プロフィール

シェフ

Author:シェフ
※カオスな仲間とカオスな闇のゲームをしてみた公式ブログです


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


リンク


このブログをリ・コントラクト・ユニバースしてから2週間くらい経つが、記事を書く人を増やしたらいつの間にか
意味☆不明な記事が書かれる無法地帯となってしまったようだ……
まあこの無法地帯っぷりが気に入っているので、全く問題はないのだが

というわけで今回はこのブログでは稀な?まともな記事を書こうと思う。

デュエル動画を盛り上げる為には色々な人が動画をうpされるのが理想であるが、最近では数が減ってきている気がする。
動画を見て自分も闇ゲまたはデュエル動画を作りたい!と思っている人もいるかもしれないが、動画はそのうp主によって作り方や構成がバラバラなのでマニュアルのようなものも存在しないし、デュエル動画の作り方自体を解説しているところはほとんどないと言ってもいいくらいに少ないのが現状だ。

そこで今回はカオス闇ゲはどんな感じで作られているのかを解説していこうと思う。これを見て動画を制作するヒントになれば幸いだ。
結構長くなるので詳しく知りたい人は「続きを読む」からどうぞ
※あくまでも個人的な意見なので参考程度に見ることをお勧めします
下ごしらえ 準備編
まず動画を作るにあたって撮影した素材の動画がないことには始まらない。
その準備に必要なものを挙げていこう

・カメラ
K0000217808[1]

現在使用しているのは結構前に買ったSONYのHDR-CX180という機種。軽くて長時間撮れるのでまだまだ現役である。諭吉をリリースしなくても大体綺麗に撮れればwebカメラでもデジタルカメラでも何でもいいが、場合によってはかなりの本数を撮ることもあるのである程度の容量があったほうがいい
画質に関しては何のカードかを判別できるくらいの解像度があればいいだろう。クオリティを求めるなら画質にもこだわるべし

・三脚
3脚

フィールドを見やすく全体をカメラで映す為にはカメラを高い位置に設置する必要があるのでこの三脚を使用している。
家で撮影する場合、三脚の大きさは大きくても大丈夫だが、カラオケで撮る場合など、持ち運ぶ場合は小さくコンパクトに畳めるタイプがおススメ。
伸ばした時の長さも考慮に入れておこう。これを買う前は家にあった大きい三脚を使っていたが毎回三脚を背負って撮影に行くのはとてもめんどくさい
……ワシにも覚えがある。

・騒いでも問題ない環境
闇ゲをやっていると機材だけでなく撮影環境も重要だ。
テンションが重要になってくる闇ゲでは編集するかしないかに関わらず、静かで騒いでも問題ない環境がおススメ。
闇ゲをやっているとどうしても五月蠅くなるのでフリーデュエルスペースなど不特定多数の人が利用する場では迷惑にしかならない。
普通のデュエル動画を撮る場合でも周りの音を拾ってしまうので声が聞こえずらい動画になってしまう。

カオス闇ゲの撮影するメンバーは基本的に住んでいる地域がバラバラなので大体カラオケで集まって録画するのがデフォルトとなっている。これなら騒いでも問題ないのだが、デメリットとして1回の撮影で時間制限があり、何より金が掛かる!理想は家が一番なのかもしれない……


食材の選別作業 撮影編

大体のカオス闇ゲにおいてこの作業に90%くらいの時間を掛けていると言っても過言ではない。
というか動画の面白さは大体この撮影で決まる。動画の面白さの要素というのは
撮影した動画>>>越えられない壁>編集 だと思っている。
何をするにしてもベースの動画が良くないといい動画にはならない。
ここで意識するポイントがいくつか結構ある。

・出演者のモチベーション
出演する人が乗り気でないままデュエルしてもいいものは撮れない(経験談)
乗り気でもない人がデュエルしても動画として失敗の要因(あまり喋れない、プレミなど)がどうしても出てくるためだ。
デュエル動画を早く撮ろうと焦って撮り続けてもいい動画が撮れない→さらに焦る→動画を撮るという感じに負の永久コンボに繋がることもある
(実際これが原因でカオス闇ゲは投稿期間が空くこともしばしば)まさに無☆限ループ
撮影する前に体調やモチベーションを確認しておくことでいい動画を撮れる可能性は格段に上がるような気がする。
撮ろうと思って撮るよりは楽しんでデュエルしてたら面白いのが撮れたなというくらいがちょうどいいものだ。

・動画で何がしたいのかを大雑把でもいいので決めておく
自分の動画はこうしたい!というイメージを出演する人に伝えておくといい
共通のイメージがあると動画の雰囲気とテンションが合いやすい。
意識することでお互いにその動画にしかないものを撮影の場で出すことができるだろう。

カオス闇ゲの場合、プレイ自体はまあ丁寧に、面白いと思ったことは好き勝手に喋っていいが言ったことがそのまま編集に反映させるから気を付けろ。真面目に不真面目にやれという感じ。
おかげでリーゼントがどうのこうの言われて編集がかなりめんどくさかったがな!

・デッキの相性
できれば手札事故が起こりやすいデッキ、デッキパワーのバランスを考えない対戦カードはやらない方がいい。
これとこれの組み合わせで適当にやってみようなんていう安易な発想で撮ってしまうと運が良ければいい組み合わせでデュエルできるかもしれないが、大体は失敗して時間の無駄になってしまうことが多い。カラオケで撮っている場合は諭吉の無駄になりかねない。撮影前に相性や事故率も考慮に入れておくべし

・発言
これはその動画の趣旨によって違うのでこれが正しいというものはないのだが、自分の発言がウケると思っても動画によっては場違いな発言になったり、人によっては白けてしまうだけになることもあるので、個人が面白いと思っても周りの意見を聞いた方がいい時もある。(カオス闇ゲにおいても結構セリフはカットされている場面は多い。大体は自分で自分の台詞に問題があると判断することが多いのでシェフの台詞は結構ここで消えます。)
ただ台詞云々は最終的に編集者が決めることなので発言しないよりは色々発言しておく方が面白くなる要素が多くなることは確かだ
いっそのこと編集者にカット作業を丸投げするつもりで喋ってしまってもいいだろう。その場合は編集者の仕事が増えるが……

そして発言するにしても聞き取りやすい発音も大事になってくる。動画とは視覚と聴覚両方に訴えるものだと私は思っているのでいくら場が盛り上がっても声が聞き取りずらかったりすると、その動画の魅力が半減とはいかなくても見ている人からすれば100%その動画に集中できなくなる。極端な例にはなるが人によっては最初のターンでブラウザバックしてしまうかもしれない。
台詞を喋るときには続けて喋るよりは1まとめに区切って喋る方がいい。一気に喋ってしまうと何を言っているのか聞こえずらくなりイケてない場面になってしまうことも。編集者から見れば繋げて喋られると台詞をカットする際に結構めんどくさい作業になることもある。長い台詞などは無理に覚えずカンペを用意するなど姑息な手を用意するのもアリだ。

もう1つ区切って話すことには利点がある。その時うまく喋れなくてもデュエルが終わった後に「あの時この台詞を言えばよかった」なんてこともある。そんな時に後付けで台詞を動画に追加する場合、台詞を区切ってあると違和感なく台詞を追加しやすくなるのだ。
具体例を出すとカオス闇ゲ14の謎詠唱なんかもこの方法をとっている

・カメラの位置
せっかく撮影環境が整ってもカードが見えずらいとこれまた動画の印象が悪くなる。
カメラ視点
こんな感じにプレマ全体が映り、カードの表面が光で反射しないのが理想的だ。反射してホログラフィックレア状態になると動画を見ているとこれ何のカードだっけ?と忘れ去られることもあるので注意
あとでもう少しズームしたい人は編集作業でやるべし。後でズームインはできてもズームアウトは出来ないからだ!
全体を撮っておくと後でいろいろ作業する時に便利であるので基本このくらいの位置で撮っている。

ちなみにこれはプレマがある机と同じ高さの机を横に置いてそこに先ほどの三脚とカメラを設置して撮影したものだ。
3脚とカメラでオーバーレイ!
だいたい65cmくらいの高さから撮っている

・運
色々解説はしてきたが、なんだかんだ言って一番成功できるかは運にかかっている
成功しやすい方法はあってもカードゲームの性質上、最終的にうまくいくかは運頼みである。
運が悪ければいくら撮っても成功しないこともある(最長で1ヶ月撮り続けても成功と言える動画は撮れなかったことも)
撮影に特に必要なものは運と撮り続ける根気が大事だ。

…とまあ撮影に関してはこんなところである。
いい動画にするには1つ1つの要素をより良い物にしていく必要がある。そして常に動画を見る人はどう思うか?ということを考慮しつつ動画を作っていくのも大切だ。

もし需要があるのなら編集編も作る予定です。

スポンサーサイト
 

コメント

おぉ中々参考になる記事をありがとうございます。

それと次の動画って「その1」から再スタートなんですか?
そこだけ微妙に気になってます。

コメントありがとうございます!
次からの動画はタイトルを変えて一新するので1からになりますね。

カオス闇ゲの皆さんにも同じことが言えますが、既存の投稿者が社会人になるなどして時間が取れなくなってきてるのが動画の減少に繋がってるのでしょうね。
カオス闇ゲで私の周りも遊戯王が再燃したので、この記事で動画が増えてデュエリストが増えたらいいなぁって思います(コナミ感)

! 更新お疲れ様

俺も闇げ撮影は一度切りだったけど あれはあれで良かったな
(まあ互いにデッキがいい具合に回ったのもあるけど)

65センチかーw
今となっては遊戯王は情報収集と強化ぐらいしかしてないなー
近頃はファンデッキの調整しかw
(コアキメイルとかw)

ためになります

やっぱり機材が大事ですよね
いずれデュエル動画を作ってみたいと思っているので、とても助かります(作るとは言ってない)

今日もニンジャを弄るとしよう

現在、デュエル動画を作ろうとしているので非常に参考になります。
編集編も作っていただけると有難いです

編集編についても知りたいです
良かったら教えていただけると幸いです

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム |