プロフィール

シェフ

Author:シェフ
※カオスな仲間と闇のゲームをしてみた公式ブログです


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


リンク


私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第50回を開催する。
先週提示した応募に対し、君たちから沢山の投票があった。感謝する。
このコーナーも記念すべき50回目だ。思えば2014年の10月から今まで、よく続けられたものだなと私は思う。これはひとえに諸君の協力あってのものであり、それが無ければこの企画はすぐに頓挫していただろう。諸君の惜しまない協力と自由な発想に感謝したい。
そしてこれからもよろしく頼む。

今回は前回発表したように、各回の人気投票としての応募だったのだが・・・全投票が8票しかなかった・・・・
そして一人一人がそれぞれ別の回に投票しているので、ランキングを作ろうにも作れない!
ゆえに今回は投票のあった回を軽く発表していこうと思う。
それでは古い順から・・・
第4回!お題「マシンナーズ・ピースキーパーを装備したら絶対ダサくなる。と思う機械族」
「toNo」さん考案の「ペアサイクロイド」が紹介された回だな。この回はなかなかに印象に残る回だったな。わざわざシェフさんに合体画像まで作ってもらったのが印象に残る。また、カオス闇ゲにおけるペンデュラム召喚という謎のギミックを紹介した回でもあった。ちなみにここだけの話だが、シェフさんはこのレシピを気にいってこのレシピをベースにした全く新しいペンデュラム召喚を搭載したデッキを構築しているらしい。動画での登場が楽しみだな。
第7回!お題「カオス闇ゲ登場デュエリストに使ってほしい!と思ったカード」
「うに」さん考案の「マアト」が紹介された回だな。シェフさんにぜひ作ってほしいとの事だったので、この回のレシピ製作にはシェフさんにも協力して製作してもらっている。「D・スマホン」と「マアト」の織りなすコンボデッキで、デッキ名が【マアトホン】オヤジギャグである。
なぜか「シューティング・スター・ドラゴン」の連続攻撃も狙える、シェフさんのカオス度溢れるデッキだったと言えるだろう。
第8回!お題「こいつをエースとして使ってるの俺くらいだろ。っていうモンスター」
「toNo」さん考案の「カース・オブ・ドラゴン」が紹介された回だな。なぜかお題の割りにエースが被ってる応募があったのを良く覚えている。一応この回のレシピも融合、シンクロ、エクシーズ、ペンデュラムを使う事が出来るデッキになっていたな。
暗黒騎士ガイアテーマやらカース・オブ・ドラゴンのリメイクやらが来ているので、今構築したら大きく変わっているかもしれない。
レシピを作ってほしいとのことコメントもあったが、まぁまた機会があれば、と言う事で勘弁してほしい。
第14回part1!お題「昔作ろうと思って諦めたファンデッキのエースモンスター」
「デスペラード」さん考案の「創世神(ザ・クリエイター)」が紹介された回だな。第14回は3回に分けて紹介した回であり、これはその1回目だな。「ジェムナイト」との融合を狙いつつ、「創世神(ザ・クリエイター)」を場に出すというギミックを狙ったなかなかに面白いデッキに仕上がった。今度「巨竜の復活」のリメイクストラクが来るので、もしかしたらこのカードを強化するカードがあるかもしれないな。今後のカードプールに期待だ。
第26回!お題「合体ロボっぽいモンスター」
「竜神」さん考案の「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」が紹介された回だな。「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」の召喚を狙いつつ、高ランクエクシーズでさらなる合体イメージを重視したギミックのデッキだった。今なら「同胞の絆」などで磁石の戦士たちが簡単に揃えられるので、改めてデッキを組んでみるのも面白いかもしれない。自分なら趣味で「ロケット・ハンド」などを入れてみる。
第34回!お題「決め台詞と共に使いたいカード」
「ティーダ」さん考案の「火之迦具土(ヒノカグツチ)」が紹介された回だな。とにかく「火之迦具土(ヒノカグツチ)」の効果を上手く決めることに特化したデッキであったと言えるだろう。
コンセプトとしては殴った後に「お前(の手札)はもう、死んでいる」という決め台詞を言うのが目的なので、今なら「九十九スラッシュ」を入れて北斗○拳ごっこが出来るかもしれない。自分の場ががら空きになり易いスピリットの特徴から防御札として「波紋のバリア-ウェーブ・フォース-」を入れてもいいだろう。
第39回part1!お題「セキュリティが使いそうなカード」
「toNo」さん考案の「ローガーディアン」が紹介された回だな。セキュリティとしてのイメージを大切にするため、セキュリティ系悪魔族と儀式魔人たちのシナジーを考慮したデッキだった。今なら「儀式の下準備」によってすぐに儀式召喚を狙う事ができるので、「悪魔の嘆き」などを利用すれば儀式魔人をベースにした墓地肥しタイプを構築しても面白いかもしれないな。
第41回!お題「単体ではデメリットしかないカード」
「ユリポエ=久瀬佐祐」さん考案の「悪魔の偵察者」が紹介された回だな。相手の場に送りつけた「悪魔の偵察者」の効果で、自分のデッキトップに固定した「ジャックポット7」3枚を墓地に送って特殊勝利を狙うという意味☆不明のデッキだった。
今なら「裏風の精霊」などでこのギミックのサーチやサポートなどができるので、作ろうと思う方はワンチャン狙ってみても面白いのではないだろうか?
ちなみにかお☆すたお便り通信の2人がこっちに乱入してきたのもこの回だったな・・・。

