プロフィール

シェフ

Author:シェフ
※カオスな仲間とカオスな闇のゲームをしてみた公式ブログです


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


リンク


私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第48回を開催する。
先週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
話は変わるが、そろそろクリスマスだな。あれだ。キリストの誕生日にして鳥と甘いものを食べる日だ。皆で焼き鳥とおはぎを食べよう。(遠い目)
前回の「お題」は「「D」と名のつくカード」だった。
そして先週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
D・D・M(ディファレント・ディメンション・マスター)
DDM 画像
レベル5 光属性魔法使い族の効果モンスター。手札の魔法カードを捨てることで除外されてるモンスターを特殊召喚するという装備魔法「D・D・R」に似た効果を内蔵したモンスター。レベル5だがステータスは低めというやや玄人向けなモンスターという印象が強いモンスターだな。
アイデア提供者は「オアチュリー・J・ムキュー 」さんだな。感謝する。「オアチュリー・J・ムキュー 」さん曰く、「シンクロ・エクシーズ・融合の足掛かりにも十分だと思います。DDDにも負けないぜ!!」とのこと。確かにこの展開向けのカードはエクシーズやシンクロなどのギミックと相性がいいと思われる。なぜDDDに対抗心を燃やしているかはわからないが。
それではそんな面白いコンボの期待できそうな「D・D・M」を使ったデッキを見ていこう。
<「D・D・M」を使ったデッキレシピ>
DDM レシピ
メインデッキ 40枚
モンスター 15枚
D・D・M/光/魔法使い/1700:1500/5 3枚
混沌の黒魔術師/闇/魔法使い/2800:2600/8 3枚
ガガガシスター/闇/魔法使い/200:800/2 3枚
見習い魔術師/闇/魔法使い/400:800/2 3枚
魔導書士 バテル/水/魔法使い/500:400/2 3枚
魔法カード 19枚
グリモの魔導書/通常魔法 3枚
セフェルの魔導書/通常魔法 3枚
ネクロの魔導書/装備魔法 3枚
ヒュグロの魔導書/通常魔法 2枚
ワンショット・ワンド/装備魔法 2枚
ディメンション・マジック/速攻魔法 2枚
封印の黄金櫃/通常魔法(準制限) 2枚
魔導書院ラメイソン/フィールド魔法
ハーピィの羽根帚/通常魔法(制限)
罠カード 6枚
ガガガシールド/通常罠 3枚
憑依解放/永続罠 3枚

~デッキ解説~
今回構築させてもらったのは「D・D・M」を主軸にした、「D・D・M」を場に維持して毎ターンの効果発動を狙うデッキである。
封印の黄金櫃」などで除外した「混沌の黒魔術師」を「D・D・M」で除外ゾーンから特殊召喚し、「混沌の黒魔術師」の効果で墓地から魔法カードを回収して効果発動のための手札コストを確保する。「混沌の黒魔術師」はフィールドを離れる場合ゲームから除外される効果があるので、例え相手に除去されたとしても「D・D・M」が居る限り何度でも復活するというコンボである。
まず、このデッキのメインモンスターである「D・D・M」の特殊召喚方法だが、守備力が1500の魔法使い族モンスターなので「憑依解放」のリクルート効果に対応している。
自分のモンスターが戦闘、効果で破壊されるだけでデッキから「D・D・M」を呼び出す事が出来る。
こうして場に出した「D・D・M」を「ガガガシスター」でサーチした「ガガガシールド」などで維持することができる。
混沌の黒魔術師」のビートダウンを安定させるためにこのデッキには各種「魔導書」サポートが投入されている。状況を見計らって使おう。特に攻撃力を上昇させつつ「魔導書」をサーチできる「ヒュグロの魔導書」は非常に相性がいい。やろうとおもえば「D・D・M」の攻撃力を2700まで上げてビートすることも出来なくもない。
手札に来て腐ってしまった「混沌の黒魔術師」は「ディメンション・マジック」などで相手モンスターを除去しながら特殊召喚できる。
ワンショット・ワンド」は攻撃力をあげながらのビートをアド損なく行う事が出来る。「混沌の黒魔術師」で回収してもいいだろう。
墓地に落ちてしまった「魔導書」カードは「魔導書院ラメイソン」で回収しつつドローに変えよう。
見習い魔術師」は戦闘によって破壊された場合、デッキからレベル2以下の魔法使い族モンスターを特殊召喚できる。この効果で「魔導書士 バテル」を裏守備でセットすれば、次のターンにリバース時の効果を狙う事が出来る。また、この戦闘破壊をトリガーに「憑依解放」を使えば無駄が無い。
ネクロの魔導書」は墓地の魔法使い族モンスターを除外しつつ墓地から魔法使い族モンスターを蘇生できる装備魔法。「D・D・M」の特殊召喚先を確保しつつモンスターを展開出来る。
いかがだっただろうか?このデッキでは何度でも「混沌の黒魔術師」が「D・D・M」の効果によって沸くという、まるで無限召喚術を「D・D・M」がとなえ続けて過労死させるデッキである。このデッキを組もうという方がいるなら、まだまだ相性のいいカードは沢山あるので各自調整をすすめる。ちなみにエクストラデッキは今回は省略させてもらった。作る必要性を感じなかったので。ゆえに「帝王」魔法罠シリーズや魔法使い族である「冥帝従騎エイドス」を採用してみるのも面白いかもしれない。

