは想像に難くない。
このデッキではそのような除去に対する対策として「禁じられた聖槍」「闇の幻影」「ディメンション・ガーディアン」が採用されている。
特に「禁じられた聖槍」はモンスターが除去された相手がモンスター効果による除去ではなく、魔法・罠による除去に切り替える可能性が非常に高いので役に立つはずだ。
変わったところでは「ディメンション・ガーディアン」は効果破壊耐性だけでなく、戦闘破壊耐性も付与できるので、「トポロジック・ボマー・ドラゴン」より攻撃力の高いモンスターがいた場合に自爆特攻をして②の効果で大ダメージを与える、という方法も可能なので覚えておこう。
いかがだっただろうか?なかなかにコンボ性の高いデッキになってしまったが、一度ハマるととても強力なデッキになったと思う。
諸君もこのデッキを使って、新たなる種族「サイバース族」を使いこなしてみてはいかがだろうか?

さて、今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う
お題:「コレクターズパック 2017」の注目カード
デュエリスト諸君ならばもちろん把握していると思うが、今週の13日には「コレクターズパック 2017」が発売される。今回も同様にこのパックに収録される新規カードについてのデッキ考察を行いたいと思う。諸君の注目したおススメのカード、面白いカードを教えてくれ。闇ゲデュエリストたるもの、常に新しいカードに目を向けていかなければならないのだ!
大変申し訳ないが、来週は私の都合で休載とさせていただく。ゆえにこのお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
この決め台詞も今日で最後かもしれないな。
さぁ、お楽しみはこれからだ!
私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第91回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
もうすぐGWだな。そういえば5月7日にはかおすた放送局で生放送が開催される予定だぞ。生放送には質問コーナーなどもあり、他の記事で質問の募集などもかけているから皆奮って参加してくれ。
前回の「お題」は「「CODE OF DUELIST」の注目カード」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
切れぎみ隊長
0-1492159767097.jpg
レベル1 地属性戦士族の効果モンスター。召喚に成功すると墓地からレベル4以下のモンスターを効果を無効にして守備表示で特殊召喚する効果をもったモンスターだな。イラストから察するに味方の不甲斐なさに我らが隊長がキレているのだろう。キレているにもかかわらず、その効果は味方を復活させるという優しい効果な辺り、隊長殿の人格の良さが伺えるな。怒っているのもその味方の兵の命の危険を考えてのことなのだろう。
アイデア提供者は「こーすー」さんだな。感謝する。「こーすー」さん曰く、「過去の隊長シリーズとはまた違った動き方ができそうで楽しみです。」とのこと。確かに他にはない効果のこのモンスターは闇のゲームに新たな風を巻き起こしてくれるに違いない。
それではそんな新たな我らが隊長の一面、「切れぎみ隊長」を使ったデッキレシピを見ていこう。
<「切れぎみ隊長」を使ったデッキレシピ>
切れぎみ隊長 レシピ
※画像は「切れぎみ隊長」の代わりに「切り込み隊長」となっています。またリンクモンスターは表示されていません
メインデッキ 40枚
モンスター 17枚
切れぎみ隊長/地/戦士/400:1200/1 3枚
マスマティシャン/地/魔法使い/1500:500/3 3枚
デブリ・ドラゴン/風/ドラゴン/1000:2000/4/チューナー 2枚
魔装戦士 ドラゴディウス/光/戦士/1500:1500/4/ペンデュラム2 2枚
クリッター/闇/悪魔/1000:600/3 2枚
ダンディライオン/地/植物/300:300/3(準制限) 2枚
虹彩の魔術師/闇/魔法使い/1500:1000/4/ペンデュラム8
EMトランプ・ウィッチ/闇/魔法使い/100:100/1/ペンデュラム4
伝説の騎士 ヘルモス/光/戦士/2800:1800/8/特殊召喚
魔法カード 23枚
スケープ・ゴート/速攻魔法 3枚
ヘルモスの爪/通常魔法 3枚
ワンチャン!?/通常魔法 3枚
戦士の生還/通常魔法 3枚
ツインツイスター/速攻魔法 2枚
召魔装着/フィールド魔法 2枚
テラ・フォーミング/通常魔法 
ハーピィの羽根帚/通常魔法(制限)
チキンレース/フィールド魔法
増援/通常魔法(制限)
龍の鏡/通常魔法
レジェンド・オブ・ハート/通常魔法
死者蘇生/通常魔法(制限)
罠カード 1枚
貪欲な瓶/通常罠

エクストラデッキ 15枚
波動竜騎士 ドラゴエクィテス/風/ドラゴン/3200:2000/10/融合
ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン/地/ドラゴン/3000:2000/8/融合
ブレイブアイズ・ペンデュラム・ドラゴン/闇/ドラゴン/3000:2000/8/融合
妖精竜 エンシェント/闇/ドラゴン/2100:3000/7/シンクロ
氷結界の龍 トリシューラ/水/ドラゴン/2700:2000/9/シンクロ(制限)
転生竜サンサーラ/闇/ドラゴン/100:2600/5/シンクロ
真紅眼の黒竜剣/闇/ドラゴン/2400:2000/7/融合
女神の聖弓-アルテミス/光/戦士/1500:1600/4/融合
ロケット・ヘルモス・キャノン/光/戦士/1500:1300/4/融合
タイムマジック・ハンマー/光/魔法使い/500:400/2/融合
デコード・トーカー/闇/サイバース/2300/リンク3
ミセス・レディエント/地/獣/1400/リンク2 2枚
電影の騎士ガイアセイバー/地/機械/2600/リンク3
プロキシー・ドラゴン/光/サイバース/1400/リンク2

