プロフィール

シェフ

Author:シェフ
※カオスな仲間と闇のゲームをしてみた公式ブログです


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


リンク


私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第11回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
ペンデュラムモンスター以外のクリフォートには「アポクリフォート・カーネル」も居たな。すっかり忘れていた。すまない
前回の「お題」は「今年一番印象に残ったモンスター」だった。
そして先週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン
オッドアイズ
今年放送開始した、アニメ「遊戯王アークファイブ」にて主人公の榊遊矢が使うエースモンスターで、闇属性ドラゴン族のペンデュラムモンスターだ。今年登場した新たな召喚方法「ペンデュラム召喚」を象徴するカードだと言っても差し支えないだろう。アニメではペンデュラムモンスターの性質を生かし、融合素材でフィールドを離れたり、何度倒されてもエクストラデッキから復活するどこぞの過労死ヒーローを彷彿とさせる活躍を見せている。OCGにおいても、汎用性の高いペンデュラムモンスターサーチ効果で様々なペンデュラムデッキで活躍している優秀なモンスターだ。
アイデアを提供してくれたのは前回同様「オアチュリー・J・ムキュー 」氏だな。感謝する。やはり今年一年はペンデュラム召喚がインパクトが大きかったと私も思ったので採用させていただいた。
また、今年は初代をリスペクトしたパックの販売やカードの登場が多かったように私は感じた。
ゆえにそれら初代リスペクトなカードも混合した「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」を使ったデッキを紹介しようと思う。
<「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」を使ったデッキレシピ>
オッドアイズデッキレシピ
メインデッキ41枚
モンスター 21枚
オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン/闇/ドラゴン/2500:2000/7/ペンデュラム 3枚
ブラック・マジシャン/闇/魔法使い/2500:2100/7 3枚
星読みの魔術師/闇/魔法使い/1200:2400/5/ペンデュラム 3枚
時読みの魔術師/闇/魔法使い/1200:600/3/ペンデュラム 3枚
熟練の黒魔術師/闇/魔法使い/1900:1700/4 3枚
X-セイバー エアベルン/地/獣/1600:200/3/チューナー 3枚
黒魔導戦士 ブレイカー/闇/魔法使い/1600:1000/6
召喚僧サモンプリースト/闇/魔法使い/800:1600/4(制限)
劫火の舟守 ゴースト・カロン/闇/アンデット/500:0/2/チューナー
魔法カード 16枚
ティマイオスの眼/通常魔法
ワンダー・ワンド/装備魔法
黒・魔・導/通常魔法
死者蘇生/通常魔法(制限)
召喚師のスキル/通常魔法 2枚
補給部隊/永続魔法 3枚
魔導師の力/装備魔法
魔法都市エンディミオン/フィールド魔法 3枚
融合/通常魔法 3枚
罠カード 4枚
神の宣告/カウンター罠(制限)
融合準備/通常罠 3枚

エクストラデッキ 15枚
神樹の守護獣-牙王/地/獣/3100:1900/10/シンクロ
ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン/地/ドラゴン/3000:2000/8/融合
ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン/闇/ドラゴン/3000:2000/8/融合 2枚
呪符竜/闇/ドラゴン/2900:2500/8/融合 2枚
覇魔導士アーカナイト・マジシャン/光/魔法使い/1400:2800/10/融合

No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル/闇/昆虫/2500:800/4/エクシーズ
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン/闇/ドラゴン/2500:2000/4/エクシーズ
アーカナイト・マジシャン/光/魔法使い/400:1800/7/シンクロ
ダイガスタ・エメラル/風/岩石/1800:800/4/エクシーズ
冥界濁龍 ドラゴキュートス/闇/ドラゴン/4000:2000/10/シンクロ
魔王超龍 ベエルゼウス/闇/ドラゴン/4000:4000/10/シンクロ
セイヴァー・デモン・ドラゴン/闇/ドラゴン/4000:3000/10/シンクロ
蒼眼の銀龍/光/ドラゴン/2500:3000/9/シンクロ

~デッキ解説~
このデッキはエースモンスターである「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」、そして初代と言えば皆さんご存じ「ブラック・マジシャン」。この2体のモンスターのシナジーを考えて作られている。
オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」と「ブラック・マジシャン」が融合することにより、「呪符竜」と「ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」を状況によって使い分けることが出来る。
また「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」と「ブラック・マジシャン」は「融合準備」のサーチを共有でき、共にレベル7なので「星読みの魔術師」「時読みの魔術師」にてペンデュラム召喚が可能。
さらに、ペンデュラムカードの発動は「魔法カード扱い」のため、「魔法都市エンディミオン」や「熟練の黒魔術師」に魔力カウンターを溜めることが可能。これにより「ブラック・マジシャン」を素早く呼び出す事も出来る。
このデッキにはレベル3の獣族チューナーモンスターである「X-セイバー エアベルン」が採用されている。これにより、「ビーストアイズ・ペンデュラムドラゴン」「アーカナイト・マジシャン」「神樹の守護獣-牙王」を呼びだす事が出来る。
アーカナイト・マジシャン」は自分フィールド上の魔力カウンターを取り除いてカードを破壊できる効果があるので、エンディミオンに乗ったカウンターを利用して大量破壊もできる。
そして「融合」によって他の魔法使い族と融合することにより、「覇魔導士アーカナイト・マジシャン」になることもできる。
このデッキに1枚だけ入っている「劫火の舟守 ゴースト・カロン」は墓地のドラゴン族融合モンスターとこのカードを除外することでエクストラデッキから合計レベルと同じドラゴン族シンクロモンスターを呼びだす事のできるチューナーだ。
このデッキではレベル8のドラゴン族融合モンスターが出しやすく作られているので、融合体が除去されて墓地に言った場合、このカードを使ってエクストラデッキに居る強力なレベル10ドラゴン族シンクロモンスターを特殊召喚し戦線を維持することが出来る。
また、「劫火の舟守 ゴースト・カロン」はレベル2のチューナーなので「ブラック・マジシャン」とシンクロすれば「蒼眼の銀龍」をシンクロ召喚可能。これにより「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」に耐性を付加したり、墓地の「ブラック・マジシャン」を蘇生したりできる。
フィールド魔法が採用されているのでこのレシピには載っていないがエクストラを調整して「妖精竜エンシェント」を入れるのもいいだろう。闇属性ドラゴン族なので「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」の素材にもなる。
いかがだっただろうか。他にもいろいろ出来ることが沢山あるが、多分書き切れないような気もするのでこのあたりで解説を終了する。このデッキをもし作ろうとする方がいるなら、自分なりに枚数調整やEXのカードの入れ替えをしてみるのも悪くないかもしれない。他にも相性のいいカードはまだまだあると思われる。

さて、それでは今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:モデルが干支の動物に含まれるモンスター
次回は年明けになるのでそれらしいお題にしてみた。遊戯王には様々なモンスターが居るので、そこから諸君の推す、面白い干支モンスタ ーを見つけてくれ。それでは諸君。よいお年を。
このお題の有効期限は来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる。
それでは来年も、さぁ、お楽しみはこれからだ!
スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»