さて、以上8つが今回の募集で投票のあった回である。それぞれが面白いギミックやネタを備えていると私は自負している。
これら以外にも面白いデッキはまだまだあるが、今回は割愛する。このようなデッキレシピをこれからも作っていけるように、諸君の協力と活躍に期待したい。
さて、今回はせっかくなので今まで投稿してくれた人々の中から、最も採用率が高かった人のランキングベスト3を発表してみたいと思う。
実質、このコーナーに最も貢献してくれている人と言っても過言ではない人々だろう。
第3位!「瀬尾椿」さん!採用数4回!
第2位!なんと同数2人!「オアチュリー・J・ムキュー」さん!そして「ばんてふ」さん!採用数5回!
そしてそして第1位!こちらもなんと同数2人!「こーすー」さん!そして「toNo」さんだぁ!!採用数6回!
ベスト3に入った方々に惜しみない拍手と感謝を。そしてこれからもこのコーナーに協力していただけると大変うれしい。
このコーナーが始まった最初期からいつも投稿していただいている古参?の人や、最近このコーナーを知った人も、これからも「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」を応援してくれ!
諸君の協力が!諸君の発想が!このかお☆すた通信を救い、カオス闇ゲに新たな風を巻き起こすのだ!
この調子でこのコーナーが第100回まで行くことを祈っている。もちろん、第100回でもこのようなことをする可能性が大いにあるので、もしかしたらさっきのベスト3に惜しくも入れなかった君にも!チャンスがあるかもしれないぞ!!

さて、名残惜しいが今回はここまで。今回も新年初である「お題」を提示したいと思う。
お題:アニメや原作とOCGでまったく効果が違うカード
弱体化にせよ強化にせよ、遊戯王というコンテンツにおいてアニメ、原作とは全く別のカードと言っても過言ではないほどの魔改造を施されてOCG化されるカードが存在する。特に弱体化された場合は目も当てられないカードになることがしばしばあり、そのようなカードが逆に闇のゲーム界では上手く活躍させると注目を浴びやすい。今回はそんなOCG化において大きく効果が変わることで闇ゲにおいてエンターティィィ↑メントを誘発させることが出来る可能性のあるカードをお題とさせてもらう。
大変申し訳ないが、私の諸事情により、来週は休載させてもらう。
ゆえにこのお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる。
さぁ、お楽しみはこれからだ!
スポンサーサイト
 

コメント

タイトルに則してないと思いますが、自分はEMトランプウィッチを挙げます。モンスターデザインコンテストの応募のハガキ欄では「EM」がついてなく、効果には「1000LPを払ってこのカードと同じ属性モンスターに対し全体攻撃」という微妙な効果でしたが、アニメ化では融合召喚効果が追加され、OCG化では全体効果が消された謎のカードです。

明けましておめでとうございます。(遅い)
今回は『ダーク・ネクロフィア』を挙げてみようと思います。

ご存知、闇バクラの切り札でレジェンドカードの1枚にも挙げられました。

その効果の変化はと言うと……、(以下wikiより引用)

