FC2ブログ

プロフィール

シェフ

Author:シェフ
※カオスな仲間と闇のゲームをしてみた公式ブログです


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


リンク


私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第143回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
最近「天威」の影響でシェフ氏が長らく使用していなかった【クッキング流】の復活を目論んでいるらしい。
カオス闇ゲの看板デッキといっても過言ではないので、復活が待ち遠しいところだ。


前回の「お題」は「「RISING RAMPAGE」のお勧めカード」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
ビック・バイパー T301
torekado0822_rira-jp024.jpg

レベル4 光属性機械族の効果モンスター。自分の表側モンスターが相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に手札・墓地から自身を特殊召喚する効果と、このカード以外の光属性機械族の自分のモンスターの攻撃力を1200ポイントアップさせる永続効果をもつ。古株デュエリストならお馴染み「グラディウス」シリーズのカードだな。私はあまり詳しくないが元ネタは「グラディウスV」の主人公の機体だそうだ。なんでも原作ゲームでは最終面でもう1機のビックバイパーと共闘する場面があるらしい。まさにその熱い展開を再現したカードだといえるだろう。効果も強力な光属性機械族の強化となっており、光属性機械族のデッキならば出張採用も検討できるだろう。
アイデア提供者は「巡音佳菜」さんだな。感謝する。「巡音佳菜」さん曰く「サイバー・ドラゴン系やVWXYZとも相性のいい強化効果を持つモンスター。機械族デッキのパワー戦術がまた一歩強化されたといえそうです。 」とのこと。
確かに【サイバー流】などでさらに打点の補填となり、4月から「リミッター解除」が準制限になったのも追い風だろう。なお「サイバー・ツイン・ドラゴン」にこのカードを一緒に使うと4000の2回攻撃となり、ワンショットキルが成立したりする。つおい。
それではそんな光属性機械族の打点の申し子「ビック・バイパー T301」を使ったデッキを見ていこう。
<「ビック・バイパー T301」を使ったデッキレシピ>
ビック・バイパーT301
メインデッキ 40枚
モンスター 15枚
ビック・バイパー T301/光/機械/1200:800/4 3枚
ファルシオンβ/光/機械/1200:800/4 3枚
ロードブリティッシュ/光/機械/1200:800/4 3枚
オネスト/光/天使/1100:1900/4 3枚
シャインエンジェル/光/天使/1400:800/4 3枚
魔法カード 13枚
リビング・フォッシル/装備魔法 3枚
機械複製術/通常魔法 3枚
地獄の暴走召喚/速攻魔法 3枚
リミッター解除/速攻魔法(準制限) 2枚
おろかな埋葬/通常魔法(制限)
ハーピィの羽根帚/通常魔法(制限)
罠カード 12枚
スリーカード/通常罠 3枚
トラップトリック/通常罠 3枚
援護射撃/通常罠 3枚
王宮の鉄壁/永続罠 3枚

エクストラデッキ 15枚
クリフォート・ゲニウス/地/機械/1800/リンク2
プラチナ・ガジェット/光/機械/1600/リンク2
ハイパースター/光/天使/1400/リンク2
超弩級砲塔列車グスタフ・マックス/地/機械/3000:3000/10/エクシーズ
No.39 希望皇ホープ/光/戦士/2500:2000/4/エクシーズ
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング/光/戦士/2500:2000/5/エクシーズ
セイクリッド・オメガ/光/獣戦士/2400:500/4/エクシーズ
ギアギガント X/地/機械/2300:1500/4/エクシーズ
No.27 弩級戦艦-ドレッドノイド/水/機械/2200:1000/4/エクシーズ
重装甲列車アイアン・ヴォルフ/地/機械/2200:2200/4/エクシーズ
No.41 泥睡魔獣バグースカ/地/悪魔/2100:2000/4/エクシーズ
フォトン・バタフライ・アサシン/光/戦士/2100:1800/4/エクシーズ
竜巻竜/風/幻竜/2100:2000/4/エクシーズ
輝光子パラディオス/光/戦士/2000:1000/4/エクシーズ
鳥銃士カステル/風/鳥獣/2000:1500/4/エクシーズ

