プロフィール

シェフ

Author:シェフ
※カオスな仲間と闇のゲームをしてみた公式ブログです


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


リンク


シェフアイコン

諸君、久しぶりだな。 オフ会の記事以降は謎の歯車機械巨人とデュアル召喚できそうな大佐が更新していたが、今回は私が更新しよう。ほったらかしになっているこのブログを日々更新してくれている2人に感謝ッ!圧倒的感謝ッ!

さて、タイトルにも書いてあるが…ようやく本編動画が取れました!
いやー長かった… 前のデュエル動画をうpしてからといいものの既に1年以上経過してしまった訳ですが、撮影自体は投稿後もちょくちょく撮っていました。しかし現在デュエルできるメンバーは私も含めてほぼ社会人オベリスクとなっている為、良くても月1ペースで撮るのが精一杯。しかもいい動画が撮れない状況が続き、気が付けば一年以上経過してしまいました。

しかし撮れてしまえばこっちのもの。
1年間の空白の間に編集力をさらにランクアップさせ、カオス闇ゲが帰ってくる!

お相手はラピュタ王ことメイジさん。今まで年に2回くらいしか会わないレアな方でしたが、仕事の都合で大阪の地にやってきたことで結構な頻度で撮影していました。

では一年以上の空白から色々ランクアップした新要素を紹介しよう

①既存のカードのモンスター画像は基本的に使わない

今までカオス闇ゲの代名詞だったのが【カードが縦横無尽に動く編集方法】だった訳だが、最近ではイラストによっては正面を向いていたりと使いにくい素材もあったりと、動かすのにも限界を感じていました。

二十代とのコラボの時に思ったのが「自作イラスト素材の方が使いやすい!」ということで、今回から自作します。

現在開発中のものがこちら
製作中1

絵を見てなんか見たことあるとか思っている人もいるだろう。そう、某億単位のダメージを出せるゲーム風である。
自作の素材だと一定の角度で揃えることができるので編集がとてもしやすい。
しかし切り抜きだったのがいきなり自作をしてるのでそこらへんのノウハウが足りてないのが現実。
「二十代がカットびんぐしてみた」の投稿者である赤い人さんはこれを毎回作っているのですごいですね。

②画面構成が変わります
まあこれに関しては毎回の気分で変わってるし、同じやり方をほぼしてないのでいつものことですハイ。

前回はデュエルしている画面を奥に、モンスターとの戦闘などのやり取りを手前で行っていたのですが、ぶっちゃけ盤面が見えずらいという欠点がありました。しかもモンスターが並ぶとひどいことに(ペーパーマリオ風編集なのでどうやってもあの画面構図でしたが)
立体的に見せたいけど、手前に3D空間を作ってそこで戦わせるとどうやってもデュエルしてる動画を奥にしないといけないから、言ってしまえばデュエル画面なんてなくてもいい構図だった訳です。

ということで今回は盤面と編集の一体化を目指しました。
製作中1-2

ゲームのウィンドウをちょこっと改変してデュエル動画仕様に。
今までイラストを横視点で動かしていた動画は数あるだろうが、斜め上視点からモンスターを動かすなんて無茶をしようとした結果がこれだ。ソリッドビジョン風にしたかったんですよ!

そして盤面にもいろいろ配慮しており盤面だけ明るく縁がついており、それ以外は半透明にしてある。これは盤面に集中できるようにするためのもので、視線を誘導することで今見てほしいところをダイレクトに伝えることができるのです。…姑息な手を
このように今回は視点を重視した編集となっています。

③実写茶番
撮影が成功したらずっとやろうと思っていたのがこの実写茶番である。
なんだかんだで、コスプレやら変身アイテムを自作してしまったので茶番をしないともったいない。ということで本編編集が終わってもこいつを撮らなければ永遠にうpされないだろう…

これら以外にもいろいろ考えてあるので、それはうpされるまでのお楽しみ。
さて、いつかと言われるとモンスターの素材作りがどのくらい時間が掛かるのか未知数な為、ぶっちゃけ分かりません。
とりあえず年始くらいに上げれればいいかなと思ってます。
この斜め上視点の編集で、こういったことをして欲しいという意見がありましたら、動画に取り入れようと思いますので何かありましたらコメントでどうぞ。
シェフアイコン

諸君、久しぶりだな。去年は何もなかったが、今年は違う!
オフ会の開催が決定したぞ!

詳細はこちら
http://twipla.jp/events/209549
※今回は出欠の把握や連絡のしやすさも兼ねてTwiPla(ツイプラ)のみで参加メンバーを募集しているので、Twitterアカウントが必要です

毎回、何かしらのトーナメントを行ってきましたが、今回は完全フリーデュエルという形をとりたいと思います。
途中で何かしらのイベントが発生することもありますが、基本強制参加のイベントではありませんのでご安心を。


バガメカ更新

http://kaosuyamige.blog.fc2.com/blog-entry-324.html
バガメカが更新されました。

更新内容


素材を追加しました(19点)。
「保存」ボタンを押して出力された画像が、画面からはみ出した素材の配置を正確に捉えていない問題を修正しました。

試作品: 左手負いの名探偵ヴィジャムバーガー
leftvijamburger.png

バガメカ更新

http://kaosuyamige.blog.fc2.com/blog-entry-324.html
バガメカが更新されました。

更新内容


素材を追加しました(20点)。

試作品: ドルリバーガーΩ
doruriburger.png
twistral2.png
久しぶりだな、ツイストラルだ。

わけあって、バーガリアン世界の情報を私が伝えることになった。
長年バーガリアン世界で愛されている「ハングリーバーガー」だが、ここ最近動画の投稿頻度が低い新メニューに乏しいことはご存知だろう。
企画部の高齢化が進み、アイデアが出て来なくなったことが理由だそうだ。

そこで、「全世界のバーガー愛好家達に自分好みのバーガーをデザインしてもらい、その中から面白そうなものを品評し、今後の参考にする」という話が持ち上がった。
これを読んでいる君たちがすることは簡単だ。

1: 別記事の「BurgerMaker」を使い、自由な発想で新バーガーをデザインする。
2: 画面をキャプチャするか、BurgerMaker内の「保存」ボタンを使い、デザインした新バーガーを画像化する。
3: ハングリーバーガー企画部のメールアドレス宛(別記事または本記事下部を参照)に、新バーガーの画像を添付したメッセージを送信する。

発表してくれたデザインの中から、バーガリアン代表のシェフ(多忙時は他メンバー)が「おもしろい!」と思ったものが不定期ながら品評されるそうだ。
メールには、
●新バーガーの名前(つけないと品評会で勝手に命名されます)
●大体の大きさ(「直径15cm、高さ8cm」でも「デッキケースと同じくらい」などでもよい)
●アピールポイント
●ターゲット層(子供、女性、地下デュエリスト、異世界人など)
●原価または希望小売価格
などを添えておくと、品評しやすくなるだろう。
君たちの自由な発想と意欲に期待している。

また、動作確認が足りていないので、不具合の報告も受け付けている。
一部はブラウザの仕様により修正不可能だが、できるだけ改善に務める。

ハングリーバーガー企画部:
※デザインをいただければ良いので、アドレスを知られたくない方は、転送用アドレスや捨てアカウントなどから送信されても構いません。
※いただいた画像に対し、かおすた通信またはその運営者が著作権を主張することはありませんが、投稿者への告知なしにかおすた通信に掲載する場合がございます。ご同意いただけない方は投稿をお控えください。

試作品: スキエルバーガー
skielburger.png

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»