プロフィール

シェフ

Author:シェフ
※カオスな仲間と闇のゲームをしてみた公式ブログです


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


リンク


私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第102回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
最近10月からのリミットレギュレーションが発表されたな。様々なカードが解除、または規制されたが、諸君のデッキに影響はないだろうか?私は制限となった「テラ・フォーミング」以外はむしろメリットが多かったな。
また、禁止からエラッタなしで帰ってきた「同族感染ウィルス」にも注目したいところだ。今後のデュエル環境に今回のリミットレギュレーションがどのように影響するのか期待不安の未来が今動き出すな。

前回の「お題」は「「EXTRA PACK 2017」に収録されているカード」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
堕ち武者(デス・サムライ)
08558.jpg
レベル4 闇属性アンデット族の効果モンスター。召喚成功時にアンデット族モンスター1体を墓地に送る効果と、相手の効果によってフィールドを離れると同名以外のレベル4以下のアンデット族モンスターをデッキから特殊召喚できる効果をもつ。
アンデット族は墓地からの特殊召喚に長けた種族なので、この墓地肥やし効果は有用だろう。しかし、アンデット族を墓地に送るという点だけ考えるのであれば「牛頭鬼」や「ユニゾンビ」といった強力なライバルがいる。一応アンデット族を墓地に送る効果は起動効果ではないので召喚時の除去を喰らっても墓地に送ること自体はでき、かつ別なアンデットをリクルートできるので差別化自体はできているのではないだろうか。墓地肥やし効果が特殊召喚に対応してないとことが若干惜しいカードではあるな。
アイデア提供者は「こーすー」さんだな。感謝する。「こーすー」さん曰く、「最近ご無沙汰だったデス枠の復活に心が躍りました。
『まさにDEATH☆GAME』なデュエルも出来るようにもなるのでは。 」とのこと。確かに海外名が「Samurai Skull」であることを考えると、久々のEXTRA PACKに登場した「デス」枠のモンスターだな。それではそんな「デス」押しの「堕ち武者」を使った『まさにDEATH☆GAME』なデッキを紹介しよう。
<「堕ち武者」を使ったデスデッキレシピ>
デスサムライ レシピ
メインデッキ 40枚
モンスター 17枚
堕ち武者/闇/アンデット/1700:0/4 3枚
ゾンビ・マスター/闇/アンデット/1800:0/4 3枚
馬頭鬼/地/アンデット/1700:800/4 3枚
絶対王 バック・ジャック/闇/悪魔/0:0/1 3枚
ゾンビキャリア/闇/アンデット/400:200/2/チューナー 2枚
オシリスの天空竜/神/幻神獣/?:?/10 2枚
ゾンビーナ/地/アンデット/1400:1500/4
魔法カード 13枚
生者の書-禁断の呪術-/通常魔法 3枚
強制転移/通常魔法 3枚
真実の名/通常魔法 2枚
おろかな埋葬/通常魔法(制限)
ソウル・チャージ/通常魔法(制限)
ハーピィの羽根帚/通常魔法(制限)
死者蘇生/通常魔法(制限)
手札抹殺/通常魔法(制限)
罠カード 10枚
ギブ&テイク/通常罠 3枚
バージェストマ・ディノミスクス/通常罠 2枚
悪魔の嘆き/通常罠 2枚
砂塵の大嵐/通常罠 2枚
貪欲な瓶/通常罠

エクストラデッキ 15枚
魔王超龍 ベエルゼウス/闇/ドラゴン/4000:4000/10/シンクロ
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン/風/ドラゴン/3000:2500/8/シンクロ
No.39 希望皇ホープ/光/戦士/2500:2000/4/エクシーズ
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング/光/戦士/2500:2000/5/エクシーズ
刀神-不知火/炎/アンデット/2500:0/6/シンクロ
瑚之龍/水/ドラゴン/2400:500/6/シンクロ/チューナー
霞鳥クラウソラス/風/鳥獣/0:2300/3/シンクロ
No.41 泥睡魔獣バグースカ/地/悪魔/2100:2000/4/エクシーズ
スターダスト・チャージ・ウォリアー/風/戦士/2000:1300/6/シンクロ
獣神ヴァルカン/炎/獣戦士/2000:1600/6/シンクロ
鳥銃士カステル/風/鳥獣/2000:1500/4/エクシーズ
ヴァレルロード・ドラゴン/闇/ドラゴン/3000/リンク4
トポロジック・ボマー・ドラゴン/闇/サイバース/3000/リンク4
デコード・トーカー/闇/サイバース/2300/リンク3
アカシック・マジシャン/闇/魔法使い/1700/リンク2

~デッキ解説~
今回は「堕ち武者」の②の効果を意識し、少し特殊な構築にさせてもらった。
先ほどもカード紹介の部分で述べさせてもらったが「堕ち武者」の①の効果のみに着目した場合には「ユニゾンビ」「牛頭鬼」という強力なライバルがいる。今回はそれらのモンスターと差別化を図るために「堕ち武者」の②の効果「相手の効果によってフィールドを離れた場合にデッキからレベル4以下のアンデット族1体を特殊召喚できる」を利用したデッキとなっている。
ちなみにこの手の効果によくあるのだが、なんと「堕ち武者」の②の効果はターン制限が一切ないのである。何?受動的な効果だから当たり前だと?ならば能動的にこのカードの効果を使えるようにするまでである。
ズバリ、このデッキのデッキ名は【ドジリス武者】。相手フィールドに「強制転移」や「ギブ&テイク」で押し付けた「オシリスの天空竜」が勝手に!「堕ち武者」に向かって召雷弾を打ってくれるといううオシリスもといドジリスを利用した戦術なのである。
まずはデッキの下準備から解説する。このデッキのギミックに肝心なのは「召喚権を残した状態でオシリスを相手フィールドに押し付ける」ことである。「強制転移」を使えば自分の好きなモンスターを押し付けることができるが、「オシリスの天空竜」は腐っても神。場に出すのはなかなかに難しい。そこで「真実の名」を利用することでデッキから一気にフィールドに特殊召喚し、強制転移で押し付けるというのが綺麗な流れである。ちなみに特殊召喚なのでエンドフェイズに押し付けた「オシリスの天空竜」はしめやかに墓地に送られるというアフターケア付きである。
真実の名」をうまく決めるためには「ゾンビキャリア」の墓地効果を使ってデッキトップを固定したり、「絶対王 バック・ジャック」の効果でデッキトップ操作をするといいだろう。特に後者は通常罠とも相性がいいので前述の「ギブ&テイク」を引っ張ってくるのにも使える。
手札に引いて腐ってしまったドジリスもとい「オシリスの天空竜」は「手札抹殺」や「バージェストマ・ディノミスクス」「ゾンビ・マスター」などで切ってしまうのがいいだろう。墓地においておけば「ギブ&テイク」で蘇生に繋げられる。落とすときは「教えてやるよぉ・・・神を墓地に送ることの恐ろしさをなぁ(闇マリクボイス)」と言って相手を煽ろう。「オシリスの天空竜」を送り付けるときは「きしゃまにプレゼントをくれてやるよぉ(闇マリク(ry」と言って煽るとさらにいい。
以上のギミックを使ってドジリスを押し付けることができたら「堕ち武者」の出番である。
この状況で「堕ち武者」を召喚すると「堕ち武者」の①の効果にチェーンし「オシリスの天空竜」の召雷弾が勝手に発動。攻撃力1700の「堕ち武者」は相手の効果によって破壊される。その後デッキから「馬頭鬼」を墓地に送り「堕ち武者」の効果が発動。デッキから「ゾンビ・マスター」を守備表示で特殊召喚する。
お判りいただけただろうか。そう、このギミックを使えばアンデットの豊富な蘇生効果で「堕ち武者」を攻撃表示で蘇生するたびにアンデット族モンスターを大量にリクルートが可能なのである!
そこから「ゾンビキャリア」を出してシンクロするなりエクシーズするなりリンクするなりは各自の自由。
私のお勧めは「スターダスト・チャージ・ウォリアー」を経由し1ドローしつつの「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」だろうか。攻撃表示で出して用済みになった「オシリスの天空竜」の召雷弾を無効かつ破壊し、一気に攻撃できる。
また、シンクロやエクシーズ、リンクを展開する上でデッキの「ゾンビ・マスター」が全ていなくなるという状況もままあると思われる。
そんな時は「ゾンビーナ」を「堕ち武者」の効果で攻撃表示でリクルートし、召雷弾で破壊させれば墓地からレベル4以下のモンスターを蘇生できるので素材に使用した「ゾンビ・マスター」を復活させ再び展開に繋げることが出来る。
変わったところだとレベル4を2体と「ゾンビキャリア」でシンクロして出せる「魔王超龍 ベエルゼウス」だろうか。守備で出せば召雷弾を喰らわない上に4000の破壊耐性持ちという強固な壁になる。さらに、起動効果を相手フィールドの「オシリスの天空竜」に使用すれば相手の手札枚数×1000ポイントのライフゲインという大幅ライフ回復が見込める。
いかがだっただろうか?なかなかにコンボ色の強いデッキになってしまったが、決まれば爆発力の高い面白いデッキになったのではないかと思う。ちなみに「オシリスの天空竜」をアンデット族の展開力に任せて普通に出して攻撃してもそこそこ強いぞ。
このデッキを作ろうという方が居たら、まだまだ相性の良いカードは沢山あるので各自調整を勧める。個人的には「ゴブリンゾンビ」などでサーチを増やしてもいいのではないだろうかと思う。
諸君もこのデッキを使って自分のモンスターをどんどん破壊させる『まさにDEATH☆GAME』なデュエルを体験してみてはいかがだろうか?

さて、今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う
お題:お勧めの天使族モンスター
今週末の23日に「STRUCTURE DECK R -神光の波動-」が発売されるのはデュエリスト諸君も把握しているだろう。
前回の「STRUCTURE DECK R」シリーズに漏れず、今回も様々な新規サポートカードがコンセプトそのままに強化されて登場するようだ。「-神光の波動-」といえば天使族をベースにしたカウンター罠とライフゲインをメインとした戦術のデッキだな。
今回はそれにあやかり、諸君のお勧めの天使族モンスターをお題にしたいと思う。「STRUCTURE DECK R -神光の波動-」の新規カードの使い勝手も見たいところなので、それらの新規カードと相性の良い天使族モンスターは採用されやすいかもしれないな。かつ、他のカードでは見れないような面白いカードならばなおよしと言ったところだろうか。諸君の一押しの天使族を私に教えてくれ。
大変申し訳ないが、来週は私の都合で休載とさせていただく。ゆえにこのお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
それではまた会おう。IN TO THE VRAINS!!
スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»