~デッキ解説~
今回はせっかくなので他の「グラディウス」シリーズと合わせた構築にしてみた。先に言っておくが、「スリーカード」の採用は私の趣味だ。いいだろう?
ビック・バイパー T301」は自身の効果で蘇生が可能なのでとりあえず墓地に落とせば蘇生は難しくない。ゆえに相手モンスターの戦闘破壊時に「ビック・バイパー T301」を墓地に送ることが出来る「ファルシオンβ」を採用している。
また下級の「グラディウス」シリーズは総じて攻撃力が1500以下の光属性なので「シャインエンジェル」でリクルートが可能。「オネスト」との併用が望ましい。
自身の効果で特殊召喚した「ビック・バイパー T301」はフィールドを離れると除外されてしまうので「王宮の鉄壁」を採用し、除外されないようにしている。後述の「リビング・フォッシル」も除外デメリットがあるので共有できるぞ。
ビック・バイパー T301」は自分のモンスターの攻撃時には打点アップとして強力だが、相手ターンに攻撃された際に特殊召喚した場合、攻撃の巻き戻しが発生し低攻撃力のこのモンスターに攻撃対象が変わる可能性が非常に高い。その対策としてこのデッキでは「援護射撃」を採用している。このカードは自分のモンスターが攻撃されたダメージステップに発動でき、攻撃されているモンスター以外の自分のモンスター1体の攻撃力分攻撃されたモンスターの攻撃力をアップさせるというもの。「ビック・バイパー T301」が自身の効果で特殊召喚されている場合必ず他にモンスターは居るはずであり、それが光属性機械族なのであれば「ビック・バイパー T301」の効果で攻撃力が上がっているはずである。その上昇した攻撃力分のアップなので、単純にこのデッキでは自分フィールドが2体だけだとしても2400ポイントのアップとなり1200+2400=3600となり、多くのモンスターを返り討ちにできる。このカードの発動はダメージステップなので攻撃対象の変更後に「トラップトリック」などで伏せても間に合うのもミソだな。
闇ゲ的演出上も「援護射撃」なので味方モンスターが主人公機「ビック・バイパー T301」を守るために助けて攻撃してくれたと考えればかっこいい。
前述の「ファルシオンβ」がデッキの下準備に有用なカードであるとしたら、「ロードブリティッシュ」は攻めに有用なカードだ。このモンスターが相手モンスターを破壊するともう一度攻撃・セットカード破壊・同ステータスのトークン生成のどれかを選ぶことができる。「ビック・バイパー T301」で攻撃力を上昇させていればどれも強力な効果であるといえるだろう。
ビック・バイパー T301」は自身で特殊召喚効果をもち、攻撃力1500以下なので「地獄の暴走召喚」のトリガーとして非常に優秀。「ビック・バイパー T301」が3体並んだ場合の1体の攻撃力は3600。他に「ファルシオンβ」または「ロードブリティッシュ」がいれば攻撃力は4800まで上昇する。ワンショットキルすら視野にはいる火力だな。
また、少し変わった手段で3体展開する方法として「リビング・フォッシル」で蘇生した「ビック・バイパー T301」を「機械複製術」で増やすという方法もある。「リビング・フォッシル」は蘇生した装備モンスターを効果を無効、攻守1000ダウンさせて蘇生させるのでできるコンボだな。ちなみにこれで3体並べた場合でも攻撃力2400が2体、2600が1体並ぶ。序盤火力としては十分だろう。
上記のカードを駆使し、3体並べて「スリーカード」で相手の盤面を吹き飛ばしてアドバンテージを取っていこう。
前述の「王宮の鉄壁」がない場合にデメリット除外されてしまうモンスターはエクシーズ素材にしてしまうのも手だ。特に「輝光子パラディオス」などは厄介な戦闘破壊耐性モンスターの効果を無効にしてくれる。
いかがだっただろうか?少々ロマンに偏ってしまったが闇ゲらしいかっこいいデッキに仕上がったと思う。このデッキを作ろうという方が居たら、まだまだ相性のいいカードは沢山あるので各自調整を勧める。個人的には「援護射撃」の代わりに「スノーマン・エフェクト」を入れたり、【サイバー流】と混ぜて「サイバー・リベア・プラント」でサーチを効きやすくしたり、いっそエクストラに頼らずに「オレイカルコスの結界」で「ビック・バイパー T301」を守りつつ超火力で攻めるのも面白いのではないかと思う。
諸君もこのデッキを使って、懐かしの主人公機を乗りこなしてみてはいかがだろうか?

さて、今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:リボルバーデッキに合いそうなカード
現在放送中のアニメ、遊戯王VRAINSにて光のイグニス「ライトニング」の卑劣な戦術でリボルバーと相打ちとなった。私はわりと好きなキャラクターだったので、追悼の意味を込めてこのお題とさせてもらう。
このお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
それではまた会おう。IN TO THE VRAINS!!

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»


けす