~デッキ解説~
今回は「切れぎみ隊長」を活躍させつつ、リンク召喚も取り込んだデッキを構築させてもらった。
切れぎみ隊長」はレベル4以下のモンスターを釣り上げる効果を持つので汎用性に富み、様々な展開や召喚につなげることが出来る。
特に相性がいいのが地属性モンスターを特殊召喚した上での「ミセス・レディエント」のリンク召喚だ。リンク先が増えるだけでなく、「ミセス・レディエント」は墓地の地属性を回収する効果もあるので「切れぎみ隊長」と非常に相性がいい。
この場合釣り上げるのは「ダンディライオン」がおススメだ。効果でトークンが2体生成できるので「プロキシー・ドラゴン」などにつなげることが出来る。
デブリ・ドラゴン」などを釣り上げればレベル5のシンクロとして「転生竜サンサーラ」が出せる。「デブリ・ドラゴン」と「切れぎみ隊長」はお互いに釣り上げ効果に対応しているので覚えておこう。
デブリ・ドラゴン」と前述の「ダンディライオン」の愛称は言わずもがなだろう。
切れぎみ隊長」のサーチとしては「増援」「ワンチャン!?」「クリッター」などのほかに「魔装戦士 ドラゴディウス」が採用されている。「ワンチャン」の発動トリガーとしては基本的にこのデッキでは「ダンディライオン」の効果で出るトークンか「スケープ・ゴート」のトークンを利用するといいだろう。「スケープ・ゴート」は地属性なので前述の「ミセス・レディエント」の動きに無理なく絡めることが出来る。
切れぎみ隊長」で釣り上げるモンスターを落とす手段としては「マスマティシャン」や「召魔装着」がある。前者は地属性なのでシナジーがあり、後者は攻撃力の底上げとして便利だろう。
このデッキのネタギミックの一つとして「ヘルモスの爪」が採用されている。「切れぎみ隊長」で釣り上げられるモンスターの種族が戦士族・ドラゴン族・魔法使い族となっているので、なんと釣り上げたモンスターを素材に「切れぎみ隊長」がヘルモス融合装備で戦えるという意味☆不明なギミックである。
他にも変わったところで言えば「虹彩の魔術師」を釣り上げて「EMトランプ・ウィッチ」のP効果で「切れぎみ隊長」と融合すれば「ブレイブアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」にもなれる。「EMトランプ・ウィッチ」はレベル1モンスターであるので「ワンチャン!?」でサーチが可能だ。エンドフェイズのダメージは「チキンレース」を併用すれば0にできるかもしれない。
切れぎみ隊長」は釣り上げたモンスターの効果を無効にしてしまうが、「虹彩の魔術師」の「ペンデュラム・ドラゴンとして扱う」というのはモンスター効果ではないテキストなので「切れぎみ隊長」の効果で無効にはならず、融合素材として使用できるというのがミソだ。
他にも融合召喚としては「スケープ・ゴート」のトークンと前述の「転生竜サンサーラ」で「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」の融合召喚が可能。「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」は地属性なので「ミセス・レディエント」で攻撃力が上昇する。
龍の鏡」の効果で出すこともできるので覚えておいてもいいだろう。ドラゴン族シンクロモンスターと「切れぎみ隊長」で融合すれば「波動竜騎士 ドラゴエクィテス」が出せる。我らが隊長が竜騎士に変身するわけだな。
最後にこのデッキの一番のネタギミックとしては「レジェンド・オブ・ハート」で自分の場の「切れぎみ隊長」をリリースして「伝説の騎士 ヘルモス」を特殊召喚できる。我らの隊長が伝説の騎士へ変身するという謎コンボである。
いかがだっただろうか?やや事故率が高そうだが、なかなかに面白いデッキになったのではないかと思う。
このデッキを作ろうという方がいたらもっと相性の良いカードは沢山あるので各自調整を勧める。個人的にはもっとチューナーを増やしてシンクロ召喚が狙いやすくするのも面白いかもしれない。
諸君もこのデッキを使って新カードの魅力に触れてみてはいかがだろうか?

さて、今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:サイバース族のモンスター
5月から放送開始の遊戯王ブレインズにて主人公藤木遊作の使用する新種族「サイバース族」。ネットやコンピュータ系のイメージから出てきた種族だがOCGにおいても新たな種族としてアニメに先んじて登場した。今回はこの新種族にスポットライトを当ててみようと思う。諸君のお勧めのサイバース族モンスターを教えてくれ。
大変申し訳ないが、来週は私の都合で休載とさせていただく。ゆえにこのお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
さぁ、お楽しみはこれからだ!

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»