召喚条件に関係なく蘇生可能。
(自分のターンで数えて)5ターン以内に攻撃表示で自分の墓地へ送られたモンスター3体をゲームから除外する事で特殊召喚できる。

このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から悪魔族モンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。

破壊され墓地に送られた場合、相手ターン開始時ごとに相手プレイヤーに気づかれずに相手モンスター1体に憑依する。
憑依されたモンスターの攻撃宣言時にその攻撃を無効化し、そのモンスターの攻撃力の半分のダメージを相手プレイヤーに与え、その数値分自分のライフを回復する。

(1):モンスターゾーンのこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動する。
墓地のこのカードを装備カード扱いとしてその相手のモンスターに装備する。
(2):このカードの効果でこのカードが装備されている場合、
装備モンスターのコントロールを得る。

フィールド上から墓地に送られる事で、《ウィジャ盤》の発動トリガーとなる。
このカードが墓地を離れることで、自分フィールド上の《ウィジャ盤》の効果は無効化される。

削除

OCGでは再現しにくい事もあって、明らかに効果が違うのが分かります。
それに今のカードプールではこのカードの効果そのものが発揮しづらい。
だからこそこのカードに闇のエンターティィィ↑メントを誘発させてあげたいです。
ちなみにカード名も本誌掲載時とコミックスでは名前が変わっています。

以前から楽しく読んでましたが、今回から企画に参加させていただこうかと思います。よろしくお願いいたします。

私が挙げるカードは「天よりの宝札」です。
原作だと、互いのプレイヤーは手札が6枚になるようにカードをドローする効果だったのに、OCGでは自分の手札もフィールドのカードも全部除外して上で、ドローできるのは2枚だけという効果でした。
遊戯王wikiでは「エクシーズ・ディメンション・スプラッシュ」を能動的に発動できるとのことなので、参考になれば幸いです。ではまた・・・。

新年1発目ですね。今年も面白いデッキをよろしくお願いします(笑)
全く関係ないですが最初に採用して頂いた《リバース・バスター》デッキは実際に組んで今でもエンジョイしています。

前置きはこの辺で、今回のお題は《ネオス・ワイズマン》を提案します。

効果に関してはネオスが蘇生出来なくなった以外特筆すべきところはないのですが…。何故かアニメでは融合モンスターだったのにも関わらずメインデッキに投入するモンスターになってしまったモンスター。一体何がOCG制作班をそうさせたのか個人的には未だ謎なカードです。

①面白コンボ(巨鼠巨大化)
②エンタメ(スプローズ)
③キング(ネコマネキング)
④3000(壁影)
⑤鳥獣族(Ⅳチュンチュン)
採用回数5回じゃないか(憤怒)

それはいいとして効果が違うカードとして挙げるのは《魔法除去細菌兵器》です。
相手の手札・デッキから魔法カードを根こそぎ奪い取る凶悪カードだったのに、場のモンスターと引き換えに相手がデッキから魔法カードを墓地へ送るという膨大なコストがかかるようになったうえ、最大破棄枚数も半分になってしまいました。
現在ではPモンスターや豊富な特殊召喚手段によって5枚破棄もさほど難しくないでしょう。

何故かシンクロになったライトエンド・ドラゴンを推したいです。
何故GXの漫画なのにシンクロになったのか

今年も(良いエンタメを)よろしくお願いしますm(_ _)m
書き換えられたカード……ずっと両腕か邪神が来てくれると信じてやまないオレイカルコスシュノロスを推します 原作はトンデモ効果だったため(9期に毒されたか最近は原作でも微妙に感じている)弱体化はしゃーないとは思うです……が、なぁにこれぇな効果(なぞの通常モンスター推し)に…ただ出しやすい高レベルだったり、闇の守備0、癖が強い変化する攻撃力、一応結界とはシナジーがある(なお発動と共に爆散)など変わったなりにも楽しいモンスターです

無謀な考えですが闇ゲならこいつとゴゴゴの両腕を繋いでくれると期待してたりします

Dライトンはどうでしょうか
ライフが0になった時に2分の1の確率で生き残る効果だったのに

《光の封殺剣》
原作だとマジックカードでしたので、トラップカードになって強化された感があるな……これがメインのデッキとなるとなかなかトリッキーな物が出来上がるではないでしょうか?

祝50回突破おめでとうございます!
どれも良くて選びきれないうちに期限が過ぎてました・・・申し訳ないです。

今回のお題カードは「女邪神ヌヴィア」です。DM4・7・8ではステータスはそのままで通常モンスターと、強力だった故にか見合わないくらいのデメリット持ちに・・・ここにヌヴィアのお墓を建てるウラ。

今年もよろしくお願いします。
新年1発目のお題に僕が上げるのは、【Sinトゥルースドラゴン】です。
F・G・D、究極竜騎士に続く元々の攻守が最高値のモンスターですが、原作(劇場版)と効果が随分と違うと感じました。
メリットデメリットを含め、原作では、

・Sinパラドクスドラゴンの破壊時に特殊召喚
・自分だけでなく他のSinモンスターが戦闘破壊しても全体破壊
・破壊される際に墓地のSinモンスター除外で無効にできる
・全体破壊した時に破壊したモンスターの数×800のバーンダメージ

とかなりのパワーカードでした。
OCG化して少しは出しやすくはなっていますが、効果、特に3番目の効果が削られたのは非常に惜しいと感じました。
劇場版では遊戯&十代&遊星という最強デュエリスト3人の戦ったパラドックスの切り札なので尚更だと思います。

もう五回も採用されていたのか・・・。一位を目指して今年もよろしくお願いします! というわけで、今回推薦するカードは――
《オレイカルコス・シュノロス》
アニメDMのラスボスであるダーツが使用したモンスターです。アニメでは専用トリガーのキュトラーが無効にしたダメージ分の20000という高攻撃力、アバターに匹敵する効果を持ちながら機皇帝のように独立した両腕パーツ、結界の前衛後衛効果によって遊戯たちを苦しめました。尚且つこのカードを打倒しても無敵の邪神ゲーを呼び寄せるトリガーとなっていました。
が、OCGにおいては相手モンスターの数×1000という人頼みの攻撃力、通常モンスターが戦闘で破壊された時という簡単そうで地味に面倒くさい召喚タイミング、レベル4限定で通常モンスターを効果破壊から守るというよくわからない性能を持たされてしまいました。
現在は黒庭、バニラペンデュラム、究極幻神などの組み合わせて面白そうなカードが増えてきつつあります。
地に堕ちたラスボスの威光を、かおすの力で取り戻させてあげてください。

お題

俺は【RR ライズ・ファルコン】を推します!
アニメ効果は特殊召喚モンスター全体だったのになー何でかなー

増殖

原作では皆大好きクリボーを無数に増殖させ、究極青眼の攻撃を無力化したり、はたまた千眼サクリファイスから切り札マジシャンオブブラックカオスを守ったアルティメットチートコンボカードだった、ルールがまだまだ知られていない当時真似した人も多かったろう

だがしかし、OCGでは無数のクリボーを生み出すことはモンスターゾーンが五枠しかないことからもわかるよう不可能であり、また破壊されても次から次へと増殖を繰り返す永続性も一回コッキリの即効魔法に成り下がった



同率だろうが一位は一位!やったぜ

オレイカルコス・シュノロスが印象的でしたね。
・・・何で通常モンスター強化に変わったんだろ?
それはそうと、最近は通常Pモンスターとかも増えて面白いカードになってきたんではないでしょうか。

バゼストマとかは通常モンスター扱いらしいので来日したら刺しとくと面白いかも。レベルは合いませんが。

パッと思いついたのは《ビッグ・ジョーズ》ですね
アニメでは「通常魔法を発動したターンこのカードは手札から特殊召喚できる」という効果だったのにもかかわらず同じパックで出た除外海産物と無理やり関連付けされた効果になり肝心な【除外海産物】でも採用されずかわいそうな立ち位置にいるモンスターだと思います

エアロ・シャークだな!
アニメでは手札×400という超強力カードだったのにOCGは自分の除外されてるモンスター×100という地味すぎる効果に
除外海産物の影響で意味☆不明のモンスターになってしまったカード
除外海産物、絶対に許さない!

鳳王獣ガイルーダ

1ドロー効果何故消した……

【ラーの翼神竜】

不死鳥が来た、球体が来た、強化された。
ただしコイツ単品では何ひとつ変わらない最上位神(
OCG化される時のワクワクと情報公開された時の絶望感・・・。
特殊召喚すら出来ない挙句根こそぎライフを削らねばまともにワイトすら倒せない神。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム |