FC2ブログ

プロフィール

シェフ

Author:シェフ
※カオスな仲間と闇のゲームをしてみた公式ブログです


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


リンク


私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第108回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
新たな企画も始動し出してこのかお☆すた通信も賑やかになってきたな。今後も新しい企画を増やしていきたいと思うので諸君らの協力を願いたい。
話は変わるが2018年1月からの新リミットレギュレーションが発表されたな。諸君らのデッキにこれらは影響があったかな?個人的には他力本願鰻が禁止になったのだから神風を返してほしいと思うばかりである。あと長槍デッキで竜騎隊が増えた。

前回の「お題」は「「パワー」と名のついたカード」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
トライアングルパワー
g8806899.jpg
自分フィールドのトークン以外のレベル1通常モンスターの攻撃力・守備力を2000アップさせ、エンドフェイズに自分フィールドのレベル1通常モンスターを全て破壊するという豪快な通常魔法。イラストでは「ギゴバイト」がピラミッドのパワー的な何かを受けて漲ってる感じだな。背後にうっすらと「ギガ・ガガギゴ」が見えるが、「ギゴバイト」がこの効果を受けても「ギガ・ガガギゴ」の攻撃力に若干及ばない。
アイデア提供者は「巡音佳菜」さんだな。感謝する。「巡音佳菜」さん曰く、「エクシーズ召喚やリンク召喚の登場でデメリットを回避しやすくなった今こそ輝くカードだと思います。」とのこと。特に昨今のリンク召喚は非常に縛りが緩くかつ強力なものが多くなっており、このカードを生かした流れが非常に作りやすいといえるだろう。
それではそんな今こそ輝けるカード「トライアングルパワー」を使ったデッキレシピを見ていこう。
<「トライアングルパワー」を使ったデッキレシピ>
トライアングルパワー デッキ
メインデッキ 40枚
モンスター 12枚
弾圧される民/水/水/400:2000/1 3枚
魔知ガエル/水/水/100:2000/2 3枚
ウォーター・スピリット/水/水/400:1200/1/チューナー 3枚
鬼ガエル/水/水/1000:500/2 3枚
魔法カード 18枚
トライアングルパワー/通常魔法 3枚
トライワイトゾーン/通常魔法 3枚
湿地草原/フィールド魔法 3枚
水舞台/永続魔法 2枚
予想GUY/通常魔法 2枚
右手に盾を左手に剣を/通常魔法 2枚
テラ・フォーミング/通常魔法(制限)
ハーピィの羽根帚/通常魔法(制限)
弱肉一色/通常魔法
罠カード 10枚
同姓同名同盟/通常罠 3枚
メタバース/通常罠 2枚
スクラム・フォース/永続罠
スリーカード/通常罠
ダイヤモンド・ダスト/通常罠
バージェストマ・ディノミスクス/通常罠
貪欲な瓶/通常罠

エクストラデッキ 15枚
アカシック・マジシャン/闇/魔法使い/1700/リンク2
パワーコード・トーカー/炎/サイバース/2300/リンク3
リンクリボー/闇/サイバース/300/リンク1
セキュリティ・ドラゴン/光/サイバース/1100/リンク2
星杯戦士ニンギルス/地/戦士/2500/リンク3
マスター・ボーイ/水/水/1400/リンク2
水精鱗-サラキアビス /水/海竜/1600/リンク2
水晶機巧-ハリファイバー/水/機械/1500/リンク2
トラフィックゴースト /闇/サイバース/1800/リンク3
花札衛-雨四光-/闇/戦士/3000:3000/8/シンクロ
霞鳥クラウソラス/風/鳥獣/0:2300/3/シンクロ
餅カエル/水/水/2200:0/2/エクシーズ(制限)
森羅の姫芽宮/光/植物/1800:100/1/エクシーズ
天輪の双星道士/光/天使/100:800/2/シンクロ/チューナー
No.54 反骨の闘士ライオンハート/地/戦士/100:100/1/エクシーズ

~デッキ解説~
今回「トライアングルパワー」を使用するにあたり、打点を上げるレベル1通常モンスターを何にするか、と考えた上で採用したのが「湿地草原」で大幅に攻撃力を上げることが出来る水属性水族のモンスター達である。
水属性水族のレベル1通常モンスター達は現状全て攻撃力が400なので「湿地草原」で1200アップし攻撃力1600となる。ここに「トライアングルパワー」を追加すると3600となるのだが、この時点ではぶっちゃけ「海皇の長槍兵」を「伝説の都 アトランティス」でレベルを1にしても同じ打点である。むしろ「伝説の都 アトランティス」の方が「湿地草原」よりサーチが多い分使いやすいだろう。しかし、今回こちらに注目したのは水属性水族のレベル1通常モンスター達の守備力の高さである。
特に「弾圧される民」はレベル1にして守備力2000とそこそこの壁になり、単体運用がしやすい。かつ「トライアングルパワー」は「元々の」攻撃力と守備力をアップさせる効果なので「右手に盾を左手に剣を」とコンボさせ、上記のカードと合わせると2000+2000+1200=5200と破格の火力を叩き出すことが出来る。
右手に盾を左手に剣を」自体は水属性水族のサポートである「鬼ガエル」をサーチできる「魔知ガエル」とも相性がいい。
トライアングルパワー」はなんだかんだ言って通常魔法なので一部のサーチが無ければ引けるまで待つしかない。ゆえに「弾圧される民」の高守備力で耐えつつ一気に攻めるという戦術が理想だろう。「水舞台」は水属性モンスターが水属性モンスター以外とは戦闘では破壊されなくなる永続魔法。墓地に送られた際に水族モンスターを蘇生する効果もあるので魔法罠除去対策にもなる。
モンスター除去対策には「スクラム・フォース」がいいだろう。このデッキは「同姓同名同盟」「トライワイトゾーン」など一気に展開するカードが多いので守備モンスターを2体並べるのは難しくない。「スクラム・フォース」自体にも破壊されるときの身代わり効果もあるのでコンボデッキにありがちな手札で腐った魔法罠や前述の「水舞台」を代わりに破壊すれば無駄がない。
水舞台は相手が水属性デッキだった場合あまり意味をなさないので水属性メタカードである「ダイヤモンド・ダスト」を採用している。破壊したモンスター×500のダメージを与えられるので「トライアングルパワー」で相手を倒せなかった時の引導火力としても使用できるので覚えておこう。
次にエクストラデッキを見ていこう。「トライアングルパワー」の使用したエンドフェイズに自分フィールドのレベル1通常モンスターはすべて破壊されてしまうのでさっさとシンクロやエクシーズ、リンクの素材にしてしまうのがいいだろう。特にレベル1とも相性の良い「リンクリボー」はメイン2に出して相手ターンの攻撃の抑止にも使えるので便利だ。戦闘破壊耐性のある「No.54 反骨の闘士ライオンハート」を並べるのもいいだろう。
ウォーター・スピリット」はチューナーであるのでシンクロ召喚も狙うことが出来る。
弾圧される民」とシンクロして「天輪の双星道士」を呼び出し、墓地の「ガエル」モンスターを展開すれば強力なシンクロである「花札衛-雨四光-」なども呼び出すことが出来る。ちなみにこのルートは「水晶機巧-ハリファイバー」からも可能なので覚えておこう。
最後にこのデッキの「トライアングルパワー」とコンボして強い切り札「弱肉一色」についてだ。このカードは自分フィールドにレベル2以下の通常モンスターが5体存在するときに発動できる通常魔法で、フィールドのレベル2以下の通常モンスター以外のカードを全て破壊し、お互いに手札を全て捨てるという豪快なもの。「トライアングルパワー」で通常モンスターを強化してからこのカードを打てばほぼ確実にワンターンキルが成立するというかなりロマンなカードだ。
もし倒しきれなくてもメイン2にリンクなりシンクロなりエクシーズなりしておけば相手は手札1枚でそれらを対処しなければならないので苦戦を強いられることは間違いないぞ!
いかがだっただろうか?コンボ色が強いがなかなかに面白いデッキになったのではないかと思う。このデッキを作ろうという方が居たら、まだまだ相性の良いカードは沢山あるので各自調整を勧める。個人的には「下克上の首飾り」などを入れて更なる脳筋を目指してみるのも面白いのではないかと思う。
諸君もこのデッキを使って今こそ輝ける「パワー」を手に入れてみてはいかがだろうか?

さて、今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:今年一番印象に残ったカード
今年もあと半月と僅か。毎年恒例の一年の振り返りとして今回のお題とさせてもらった。
今年も様々なことがあり、色々印象に残ったカードも多いだろう。諸君の今年一番印象に残ったカードを教えてくれ。
このお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
それではまた会おう。IN TO THE VRAINS!!
スポンサーサイト
 

コメント

アマゾネスペット虎獅子が印象深いですね
主人公のエースでないのに25打点というのも然る事ながら命懸けでアマゾネスを守ろうとする効果に惹かれます

しょごりゅうもとい《ファイアウォール・ドラゴン》です。
OCG界に激震を走らせた新マスタールールとリンクモンスター導入は、やはり今年1番の出来事だったので。初のリンクモンスターの規制カード、といった意味でもこのカードを選びました。
制限カードになってしまった今こそ、このカードをより際立たせることができると思います。

《サイバース・ガジェット》ぉ・・・ですかねぇ
初のサイバース族モンスターであり10期ではなく9期に出たため4日間とは言え使用不可の処置が施されるという珍しい事例があるカードです

出落ち感がハンパなかったコズミック先輩です。最近はハリファイバー来て出せるようになったけど・・・。

《サブテラーの導師》
ですかね。
ぱっとしなかったサブテラーに颯爽と現れたサーチ役。
他モンスターを裏守備にする効果でコンボを組んだり、環境にも妖魔と並んだりと、リバーススキーな自分の中では印象的でした。

イラスト1位になったサイレント・マジシャン

……と言いたいですが、ここであえてモリンフェンを選ぶぜ★
まさかの3位で驚いたから

九尾の狐ですね
遂にOCG化した狐モンスター
原作で妖怪族だったためアンデット族になったから蘇生しやすいですしどこから破壊されてもトークン2体出せるのは自身の蘇生効果だけでなくリンク、シンクロにも使える便利なモンスター
見た瞬間デッキを組んでしまうレベルでお気に入りであり印象に残りました

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム |