プロフィール

シェフ

Author:シェフ
※カオスな仲間と闇のゲームをしてみた公式ブログです


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


リンク


どうも!カオス闇ゲ企画担当のwataponです!
オフ会という大きなイベントが終わりとりあえず一安心というところです。
オフ会は大きな盛り上がりを見せ、成功という言葉で飾ってもいいんじゃないかと言える結果となりました。
ですが、残念な点や改善すべき点はいくつもありました。今回はこれについて話したいと思います。

1.召喚口上・必殺技について
 闇のゲームとは原作のキャラのようなテンションでデュエルをし、召喚口上や必殺技を叫ぶデュエルのことを指します。
スタッフの集計によると今回のオフ会では、ごく一部の参加者を除きあまり使用されなかったとされています。恥ずかしかったのは面倒だったのかまではわかりませんが中には・・・

「召喚口上はいいです、俺は勝ちにいく」

などという発言をする参加者も見受けられました。こういった参加者はここに何をしに来たのかが私にはわかりません。
 この件に関してメンバー間では発言項目を任意としたことが原因であるという結論に至っており、この点は次回までに改善していきたいと思っております。

2.使用するデッキについて
 ルール規約には「召喚及び特殊召喚封じ・大量ハンデス・ソリティア・遅延行為・除外メイン等の他人をリスペクトしない行動を禁ずる」という項目があり、更にブログでもデュエルの勝ち負けでなくデュエリストの面白さを競うトーナメントと記述されています。これは前回のオフ会の投票制を少し変えただけのもので、テンターテイイイ↑メントなデュエルを目指すカオス闇ゲの企画にはふさわしいものだと思っております。

にもかかわらずトーナメントにおいてスタッフはインフェルニティデッキと対戦したという報告を受けました。

他にも「海皇」、「武神」、「竜星」、「シャドール」、等々公式の大会でも見かけるデッキを確認したという報告を受けました。
これらのデッキは本来入っていないカードが入っているとはいえ基本的には公式でも見るような動きをしていたものをあげています。
私はこの報告を受けて、更に自分の管轄内のブロックにおいてそういったデッキを見て「またか」と落ちこみました。
カオス闇ゲの動画を見ている方々ならば、こういった「面白いデュエルをしよう」という場の空気を読んでいるならば、「公式大会の様に展開するインフェルニティ」というデッキがいるはずがない、そう思いたかった。

そもそも「インフェルニティ」は大会規約のソリティア行為に該当し、失格になっても文句を言えない立場なのです。
今回はそういったことはありませんでしたが次回からはそういったデッキを見つけ次第失格にする、ということを視野に入れたいと思っております。

こういった案件に対する対策は、正直なところありません。これらは参加者の気持ちの持ちようなのです。
カオス闇ゲのオフ会が開催されるとして、こういったデッキを持ってくる前に一度考えてください。
「このデッキを使えばどういったコンセプトにみんなが驚くだろう?」
「このデッキならどこが相手に受けるだろうか?」

テンプレやカテゴリーで統一しただけのデッキではそういった所はなかなか見つからないと思います。

とらえ方によっては悪く聞こえるかもしれませんがそういったデッキは公式大会等で使用することをお勧めします。
そして、そういったただ「デュエルに勝つ」ことだけをコンセプトにしたデッキでの参加は今後御控え下さい。

人はカオス闇ゲを「闇ゲ界の初心者向け」と評価する方もいますし、このオフ会の「みんなで面白いデュエルしよう」というオフ会の企画ががお遊戯じみていると、思う人だっているでしょうが、そういった方は気に入らなければ私たちの動画を見なくてもいいですし、自分のやりたいようにデッキを構築してくださればいいのです。
全てののデュエリストに評価されるとは思ってはいませんし人の価値観もそれぞれなのですから

カオス闇ゲの方針はあくまでエンターテイイイ↑メントなデュエルです。自分も相手も笑えるデュエルを目指してこれからも精進していきたいと思っております。

以上、カオス闇ゲ企画担当のwataponでした。
スポンサーサイト
 

コメント

お疲れ様です!

オフ会お疲れ様でした!Eブロックでそんな事に気づかず余りにハイテンションなデュエルし過ぎてました、М氏ですwww

「カオス闇ゲのオフ会」という楽しむ場所なので、この日のために楽しむため、楽しみにしてデッキを磨いた人もいますからね・・・。最終的には本人の自覚と空気を読めるかになっちゃいますし

ただこのデッキを使うのが悪い、この状況でそのカードはKYだと仕切りをつけるのはまた違う話になりますから難しいですね・・・自分も《シャドールドラゴン》出張させたエクシーズデッキや、【艦隊これくしょん】のデッキベースが☆3しか入れてないとはいえ回りだすまでただの【水精鱗】だったりしましたしww

口上・必殺技・披露したいネタに関しては、もっとポイントに大きく影響する等楽しみつつも皆が納得する場が作れるといいですね。勿論それらは時間との相談になりますがwww

ですが今回のイベント、初参加の自分は心から楽しめたので本当に良いものでした!次回来れる時は、もっと楽しいものが作れるよう自分とデッキを磨いてきます!長文失礼しました。

普段使ってる身としてもIFのエンタメ性はヒール寄りってのは感じますからね……
こういう場でIF使うなら専用バック抜いて地縛神出す事を狙った【鬼柳さん】にするぐらいの遊び心は欲しいかもしれませんね
ガチカードを否定したら冷蔵庫の守護神すらアウトになってしまいますし、それをどう使ったらお互い満☆足出来るかを考えてプレイするのがエンターテイイイ↑メントデュエル! ってことですかね?

カオス闇ゲお疲れ様でした!インフェルニティを使用した者です。確かに改めて言われるとガチな動きをしてしまったかもしれません。次回参加するときには、もっと面白いデッキを作って参加します!

完全なる部外者ですが、1ファンとしてコメントさせていただきます。
面白いデッキやネタデッキとはそもそも人によって程度が異なり、事故率の高さを犠牲にしてでも浪漫だけを求める人や、あまり使われない型である人、中にはガチカードを一切排して始めてファンデッキを名乗れるという考えの方も居ます。
それらに基準を設けるのは大変難しく、その中でエンターテインメントなデュエルを目指す場を作るとしたら、やはり参加者全員の投票制にして参加者の総意によって、プレイヤー自身にも「あぁ、この場では自分のデッキはガチと呼ばれるものなんだな」と気付かせる事が大事なのかと思われます。そして、さらに差し出がましい事を申し上げれば、今回のオフ会のように人数が多いとそれらの周知も難しくなるかと思われます。
長文失礼致しました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム |