プロフィール

シェフ

Author:シェフ
※カオスな仲間と闇のゲームをしてみた公式ブログです


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


リンク


先日、コレクターズパック伝説の決闘者編が発売されたのだが、欲しいカードが結構あったので久しぶりにD-HERO ボックスガイをしてしまった。まあ通常のパックよりは1箱の値段が安いので財布が大寒波の私には嬉しい価格だ。

今回のパックで色々頭おかしいカードが出た訳だが、遊戯王の中で屈指のネタともいえる「狂戦士の魂」が収録されたということでその考察をしようと思う。
狂戦士の魂
狂戦士の魂
速攻魔法
「狂戦士の魂」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのモンスターが直接攻撃で
相手に1500以下のダメージを与えた時、
手札を全て捨てて発動できる。
自分のデッキの一番上のカードをめくり、
それがモンスターだった場合、そのモンスターを墓地へ送り、相手に500ダメージを与える。
その後、モンスター以外がめくられるまでこの効果を(最大で7回)繰り返す。
めくったカードがモンスター以外だった場合、そのカードをデッキの一番上に戻す。

流石にタッグフォース版の効果より大幅に弱体化し、めくる回数の制限と与えるダメージが少なくなったがそれでも色々面白いことができるカードだ。
攻撃力1500以下のモンスターが直接攻撃でダメージを与えれば発動できるので、エレキなどではかなり発動しやすい効果である。最近ではメインデッキ直接攻撃できるカードを入れなくても鍵魔人ハミハミハミングで直接攻撃すればすぐに発動条件を満たすことができる。

この効果で最大めくれるのは8枚でうまくいけば4000ダメージを与えられる。8枚目以降は
もうやめて!
「もうやめて!」 といって杏子が強制的に止めに入るので

HANASE
「HA☆NA☆SE」という茶番も忘れずに

発動するだけでネタになるのはいいが、コストとして手札を捨てなければならないし、めくるカードによっては少ないダメージしか与えられないのでデッキを選ぶカードである。フルモンやほぼモンスターで構成されたデッキでなければ8枚めくるのは難しい。しかし、モンスターを増やすと魔法・罠カードの枚数が減り、手札を伏せてコストを軽減する事が困難となる
決まれば4000のダメージ+8枚墓地を肥やすことができるので色々な意味でデュエルの状況を変えることになるだろう。これで止めを刺せなかった場合、ジリ貧になるのでご利用は計画的に。

アニメ版とは違い、OCGでは500ダメージのバーン効果なので一見微妙だと思うかもしれないが、一応利点もある。
攻撃力が低いので連続攻撃効果だと冥府の使者ゴーズやトラゴエディアなどのモンスターが出てくるとそこでダメージを与えられないこともある。しかしバーン効果なら確実にダメージを与えれるのでそのまま決めることもできなくはないのだ。

そしてもう一つ忘れてはならない要素として
モンスター以外のカードをめくった場合、墓地へ送らずにデッキのトップに戻すということである。
このデッキトップに戻すという処理のおかげで次にドローできるカードを確認することができるのでこれを利用するのだ。
その例を紹介しよう

使用例:ドロー!モンス…私がドローしたのは七皇の剣!!
私が引いたカードは七皇の剣!

通常ドロー以外の方法で手札に加わると腐ってしまう七皇の剣だが、狂戦士の魂でめくるとデッキトップに置かれるので次のターンに高らかにバリアンズカオスドロー!と言いながら発動できる。
ついでにモンスターが引けなくてもこのカードを引くことでドヤ顔でミザエルのように「私が引いたカードはランクアップマジック ザ・セブンス・ワンだ!」と相手に見せつけ、モンスターを引けなかった事実をカッコよく誤魔化すという高度なプレイングをすることも可能だ。

その他にもダイヤモンドガイやデーモンの宣告などの次にめくられるカードが分かっていれば有効なカードとも相性がいい。
特にダイヤモンドガイは無駄に狂戦士の魂の発動条件に合っている。
ダイヤモンドガイを軸にするならそもそも狂戦士の魂は入らないが

この記事を見て狂戦士の魂を使いたいと思ったそこの貴方! 発動時には是非ともあのセリフを言いながら発動してほしい。

何勘違いしてるんだ…まだ俺のバトルフェイズは終了してないぜ!
ノリのいい人なら必ずいいリアクションをしてくれるはずだ。狂戦士の魂のもう一つの隠された効果として発動した相手のノリを測ることができるのだ!是非とも1枚くらい余分に刺して欲しいものだ。
ちなみにシェフはテテュス軸の光天使に1枚刺してます。



スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»