プロフィール

シェフ

Author:シェフ
※カオスな仲間とカオスな闇のゲームをしてみた公式ブログです


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


リンク


私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第89回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
ついにアニメ遊戯王アークⅤも最終回を迎えたな。この3年間いろいろあったが、いい意味でも悪い意味でも多くの経験があったと私は思う。このアニメから学んだエンタメ精神を諸君も忘れずに、次の遊戯王ブレインズを引き続きともに応援していこう。
前回の「お題」は「遊戯王アークⅤで一番好きなカード」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
RR-ライズ・ファルコン
e1ef91f4.jpg
ランク4 闇属性鳥獣族のエクシーズモンスター。皆さん大好き黒咲さんのエースにして遊戯王アークⅤのアニメ内では最高攻撃力16400を叩き出したモンスターだな。口上のカッコ良さでは定評があり、公式人気投票では2位を獲得するほど。その効果はアニメ効果とOCG効果ではやや違いがあるが、OCG効果は相手の特殊召喚されたモンスター1体の攻撃力分永続アップするというものと、アニメOCGともに相手の特殊召喚されたモンスターに全体攻撃できる効果だな。アニメ効果は相手の全ての特殊召喚されたモンスターの攻撃力の合計値分アップする代わりに、上昇がエンドフェイズまでというOCGとは相互互換な感じだ。
OCGでは効果が控えめになったせいで、実際に【RR】を組むと割と活躍の場がないという若干不遇なカードでもあるな。
アイデア提供者は「こーすー」さんだな。感謝する。「こーすー」さん曰く、「初回のデュエルでワンターンスリーキルかましたのが印象深い 」とのこと。確かにあのワンターンスリーキゥで黒咲さんの魅力にハマったデュエリストも多いのではないだろうか?
個人的に共感できるところもあったので、今回の採用とさせてもらった。
OCGの「RR-ライズ・ファルコン」ではよほど条件が整っていないとワンターンスリーキゥどころかワンターンキゥもできないと思っているデュエリスト諸君のために、今回私は「RR-ライズ・ファルコン」を使った闇ゲ動画ではあるまじきワンキルデッキを構築させてもらった。それではデッキレシピをみていこう。
<「RR-ライズ・ファルコン」によるワンターンキゥ・・・デッキ>
ライズファルコン1キル
メインデッキ 40枚
モンスター 18枚
RR-ミミクリー・レイニアス/闇/鳥獣/1100:1900/4 3枚
RR-トリビュート・レイニアス/闇/鳥獣/1800:400/4 3枚
RR-アベンジ・ヴァルチャー/闇/鳥獣/1700:100/4 3枚
RR-バニシング・レイニアス/闇/鳥獣/1300:1600/4 3枚
RR-ナパーム・ドラゴニアス/闇/鳥獣/1000:1000/4 3枚
RR-ペイン・レイニアス/闇/鳥獣/100:100/1 3枚
魔法カード 22枚
サイコ・ブレイド/装備魔法 3枚
ストイック・チャレンジ/装備魔法 3枚
チキンレース/フィールド魔法 3枚
テラ・フォーミング/通常魔法 3枚
ブラック・ガーデン/フィールド魔法 3枚
闇の誘惑/通常魔法 3枚
スワローズ・ネスト/速攻魔法 2枚
RR-ネスト/永続魔法
ハーピィの羽根帚/通常魔法(制限)

エクストラデッキ 8枚
RR-ライズ・ファルコン/闇/鳥獣/100:2000/4/エクシーズ 3枚
RR-フォース・ストリクス/闇/鳥獣/100:2000/4/エクシーズ 3枚
零鳥獣シルフィーネ/水/鳥獣/2000:2200/4/エクシーズ
RR-ブレード・バーナー・ファルコン/闇/鳥獣/1000:1000/4/エクシーズ

~デッキ解説~
今回は前述のとおり、「RR-ライズ・ファルコン」でワンターンキゥ・・・を実現するというコンセプトで構築させてもらった。実際、OCGでは【RR】デッキにおいて真面目に勝つための構築をすると抜けてしまうことも多々あるという「RR-ライズ・ファルコン」さんだが、その鉄の意思と鋼の強さをご覧に入れよう。
まず、このデッキには当然のごとく「RR-ライズ・ファルコン」をエクシーズ召喚するためのレベル4「RR」たち、および「RR」サポート魔法罠が採用されている。しかし、後述のワンキルのパーツとの相性の関係上「RR-ファジー・レイニアス」及び「RR-コール」などの展開に優れた「RR」カードは「RR」しか特殊召喚できないという制約が邪魔になるので不採用とさせてもらっている。代わりに通常の「RR」デッキでは採用されることのない「RR-ナパーム・ドラゴニアス」が採用されている。ぶっちゃけモンスターが足りないので数合わせな感じはあるが、相手プレイヤーに600ポイントのダメージを与える効果はワンターンキゥの確率を底上げするのに非常に役に立つ。同時に罠カードなどもワンキル前提なので採用されていない。絶対にこのターンで相手を仕留めるという鉄の意思と鋼の強さで乗り切るのだ。
次に説明するのはワンターンキゥの方法だ。「RR-ライズ・ファルコン」は相手の特殊召喚されたモンスター全てに攻撃できるという性質上、相手の場に特殊召喚されたモンスターが多くいればダメージを多く与えられる。
しかし、相手が都合よく攻撃力の低い特殊召喚されたモンスターを攻撃表示で大量に展開してくれるとは限らない。
ゆえに自分で相手の場に特殊召喚されたモンスターを用意する必要がある。このデッキでは「ブラック・ガーデン」が採用されている。「ブラック・ガーデン」は自分がモンスターを召喚・特殊召喚されるたびという比較的緩い条件で相手フィールドに攻撃力800という低攻撃力のトークンを生成することができる。
RR-ライズ・ファルコン」をエクシーズ召喚するためには素材が3体のため、「ブラック・ガーデン」の発動条件下でエクシーズ召喚した場合最低でも4体のトークンが相手フィールドに存在することになる。何?相手が先行で2体以上展開していた場合はトークンが出せない?知らん。私の管轄外だ。一応その場合は相手が特殊召喚している可能性が非常に高いので、その2体のモンスターも最低どちらかは特殊召喚されたモンスターである可能性が非常に高いのであまり問題にならないと思われる。
RR-ライズ・ファルコン」の攻撃力はエクシーズ召喚時には100なので「ブラック・ガーデン」の影響を受けても50ポイントしか攻撃力は減少しない。ここで効果を発動し、トークンの攻撃力分攻撃力を上昇させると攻撃力は850。このままトークンに全体攻撃しても50の差×4なので200ダメージしか与えることはできない。
そこでこのデッキでは「ストイック・チャレンジ」「サイコ・ブレイド」を使い、火力の底上げをする。前者はエクシーズモンスター限定の装備カードで、装備モンスターが効果を発動できない、エンドフェイズに墓地に送られる、このカードが破壊されると装備モンスターも破壊されるなどデメリットこそ大きいが、装備モンスターは素材の数×600ポイント攻撃力が上昇し、与える戦闘ダメージが2倍になるというもの。1度効果を使用しトークンの攻撃力分アップした「RR-ライズ・ファルコン」に装備することによって、攻撃力は850+1200で2050ポイント。攻撃力800のトークンに攻撃した場合、戦闘ダメージが1250ポイントのダメージが倍になり2500ダメージになる。これを4体のトークンに対し攻撃するため2500×4=10000ダメージという驚異的なダメージを叩き出すことが出来る。
ちなみに前述の「RR-ナパーム・ドラゴニアス」の効果ですでに600ポイントのダメージを与えていた場合、相手のライフが8000から7400になるので、このコンボで3体のトークンに攻撃するだけでワンキルが成立する。
後者の「サイコ・ブレイド」はライフを100刻みで最高2000まで払い、装備モンスターの攻撃力を払った数値分上昇させるという装備魔法。効果を使用した「RR-ライズ・ファルコン」に2000ライフを払ったこのカードを装備すれば攻撃力は2850となり、攻撃力800のトークン4体に攻撃すれば戦闘ダメージは2050×4=8200なのでこちらもきっちりワンキルになる。
参考までに両方の装備カードを装備した場合「RR-ライズ・ファルコン」の攻撃力の最高値は4050。攻撃力800のトークン4体に攻撃した場合、戦闘ダメージが倍になるので3250×2×4=26000ポイントのダメージとなる。のべデュエリストが3回死んでお釣りがくる数値だな。まさにワンターンスリーキゥ・・・といえるだろう。
最後に、このデッキのエクストラには申し訳程度に「RR-ライズ・ファルコン」以外のモンスターも採用されている。どうしても手札が悪く、状況が整わないときに使用するのもいいだろう。
その中でも「RR-ライズ・ファルコン」以外に輝けるモンスターとして「RR-ブレード・バーナー・ファルコン」がある。このモンスターは自分のライフが相手より3000以上少ない状況下でエクシーズ召喚した場合に攻撃力が3000ポイント上昇する効果をもつ。「ブラック・ガーデン」状況下では任意発動なのでチェーン2となってしまいあまり役に立たないが、無い状況下ならば4000ポイントとなる。
前述の「RR-ライズ・ファルコン」用のワンターンスリーキゥ装備2枚を使った場合、攻撃力6600の戦闘ダメージ倍のモンスターとなる。相手の攻撃力2600以下のモンスターに攻撃すれば一応ワンキルできるぞ。
このデッキには手札事故防止のために「チキンレース」が採用されているので、3枚連続で使用すれば相手よりライフが3000以上下回ることもあるので戦術上覚えておいても損はないだろう。
いかがだっただろうか?闇ゲ動画にあるまじきワンキルデッキになってしまったが、「RR-ライズ・ファルコン」の輝きを魅せるという点ではなかなかにいいデッキに仕上がったと思う。
黒咲さんごっこをしたいデュエリストならば通常の【RR】デッキにこのデッキのギミックをいくつか採用しておき、ふいに「RR-ライズ・ファルコン」でワンキルする、という戦法をとっても面白いかもしれない。
皆もこのデッキを使って、鉄の意思と鋼の強さを手に入れてみてはいかがだろうか?

さて、今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:(メイン・エクストラ)モンスターゾーンに影響するカード
最近「STARTER DECK 2017」が発売されたのは優秀なデュエリスト諸君ならご存じだろう。君はもう新たな力「リンク召喚」を手に入れたかな?このコーナーではよく私は言っていると思うが、闇ゲデュエリストたるもの常に新しいカードに目を向けていかなければならない。今回導入された「リンク召喚」もとい「リンクモンスター」は使用してみた方が居たらわかると思うがモンスターゾーンの位置関係に非常に影響される。今後闇のゲーム環境でもリンク召喚が流行る可能性が非常に高いと私は踏んでいるので、このモンスターゾーンに影響するカードが重要になるのではないかと思ったので今回のお題とさせてもらった。モンスターの場所を移動するカードやモンスターゾーンを封鎖するカードなどいろいろあるが、諸君の思った今後面白い活躍ができそうなカードを私に教えてほしい。
フィールドを真の意味で制圧し、操作するものこそ今後のリンク召喚環境及び闇ゲ環境の覇者となるのだ!
大変申し訳ないが、来週は私の都合で休載とさせていただく。ゆえにこのお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
このラストの決め台詞もそろそろ変えるかもしれないが・・・
さぁ、お楽しみはこれからだ!
スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»