プロフィール

シェフ

Author:シェフ
※カオスな仲間とカオスな闇のゲームをしてみた公式ブログです


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


リンク


私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第8回を開催する。
先週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
お題の内容のわりに被ってるカードがいくつかあったのは驚いたぞ・・・「使ってるの俺ぐらい」じゃなかった様だな。残念。
前回の「お題」は「こいつをエースとして使ってるの俺くらいだろ。っていうモンスター」だった。
そして先週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードは、このカードだ!
カース・オブ・ドラゴン
かーすおぶ 画像
レベル5 闇属性 ドラゴン族の通常モンスター。遊戯王デュエルモンスターズの主人公、武籐遊戯が使っていたモンスターだな。アニメのOPでは遊戯さんが恰好よくこのドラゴンの背中に乗って海馬と戦っているシーンもあった、古いながらもなかなか優遇されている(?)モンスターだ。「暗黒騎士ガイア」と融合することによって「竜騎士ガイア」になることでも有名だが、なぜか騎士ガイアの方が人気が高く多種多様に派生が存在し、わりとおいてけぼりを喰らっている感が否めない。しかし、そのポテンシャルは初代デュエルキングが彼のデッキに採用したのも頷けるほどの可能性を秘めているといっても過言ではないだろう。
今回のアイデア提供者は「toNo」さんだな。感謝する。「toNo」さん曰く、デッキの幅は広がっているが回りにくいので自分が未熟に感じるらしい。
それではそんな使い手が自分の力不足を感じてしまうほどに可能性を秘めた「カース・オブ・ドラゴン」を使ったデッキレシピを見ていこう。
<「カース・オブ・ドラゴン」を使ったデッキレシピ>
かーすおぶどらごん
メインデッキ40枚
モンスター 18枚
カース・オブ・ドラゴン/闇/ドラゴン/2000:1500/5 3枚
フーコーの魔砲石/闇/魔法使い/2200:1200/5/ペンデュラム 3枚
Lancephorhynchus/風/恐竜/2500:800/6/ペンデュラム 3枚
暗黒騎士ガイア/地/戦士/2300:2100/7
スクラップ・ビースト/地/獣/1600:1300/4/チューナー 3枚
青竜の召喚士/風/魔法使い/1500:600/4 3枚
召喚僧サモンプリースト/闇/魔法使い/800:1600/4(制限)
終末の騎士/闇/戦士/1400:1200/4(制限)
魔法カード 15枚
スクラップ・エリア/通常魔法 2枚
闇の誘惑/通常魔法(制限)
化石調査/通常魔法 2枚
銀龍の轟咆/速攻魔法 2枚
召喚師のスキル/通常魔法 3枚
馬の骨の対価/通常魔法
融合/通常魔法 2枚
龍の鏡/通常魔法 2枚
罠カード 7枚
闇次元の解放/永続罠 2枚
融合準備/通常罠 3枚
竜の転生/通常罠
竜魂の城/永続罠

エクストラデッキ 15枚
神樹の守護獣-牙王/地/獣/3100:1900/10/シンクロ
琰魔竜 レッド・デーモン/闇/ドラゴン/3000:2000/8/シンクロ
スクラップ・ツイン・ドラゴン/地/ドラゴン/3000:2200/9/シンクロ
ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン/地/ドラゴン/3000:2000/8/融合
蒼眼の銀龍/光/ドラゴン/2500:3000/9/シンクロ
浮鵺城/風/機械/0:3000/9/シンクロ
スクラップ・ドラゴン/地/ドラゴン/2800:2000/8/シンクロ
始祖竜ワイアーム/闇/ドラゴン/2700:2000/9/融合
始祖の守護者ティラス/光/天使/2600:1700/5/エクシーズ
竜騎士ガイア/風/ドラゴン/2600:2100/7/融合
No.61 ヴォルカザウルス/炎/恐竜/2500:1000/5/エクシーズ
閃珖竜 スターダスト/光/ドラゴン/2500:2000/8/シンクロ
アーティファクト-デュランダル/光/天使/2400:2100/5/エクシーズ
ダイガスタ・エメラル/風/岩石/1800:800/4/エクシーズ
ラヴァルバル・チェイン/炎/海竜/1800:1000/4/エクシーズ

~デッキ解説~
このデッキレシピを作る際に、カース・オブ・ドラゴンが可能なことをいろいろ調べてみたが、とにかく多過ぎる!
闇属性 ドラゴン族 通常モンスター レベル5と、様々な展開方法とサポートに恵まれているため、このカードを活躍させるデッキ構築も千差万別だろう。せっかくなので私は最新の召喚方法であるペンデュラム召喚を軸とし、融合、シンクロ、エクシーズも狙えるデッキを組んでみた。

このデッキの注目すべき点は、手札、墓地、除外ゾーンとあらゆるところから「カース・オブ・ドラゴン」を呼びよせることが出来る点だろう。「カース・オブ・ドラゴン」は「青竜の召喚士」「召喚師のスキル」「融合準備」と3種類のカードに対応しているため、このデッキではほぼいつでも手札に加えることができる。
ドラゴン族通常モンスターなので、「銀龍の轟砲」「蒼眼の銀龍」「ダイガスタ・エメラル」の効果に対応しており、蘇生も容易。
また、「龍の鏡」「闇の誘惑」「竜の転生」などで除外したとしても、「竜魂の城」「闇次元の解放」で帰還することが出来る。
上記のサーチカードで手札に加えた「カース・オブ・ドラゴン」をサーチし、このデッキの軸、ペンデュラム召喚によって「カース・オブ・ドラゴン」をリリースなしで展開しつつ、チューナーや融合によってさらなる大型を出したり、そのまま殴ったりという動きがこのデッキの大まかな流れである。

ペンデュラムモンスターである「Lancephorhynchus」は海外先行のレベル6のバニラペンデュラムモンスターで、「召喚師のスキル」を共有でき、恐竜族なので「化石調査」でもサーチ可能。スケールは7と「カース・オブ・ドラゴン」をペンデュラム召喚するには申し分ない。また、このカードのペンデュラム効果は通常モンスターに貫通効果を付加させるものなので「カース・オブ・ドラゴン」で守備モンスター(特に量産されたトークンなど)を攻撃したいときにはなかなか使えるだろう。
フーコーの魔砲石」も「青竜の召喚士」と「召喚師のスキル」を共有出来るスケール2のペンデュラムモンスターなので、ペンデュラム召喚には困らないだろう。「フーコーの魔砲石」はレベル5なので「カース・オブ・ドラゴン」とランク5のエクシーズ召喚も狙える。

また、このデッキではチューナーとして「スクラップ・ビースト」を採用している。「スクラップ・エリア」で簡単にサーチが効き、なおかつこの「カース・オブ・ドラゴン」と並べることで「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」「蒼眼の銀龍」「スクラップ・ツイン・ドラゴン」「浮鵺城」のどれかを選ぶことができ、状況によって様々に使い分けることが可能。特に「スクラップ・ツイン・ドラゴン」は破壊されても次のターンに再びペンデュラム召喚できるペンデュラムモンスターとは相性がよく、もちろん「スクラップ・ビースト」を採用しているので破壊されたときに蘇生もできる。
蒼眼の銀龍」及び「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」との相性は言わずもがなだろう。「浮鵺城」は私の趣味で入れただけだ。適当にレベル9のシンクロを蘇生してくれ。エクストラの枠を調整してランク9のエクシーズモンスターを入れるものいいだろう。
ちなみにこのデッキには1枚だけ「暗黒騎士ガイア」を採用している。各種サーチが共有できるのもあるが、やっぱり「竜騎士ガイア」を出したいと思ったので採用。こらそこ、「始祖竜ワイアーム」でおkとか言うんじゃない。「ダイガスタ・エメラル」で蘇生できるし、「馬の骨の対価」のコストにもなるんだぞ!なお、「暗黒騎士ガイア」のレベルは7なので、このデッキではどうあがいてもペンデュラム召喚できないので注意。
いかがだっただろうか?私なりにいろいろやりたいことを詰め込んでみたが、手札消費がすこし荒いデッキになってしまったな。このデッキを作ろうという人は、ある程度運用した上でのさらなるデッキ調整を勧める。

さて、今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:複数枚のカードでできる面白いネタコンボカード
薔薇の刻印でトマトを食べさせて調理召喚」「お札を張り付けて成仏」「ロリモンスターで興奮するジャンクジェントルメン」などなど、カオス闇ゲには意味☆不明ながらも実用性のあって面白いネタコンボが多々存在する。今回はそんな君たちの知るネタコンボカードをお題とする。今回のお題に限り、一人複数枚のカードを挙げてもよいが、そのカード全てでネタコンボができる前提とする。なお、コンボに必要パーツが多過ぎると採用されにくくなる可能性があることは覚えておいてくれ。どういうネタかも一緒に書いて頂きたい。
このお題の有効期限は来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる。
さぁ!お楽しみはこれからだ!
スポンサーサイト
 

コメント

必要パーツ
フュージョンゲート、チェーンマテリアル、神魚、舌魚、深海に潜む鮫、No.61ヴォルカザウルス、CNo.101SHdarkknight、シャークフォートレス(神魚と舌魚はデッキ、手札、墓地、場のどこにあってもOK)

フュージョンゲート、チェーンマテリアルで深海に潜む鮫を融合召喚後、場に存在する深海に潜む鮫の数に応じてネタが変化

2体、フカヒレスープ専用コンロヴォルカザウルス!
3体、すべてのフカヒレを串焼きにして食す者、CNo.101SHdarkknight!または、一体だけ残し、フカヒレ製造出荷要塞シャークフォートレス!といって、深海に潜む鮫[打消]フカヒレ[/打
消]に効果を与え、攻撃時はフカヒレを投げつければ良し!
HNデストロイ

カード:ヲー、グランエル、生命吸収装置×2、デストラクトポーション

(ヲー召喚時のライフを8000と仮定する)
ヲーをアドバンス召喚し生命吸収装置を2枚発動する。次のターンには生命吸収装置×2の効果でライフが8000に戻る。その後はデストラクトポーションでヲーを破壊してそれをトリガーにグランエルを召喚すれば攻撃力は8000+7900の半分の7950になる。
ヲー召喚時には「自分自身とラーを融合!」と言って召喚し、グランエルを召喚するときは「ラーとの融合を解除し今度はバイクと合体!」といえばネタ度が上がるかも。

どうも。今回は自分も愛用するガチムチコンボをご紹介します。
主役はガチガチガンテツとジャンク・ウォリアー。そう、ガチムチガンテツの効果でジャンク・ウォリアーを強化するだけ!!

パーツはゾンビ・キャリアとボルト・ヘッジホッグを墓地に、そして手札にはジャンク・シンクロンと地獄の暴走召喚を握っておくだけ。

ジャンク・シンクロンでゾンキャリを蘇生し(理想を言えばもドッペル・ウォリアーなどもあると吉)、ヘッジホッグを自身の効果で特殊召喚。そしてすかさず地獄の暴走召喚でヘッジホッグを3体並べる。

その後ガンテツSS→ジャンクウォリアーSSとするだけでガンテツのガチムチ効果を受けたレベル2以下モンスターを糧にジャンク・ウォリアーがガチムチ強化ァ!!

更に余裕があればゾンキャリからのアームズ・エイドもSS出来るなど攻撃性能にも特化!
是非お試しあれ。 やらないか?

《渾身の一撃》 《シャインエンジェル》 《阿修羅》

シャインエンジェル+渾身の一撃
俺のこの手が光って唸る! お前を倒せと輝き叫ぶ! 必殺、シャイニングフィンガー!!
ガンダムファイト国際条約第一条! 頭部を破壊されたものは失格となる!!

阿修羅+渾身の一撃
シュラープラチナ! 裁くのは俺のスタンドだ!!
オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラァッ!!
テメーは俺を怒らせた。

特定のモンスターに魔法カード発動しただけのものでコンボと呼べるか怪しい組み合わせですが、シャークさんもマジックコンボしてたからまあいいや。ちなみに、うちの乙女はよく青眼置いてけぼりで渾身の一撃かましてます。
ネタだけならともかく、実用性となるとなかなか浮かびませんな。

巨大ネズミ+巨大化

ただでさえ(動画内において)巨大な巨大ネズミをさらに巨大化させるだけのコンボと言えるのかあやふやな組み合わせです
まあ戦闘破壊されれば素早い「ビッグ」ハムスター呼べるので大目に見てくださいorz


人型Xモンスター+No.58炎圧鬼バーナー・バイサー

テケテンテンテンテンテンテンテンテンテ~~ン♪
デ~ンデケデンデンデンデンデンデケデデ~ン♪
Come On! バイサーアームズ! バイスオブバ↑ーアーア↓ーナー!
(仮面ライダーバロン系変身音)
バイサーが球体で装備カードなので鎧武のアームズっぽいなーと思っただけです
直接攻撃がスカッシュ、バーン効果がオーレ、スパーキングなんてなかったんや・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム |