プロフィール

シェフ

Author:シェフ
※カオスな仲間とカオスな闇のゲームをしてみた公式ブログです


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


リンク


私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第95回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
レシピ画像を使用している公式カードデータベースのマイデッキ作成がなぜか使用できなくなる不具合が発生したため、記事の投稿がいつもより遅れてしまった。すまない。
さて、このコーナーももう気づけば95回。記念すべき100回まであと5回を残すところとなった。第100回には第50回のときと同様に採用者ランキングを発表する予定であるので、もしかしたらトップ争いにいる諸君は頑張ってアイデア投稿を続けてほしい。

前回の「お題」は「効果のトリガーやギミックに「3」が深く関係するカード」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
魂を喰らう者 バズー
BE2-JP003R.jpg
レベル4 地属性獣族の効果モンスター。自分のターンの起動効果で自分の墓地のモンスターを3体まで除外し、1枚につき300ポイント相手ターン終了時まで攻撃力が上昇するという効果を持ったモンスター。「3体まで除外」「300ポイントアップ」という3にかかわる効果を持ったモンスターであると言えよう。レベルは3ではないが。アイデア提供者は「MO@I」さんだな。感謝する。「MO@I」さん曰く、「私がこのカードを挙げる3を含む理由は3つ
1つ、遊戯王3期に発売されたDUELIST LEGACY Volume.3 に収録
2つ、墓地のカードを3枚まで除外し300攻撃力を上げる効果
そして3つ、モンスター、魔法罠ゾーンが3つまでのレギュレーションのデュエルリンクスで私が3枚作ったカードだからだ! 」
とのこと。3つ目は割と個人的な理由なのは置いておくとして、1つ目の理由、「遊戯王3期に発売されたDUELIST LEGACY Volume.3 に収録された」というのはなかなかにセンスのある解答だと思ったのでこのカードに決めさせてもらった。
似たような効果を持つカードに「ヴェルズ・サラマンドラ」がいるが、種族、属性、攻撃力、発動回数がことなり、また最大攻撃力ではこちらの方が勝っているので差別化は可能だろう。なにより、「3」という数字に縁があるアドバンテージがある(?)
それではそんな「3」なギミックを採用した「魂を喰らう者 バズー」を使ったデッキレシピを見ていこう。
<「魂を喰らう者 バズー」を使ったデッキレシピ>
バズー メイン
モンスター 14枚
魂を喰らう者 バズー/地/獣/1600:900/4 3枚
犬タウルス/炎/獣戦士/1500:200/3 3枚
異次元の偵察機/闇/機械/800:1200/2 3枚
終末の騎士/闇/戦士/1400:1200/4(準制限) 2枚
召喚僧サモンプリースト/闇/魔法使い/800:1600/4(制限)
黒き森のウィッチ/闇/魔法使い/1100:1200/4(制限)
獣神機王バルバロスUr/地/獣戦士/3800:1200/8
魔法カード 18枚
エアーズロック・サンライズ/通常魔法 3枚
封印の黄金櫃/通常魔法 3枚
闇の誘惑/通常魔法 2枚
炎舞-「天キ」/永続魔法(準制限) 2枚
神聖なる森/永続魔法 2枚
地獄の暴走召喚/速攻魔法 2枚
死者蘇生/通常魔法(制限)
おろかな埋葬/通常魔法(制限)
ハーピィの羽根帚/通常魔法(制限)
増援/通常魔法(制限)
罠カード 8枚
ガリトラップ-ピクシーの輪-/永続罠 3枚
スリーカード/通常罠 3枚
ディメンション・ガーディアン/永続罠
貪欲な瓶/通常罠

エクストラデッキ 15枚
トポロジック・ボマー・ドラゴン/闇/サイバース/3000/リンク4
電影の騎士ガイアセイバー/地/機械/2600/リンク3 
ファイアウォール・ドラゴン/光/サイバース/2500/リンク4
デコード・トーカー/闇/サイバース/2300/リンク3 2枚
プロキシー・ドラゴン/光/サイバース/1400/リンク2
トライゲート・ウィザード/地/サイバース/2200/リンク3
バイナル・ソーサレス/地/サイバース/1600/リンク2
幻影騎士団カースド・ジャベリン/闇/戦士/1600:0/2/エクシーズ
No.65 裁断魔人ジャッジ・バスター/闇/悪魔/1300:0/2/エクシーズ
アーマー・カッパー/水/サイキック/400:1000/2/エクシーズ
No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル/闇/昆虫/2500:800/4/エクシーズ
ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン/地/ドラゴン/3000:2000/8/融合
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン/闇/ドラゴン/2500:2000/4/エクシーズ
恐牙狼 ダイヤウルフ/地/獣/2000:1200/4/エクシーズ

~デッキ解説~
今回は「魂を喰らう者 バズー」の効果に着目し、3体まで墓地のモンスターを除外できる、という効果を生かした構築にしてみた。
まず、フィールドに「魂を喰らう者 バズー」を出す方法としては「黒き森のウィッチ」の効果でサーチする、もしくは「犬タウルス」の効果でデッキから墓地に送り「エアーズロック・サンライズ」で蘇生するという方法をとる。
このデッキにおいて「魂を喰らう者 バズー」の効果で除外するモンスターは「異次元の偵察機」が望ましい。除外されたエンドフェイズに帰還する効果があるので、除外効果が無駄にならないのだ。そのためこのデッキには「終末の騎士」や「封印の黄金櫃」、「地獄の暴走召喚」など「異次元の偵察機」を墓地に送ったり、特殊召喚に繋がるカードが採用されている。
上記の流れで自分のターンのエンドフェイズに3体の「異次元の偵察機」が攻撃表示で特殊召喚され、相手が攻撃力の低い「異次元の偵察機」を攻撃してきた場合に備え、このデッキでは「ガリトラップ-ピクシーの輪-」「スリーカード」が採用されている。前者は攻撃表示モンスターが自分フィールドに2体以上いると、相手は攻撃力の低い自分のモンスターを攻撃対象にできなくなる効果がある。上記の流れで「異次元の偵察機」を特殊召喚された場合、必ず自分フィールドには自身の効果によって攻撃力の上昇した「魂を喰らう者 バズー」がいるはずなので攻撃から守ることが出来るだろう。
後者の場合は自分の場にトークン以外の同名モンスターが3体存在するので相手の場のカードを3枚破壊し、攻撃を防いでアドバンテージを稼ぐことが出来る。
相手ターンをこれら2種類の罠カードで防ぎ、自分のターンに3体の「異次元の偵察機」を素材に「デコード・トーカー」などの強力なリンクモンスターをリンク召喚し、再び「魂を喰らう者 バズー」で墓地に送られた3体の「異次元の偵察機」を除外。さきほどの布陣に戻る、という寸法である。このデッキでは「神聖なる森」「ディメンション・ガーディアン」などの「魂を喰らう者 バズー」を守るカードも搭載してあるのでこれらのカードを駆使して戦線を維持していこう。
特に「デコード・トーカー」は魔法罠カードを対象として破壊する効果を防ぐこともできるので相性がいい。
また、「異次元の偵察機」を除外するギミックとして「闇の誘惑」「封印の黄金櫃」以外に「獣神機王バルバロスUr」もある。もう片方の獣戦士族は前述の「犬タウルス」を使うといいだろう。
他に少し変わったギミックとしては「召喚僧サモンプリースト」からの流れでランク4闇属性ドラゴン族エクシーズである「ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」をエクシーズ召喚し、獣族である「魂を喰らう者 バズー」と融合することで「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」が出せたりするぞ。
異次元の偵察機」はレベル2の闇属性モンスターなので2体揃えば相手のモンスター効果を封じることのできる「No.65 裁断魔人ジャッジ・バスター」をエクシーズ召喚可能。発動コストがエクシーズ素材2つなので即座に「異次元の偵察機」を2体墓地に置くことができ、「魂を喰らう者 バズー」からの展開に繋げることが出来る。
いかがだっただろうか?若干ネタ性は高いが決まるとなかなかに面白いデッキになったのではないかと思う。
このデッキのミソは「魂を喰らう者 バズー」が3体のモンスターを除外できるという点に着目して「スリーカード」を打つというギミックになっているので、まさに「3」に深く関係する「魂を喰らう者 バズー」にしかできないコンボと言えるだろう。
このデッキを作ろうという奇特な方が居るならば、まだまだ相性の良いカードは沢山あるので各自調整を勧める。個人的には「不知火」モンスター達を投入し効果の発動を狙う、などという流れも面白いのではないかと思う。
諸君もこのデッキを使って、「3」を意識したプレイングを磨いてみてはいかがだろうか?

さて、短いが今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:効果ダメージを与えることをメインとするカード
現在放送中のアニメ「遊戯王VRAINS」にて、主人公藤木遊作もといPlaymakerとカリスマデュエリストのブルーエンジェルのデュエル
が放送された。そのデュエルの中で注目して欲しいのがブルーエンジェルの使用するモンスター群である「トリックスター」である。
ブルーエンジェルは「トリックスター」によるその圧倒的アドバンテージの回収力と細かなバーンダメージにより、終始Playmakerを追い詰めつつも、視聴者を惹きつけるアイドルとしてのデュエルを行っていた。
ここで一つ考えたのが、闇のゲームにおいて効果ダメージカード、特にバーンに特化したギミックはやや嫌われる傾向が多い。
恐らくモンスター同士のぶつかり合いによる戦闘ダメージの応酬こそ闇のゲームらしい、と考える人が何割かを占めているからだと思われる。
しかし、真の闇ゲデュエリストならばどんなカードを使ってもエンターティィィ↑メントを魅せなければならないのではないかと私は考える。ゆえに今回はブルーエンジェルに倣い、効果ダメージを与えることをメインとするカードをお題とさせてもらった。諸君らの考えるバーンダメージかつエンタメなカードを教えてくれ。
大変申し訳ないが、来週は私の都合で休載とさせていただく。ゆえにこのお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
それではまた会おう。IN TO THE VRAINS!!
スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»