さて、短いが今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う
お題:今年一番印象に残ったカード
諸事情により、来週は私が投稿できないので今回が今年最後のお題となる。ゆえに今回は去年よろしく、今年一番印象に残ったカードをお題とさせてもらう。君たちの一年を振り返って、最も印象に残ったカードを教えて欲しい。
このお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
それでは良いお年を。
さぁ、お楽しみはこれからだ!
スポンサーサイト
 

コメント

《ラーの翼神竜》

今年にまさかの派生カード球体形と不死鳥が登場するという我々の想像の斜め上をいくKONAMIからのファンサービスを受け、神の威厳を(恐らく)取り戻した1枚。但し相変わらず自身に《死者蘇生》は出来ない模様(禁句)…

俺の中ではもちろん
悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン
です。今年から遊戯王を始めて、自分で初めて構築を考えたデッキの切り札であり、
友人からもらいうけた一枚でもあるので、迷わずこのカードを選びました。

俺はやっぱり グングニールの影霊衣 かなぁ 久しぶりの儀式モンスターでハングリーバーガーのように大暴れしてたしw                                                       

フィール版のレモンこと、琰魔竜レッドデーモン
アニメでのジャック再登場で新規の追加も含めていいと思う

«ラーの翼神竜»

なんだかんだいって強化されてるし好き

印象に残ったカードはシンクロウィングドラゴンです。7レベなので、霊使いの時にデブリを使って出たりと使いやすいカードでした。

「覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」を挙げます。
エクシーズモンスターでありペンデュラムモンスターでもあるという前代未聞分類に位置するこのカード最初見た時本当に度肝を抜かれました。
いまだに同じ分類のカードが他に存在しない事からもこのカードの特異性を物語っています。

色んな意味で強烈なインパクトを持ったカードと言えばやっぱり、『アルティマヤ・ツィオルキン』ですね。
5D'sの時からタクシータクシーと言われ続け、その後OCG化した時に、エクストラデッキから強力なシンクロドラゴン達を呼び出すという、まさにシンクロモンスターのタクシーともいえる効果は圧巻の一言です。
出しやすさに加えてかなり強力なモンスターですが、今まで『○○のモンスターでビートダウン』というコンセプトが多かったカオス闇ゲに期待し、いっその事攻撃力10000超えのツィオルキンによる、自分が戦えるタクシーデッキを見せてほしいです。

《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》ですね。
乙女は嬲られ、オベリスクを殺され、ミラーフォースドラゴンは貫かれ、シャドールを滅ぼされ、オネストを無視され、マシンナーズフォートレスは爆砕され、クソカードの印象しかありませんが、今年友人が使い始めてから、印象という意味では一番でした。

琰魔龍王 レッド・デーモン・カラミティ

漫画版5D's最終巻に登場した孤高なる絶対王者の決闘龍、登場シーンに自分のフィールがとてつもなく掻き立てられた
アニメも漫画も、ボス戦も素晴らしいがやはりライバルとの決闘がよりアツイ!(と感じる)そんな5D'sが私は大好きです

『同胞の絆』

もう効果を見ただけで色々悪さできるんじゃないかと感じた一枚。
この一枚だけで既存の一部テーマが更に強化されたのではないかな、と。
磁石の戦士を一気に並べたりも可能、ただ特殊召喚はターン中不可ですが。

BF使いだからABFのライキリ
ライキリ絡めたワンキルルートにブラックフェザードラゴン混ぜれる点含めて評価する(ベエルゼやスカーライトの方が強いのは内緒)

「召喚神エクゾディア」ですかね。
以前、敢えてエクゾで殴るデッキを見せていただいたので余計に

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム |