プロフィール

シェフ

Author:シェフ
※カオスな仲間と闇のゲームをしてみた公式ブログです


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


リンク


前回のあらすじ三行
・ホープ過労死
・ホープを使わない
・ソッカアアアアア

※いきなりデュエルが始まります!通常の一般車両は待避してください!

遊馬「俺のターン!ドロー!俺はモンスターををセット!ターンエンド!」

ベクター「俺のターン!ドロー!俺は『アンブラル・グール』を召喚!『アンブラル・グール』の効果発動!
このモンスターの攻撃力を0にすることで手札の攻撃力0のアンブラルモンスターを特殊召喚することができる!
来い!二体の『アンブラル・ウィルオ・ザ・ウィプス』!
そして『アンブラル・ウィルオ・ザ・ウィプス』の効果発動!このカードは特殊召喚したとき、レベルを自分のモンスター一体と同じにできる。よって、レベルは4となる!」


遊馬「レベル4のモンスターが三体…それって一体どういう事だよ!?」

アストラル「来るぞ!」

ベクター「俺はレベル4の『アンブラル・グール』と二体の『アンブラル・ウィルオ・ザ・ウィプス』でオーバーレイ!三体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築!エクシーズ召喚!出でよNo.104!その眩き聖なる光で愚かな虫けら共を跪かせよ!仮面魔踏士シャイニング!」

シャーク「何か雷が降ってきたぜ!」
カイト「何が起きているんだ?」

ベクター「俺は速攻魔法『サルガッソの灯台』を発動!サルガッソの効果ダメージが発生したとき、このカードを墓地に送ることでその効果を無効にし、更にこのカードが墓地にある限りサルガッソの効果は受けない!」

遊馬「あいつ何やってるんだ?」

アストラル「サルガッソとはなんだ?いつ発動した?」

ベクター「この空間には最初からフィールド魔法『異次元の古戦場ーサルガッソ』が発動していた!
このカードがフィールドにある限り、エクシーズ召喚を行うたびにそのプレイヤーは500ポイントのダメージを受ける!
更にモンスターエクシーズをコントロールしているプレイヤーはエンドフェイズに500ポイントのダメージを受ける!」
(俺から先にエクシーズ召喚したせいで自分の張った罠を説明しちまったぜ)


小鳥「それじゃあターンの終わりごとにダメージを受けるのは遊馬達だけ!?」
キャット「エクシーズ召喚した時もキャット!」

アストラル「遊馬、どうやら私達は罠にはめられたらしい」
遊馬「何だってぇ!?……それって一体どういうことだよ!?」
(よく分からねぇが許さねえぜベクター!)


ベクター「このサルガッソで苦しめぇ!苦しむがいい!へへへへへ!!ヒャハハハハハ!!
行けシャイニング!セットモンスターを攻撃!」


遊馬「俺のセットモンスターは『ゴゴゴゴーレム』!ゴゴゴゴーレムは1ターンに1度戦闘では破壊されない!」

ベクター「へっ、無駄な小細工を…俺はカードを1枚セットしてターンエンドだ。」
(ゴゴゴゴーレムの効果は永続効果だから無効にはできねえな。だが俺の伏せカードは『Vein―裏切りの嘲笑』。奴がホープレイVで攻撃してきたとき、その時がお前の最後だ)


アストラル「勝つぞ、遊馬」

遊馬「おう!俺のターンドロー!俺は魔法カード『ガガガ学園緊急連絡網』を発動!デッキから『ガガガ』モンスター1体を特殊召喚できる!俺が特殊召喚するモンスターは『ガガガマジシャン』!」

※原作版『ガガガ学園緊急連絡網』に発動条件・デメリット効果はありません。

ガガガマジシャン「ガガガ!」

遊馬「装備魔法『ワンダーワンド』を『ガガガマジシャン』に装備!このカードを装備したモンスターの攻撃力を500ポイントアップさせる!
更に『ワンダーワンド』の効果発動!装備モンスターとこのカードを墓地に送ることでカードを2枚ドローする!」
遊馬「俺は2枚目の『ガガガ学園緊急連絡網』を発動!俺は『ガガガガール』を特殊召喚!」


ガガガガール「ガガガ♪」

遊馬「俺は装備魔法『ガガガリベンジ』を発動!墓地に存在する『ガガガ』モンスター1体を特殊召喚してそいつに装備させる!『ガガガマジシャン』を特殊召喚して『ガガガリベンジ』を装備!」

ガガガマジシャン「ガガガ!(2回目)」

遊馬「『ガガガマジシャン』の効果発動!このモンスターのレベルを1から8の好きなレベルに変更することができる!俺は『ガガガマジシャン』のレベルを7にする!」
アストラル「更に、『ガガガガール』は『ガガガマジシャン』と同じレベルにすることができる!」

ガガガガール「先輩♪」

ベクター「レベル7のモンスターが2体…」

遊馬「まだエクシーズ召喚はしねぇ!相手フィールド上にモンスターエクシーズが存在するとき、そのモンスターの攻撃力を300ポイントダウンさせることで 『パクバグ』を特殊召喚!お前の『シャイニング』の攻撃力を300ポイントダウンさせる!」
遊馬「更に自分フィールド上にレベル3のモンスターがいるときこいつを特殊召喚することができる!こい『ミミミック』!」


ベクター「レベル3のモンスターが2体…」

遊馬「俺はレベル3の『パクバグ』と『ミミミック』でオーバーレイ!2体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築!エクシーズ召喚!No.17リバイス・ドラゴン!」

ベクター「だが『サルガッソ』の効果でお前は500ポイントのダメージを受ける!」

遊馬「それってどういうことだよおおおおお!!」

遊馬LP:3500

アストラル「ぐっ!何という衝撃だ…だが怯んではいられないぞ遊馬!」

遊馬「おう!俺はレベル7になった『ガガガマジシャン』と『ガガガガール』でオーバーレイ!2体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築!エクシーズ召喚!現れろNo.11!幻惑の瞳を持つ支配者 ビッグ・アイ!」

ベクター「『サルガッソ』の効果で更に500ポイントのダメージだ!」

遊馬「それって1体どういうry」
アストラル「遊馬、うるさいぞ」

遊馬LP:3000

遊馬「この瞬間『ガガガリベンジ』の効果発動!このカードで特殊召喚されたモンスターがエクシーズ素材になった時、自分フィールドのエクシーズモンスター全ての攻撃力は300ポイントアップする!これにより『リバイス・ドラゴン』は2300、『ビッグ・アイ』の攻撃力は2900になる!
更にリヴァイスドラゴンの効果発動!オーバーレイユニットを一つ使い、攻撃力を500ポイントアップする!」


アストラル「『ビッグ・アイ』の効果発動!オーバレイユニットを1つ使い、相手モンスター1体のコントロールを奪う!私はシャイニングのコントロールを奪う!テンプテーション・グランス!」

ベクター「何だと!?俺のオーバーハンドレッドナンバーズが…」

遊馬「俺のフィールドにレベル4のモンスターが存在するとき、『トラブル・ダイバー』は手札から特殊召喚することができる!」

ベクター「レベル4のモンスターが2体…」
(ついにくるか…)


遊馬「俺はレベル4の『ゴゴゴゴーレム』と『トラブル・ダイバー』でオーバーレイ!2体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築!エクシーズ召喚!来い、『ガガガガンマン』!」

ベクター「更に更にぃ~『サルガッソ』の効果で500ポイントのダメージだ!」
(何ッ!?ホープじゃないだと!?)


遊馬「それって1体ry」
アストラル「しつこいぞ遊馬!」

遊馬LP:2500

遊馬「俺は魔法カード『エクシーズ・トレジャー』を発動!フィールド上のモンスターエクシーズ1体につきカードを1枚ドローする!
フィールド上のモンスターエクシーズは4体…よってカードを4枚ドローする!」
遊馬「更に二枚目の『エクシーズ・トレジャー』を発動してカードを4枚ドロー!更に3枚目の『エクシーズ・トレジャー』を発動してカードを4枚ドロー!」
遊馬「俺は『エクシーズ・ギフト』を発動!フィールド上にモンスターエクシーズが存在するとき、カードを2枚ドローする!
更に2枚目の『エクシーズ・ギフト』で2枚ドロー!更に3枚目の『エクシーズ・ギフト』でカードを2枚ドロー!」


※原作ではオーバーレイユニットを墓地に送りません。

遊馬「俺は二枚目の『ワンダーワンド』を発動して『ビッグ・アイ』に装備!そして『ワンダーワンド』で2枚ドロー!更に『シャイニング』に『ワンダーワンド』を装備!そして『ワンダーワンド』の効果で2枚ドロー!」
遊馬「俺は『ガガガガンマン』の効果発動!守備表示のとき、オーバーレイユニットを1つ使い、相手プレイヤーに800ポイントのダメージを与える!」


ベクター「ぐおお!けっ、しけたダメージだぜ!」

ベクターLP:3200

遊馬「俺は3枚目の『ガガガ学園緊急連絡網』を発動!俺はデッキから『ガガガカイザー』を特殊召喚!『ガガガ』モンスターモンスターが存在するとき、 『ガガガクラーク』を特殊召喚!更に2体目の『ガガガクラーク』を特殊召喚!『ガガガカイザー』の効果発動!墓地のモンスター1体を除外することで自分フィールド上の『ガガガ』モンスター全てのレベルを除外したモンスターと同じにする!俺は『トラブル・ダイバー』を除外してレベルを4にする!」

ベクター「レベル4のモンスターが3体…」

遊馬「俺はレベル4の『ガガガカイザー』と『ガガガクラーク』2体でオーバーレイ!2体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築!エクシーズ召喚!現れろNo.16!色の支配者ショック・ルーラー!」

ベクター「更に更に更にぃ~『サルガッソ』の効果で500ポイントのダメージだ!」

遊馬「それってry」
Ⅲ「ウザいんだよ!目障りなんだよ!君のいちいちが!」

遊馬LP:2000

遊馬「『ショック・ルーラー』の効果発動!オーバーレイユニットを1つ使い、カードの種類は1つ宣言して相手はそのカードを2ターンの間発動できなくする!」

アストラル「遊馬、ここは私の勘でモンスター効果だ!」

遊馬「おう!俺が宣言するのはモンスター効果だ!」
遊馬「俺は2枚目の『ガガガリベンジ』を発動!俺が特殊召喚するのは『ガガガマジシャン』だ!」

ガガガマジシャン「ガガガ!(3回目)」

遊馬「『ガガガマジシャン』の効果発動!俺は『ガガガマジシャン』のレベルを6にする!」
遊馬「俺は永続魔法『ガガガ×ガガガ』を発動!自分フィールド上の『ガガガ』モンスター1体を選択してそのモンスターと同じ属性・種族・攻守をコピーして特殊召喚する!俺は『ガガガマジシャン』を選択!」


ガガガマジシャン「ガガガ!(4回目)」

ベクター「レベル6のモンスターが2体…」

遊馬「俺はレベル6となった『ガガガマジシャン』と『ガガガ×ガガガ』でオーバーレイ!2体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築!エクシーズ召喚!現れろ!No.6先史遺産アトランタル」

ベクター『更に更に更に更にぃ~『サルガッソ』の効果で500ポイントのダメージを受けろ!』

遊馬「それry」
シャーク「イラッとくるぜ!」

遊馬LP:1500

遊馬「『アトランタル』がエクシーズ召喚に成功したとき、自分の墓地に存在する『No.』モンスター1体をこのモンスターに装備してその攻撃力分アップする!俺は『ビッグ・アイ』を装備する!」
アストラル「そしてアトランタルの効果発動!オーバーレイユニットを一つ使い、相手のライフを半分にする!オリハルコン・ゲート!」

ベクター「ぐああああああああああああああ!!!」

ベクターLP:1600

遊馬「俺は2体目の『ガガガマジシャン』を召喚!」

ガガガマジシャン「ガガガ!(5回目)」

アストラル「更に魔法カード『破天荒な風』を3枚発動!『ガガガマジシャン』の攻撃力は相手のエンドフェイズまで3000ポイントアップする!」
遊馬「バトルだ!俺は『ガガガマジシャン』でダイレクトアタック!この瞬間速攻魔法『ストップ・ハンマー』を発動!モンスター1体の攻撃を無効にして攻撃力を500ポイントダウンさせる!俺はガガガマジシャンの攻撃を無効にする!」

ベクター「なぁにしてるんだお前は?」

遊馬「俺は速攻魔法『ダブルアップチャンス』を発動!モンスター1体の攻撃が無効になった時、そのモンスターの攻撃力を2倍にしてもう一度攻撃することができる!更にチェーンして『虚栄巨影』を2枚発動して攻撃力を2000ポイントアップする!」
遊馬「逆順処理により攻撃力がすっげえアップする!!」


アストラル「攻撃力は12000だ遊馬」

遊馬「ソッカアアアアア!!ガガガマジック!!(物理)」

ベクター「ぐああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

ベクターLP:-10400

遊馬「ついでに他のモンスターもダイレクトアタックだ!」

ベクター「ぐああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

ベクターLP:-19400

―デュエル終了―

ドルベ「姑息なワンキルを…」

END
スポンサーサイト
 

コメント

なんだこれは、たまげたなぁ

これは酷いw

ルーラーの原作効果えげつねぇwww

遊馬先生はホープを使おうが使わなかろうが殺意の塊ですねww

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム |