FC2ブログ

プロフィール

シェフ

Author:シェフ
※カオスな仲間と闇のゲームをしてみた公式ブログです


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


リンク


私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第125回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
今回はコメントが少なかったな・・・お題が難しかったのか、新規パックに諸君の琴線に触れるカードが少なかったのか、単純に私のコーナーが人気が無くなってきたのかはわからないが。一応投稿コメントが0になるまではこのコーナー続けるつもりだ。

前回の「お題」は「「ヒドゥン・サモナーズ」のお勧めカード」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
プランキッズ・ロケット
torekado0822_dbhs-jp017.jpg

レベル5 炎属性炎族の融合モンスター。融合召喚成功時にターン終了時まで攻撃力を1000下げて直接攻撃できる効果と、自身をリリースして墓地から融合以外の「プランキッズ」を2体蘇生する起動効果をもつ。やはりダイレクトアタックは最強でござるな。
融合縛りは「プランキッズ」モンスター2体と緩く「簡易融合」に対応している。「プランキッズ」のモンスターは融合素材にした場合に展開する効果をもつので、さらなる展開の補助にもなる。若干サポートの少ない炎族であるのがネックか。
アイデア提供者は「くまみく」さんだな。感謝する。「くまみく」さん曰く「ヤリザと異なる点で「プランキッズ・シャワー」のサポートより確実にダメージを与えたり、展開されるプランキッズにより「団結の力」で打点を底上げしやすい」とのこと。「プランキッズ・シャワー」というカードは存在しないので恐らく「プランキッズ・ウェザー」のことだろうと推測する。
各種「プランキッズ]サポートによって普通の直接攻撃モンスター以上のギミックを見せられるのはこのモンスターの強みと言えるだろう。攻撃力のダウンがネックだが、そこをカバーすれば面白い運用が出来るのではないだろうか。
それではそんな「プランキッズ・ロケット」を使ったデッキレシピを見ていこう。
<「プランキッズ・ロケット」を使ったデッキレシピ>
ロケット
メインデッキ 40枚
モンスター 15枚
プランキッズ・ドロップ/水/水/1000:1000/2 3枚 
プランキッズ・パルス/風/雷/0:2000/1 3枚
プランキッズ・ランプ/炎/炎/1500:500/3 3枚
太陽風帆船/光/機械/800:2400/5 3枚
サイバー・ドラゴン/光/機械/2100:1600/5 3枚
魔法カード 17枚
プランキッズの大暴走/速攻魔法 3枚
プランキッズ・プランク/永続魔法 3枚
プランキッズ・ハウス/フィールド魔法 3枚
テラ・フォーミング/通常魔法(制限)
ハーピィの羽根帚/通常魔法(制限)
簡易融合/通常魔法 3枚
禁じられた聖槍/速攻魔法 2枚
瞬間融合/速攻魔法
罠カード 8枚
トラップトリック/通常罠 3枚
あまのじゃくの呪い/通常罠 3枚
火霊術-「紅」/通常罠 2枚


エクストラデッキ 15枚
プランキッズ・ロケット/炎/炎/2000:0/5/融合 3枚
プランキッズ・ウェザー/水/水/2000:0/5/融合 3枚
プランキッズ・ハウスバトラー/風/雷/3000:3000/10/融合
プランキッズ・ドゥードル/風/雷/2000/リンク2 3枚
プランキッズ・ロアゴン/水/水/3000/リンク4
重爆撃禽 ボム・フェネクス/炎/炎/2800:2300/8/融合(制限)
シャーク・フォートレス/闇/魚/2400:1800/5/エクシーズ 2枚
起爆獣ヴァルカノン/地/機械/2300:1600/6/融合

~デッキ解説~
今回は「プランキッズ・ロケット」に特化した特殊な「プランキッズ」デッキとして構築してみた。
先ほど説明したように「プランキッズ・ロケット」は各種「プランキッズ」サポートを受けることが出来、かつ縛りが緩いので非常に特殊召喚しやすい部類だ。
「プランキッズ」はリクルート、サーチ、トークン生成効果など優秀なカードが多々あるので「プランキッズ・ロケット」の融合召喚に至るまでのルート説明は多すぎるし、読者がこのコーナーで求めている物ではないと思うのでは割愛させていただく。
さて、実際に「プランキッズ・ロケット」を特化させていくうえでネックになるのは直接攻撃効果を使用するための攻撃力ダウンのデメリットである。一応「プランキッズ・ハウス」は融合召喚時に「プランキッズ」の攻撃力を上昇させる効果があるが、1000ダウンに500アップだと若干割に合わない。
「プランキッズ」自体は大量展開に長けているので、「団結の力」などを併用すれば高火力を出すことが出来るが、ここで私はあえてデメリットを逆手にとるギミックとして「あまのじゃくの呪い」を紹介したい。
あまのじゃくの呪い」は発動ターン攻撃力のアップ・ダウンが逆になるという他に類を見ないカード。これによってデメリットの攻撃力1000ダウンをアップに変更し、攻撃力3000のダイレクトアタッカーとして運用できる。
また「プランキッズ・ロケット」は炎属性なので「火霊術-「紅」」でリリースして2000ダメージを与えることも可能。引導火力としては十分だろう。
これらの罠カードは両方とも通常罠なので「トラップトリック」でデッキから引っ張ることが出来る。状況を見て使い分けよう。
あまのじゃくの呪い」は「禁じられた聖槍」のような魔法罠の効果を受けなくなった状態でも攻守変動の逆転が起きるので、魔法罠に耐性を付与しながら攻守を800上げるギミックとしても使用できる。
他のギミックとして、このデッキでは手札から特殊召喚しやすいレベル5モンスターを採用している。「簡易融合」が抜群のシナジーを誇る「プランキッズ」ではレベル5モンスターを展開するギミックを入れるとランク5エクシーズが視野に入るのだ。
これによって自分の任意のモンスターに2回攻撃を付与できる「シャーク・フォートレス」をエクシーズ召喚し「プランキッズ・ロケット」を対象に発動。前述のコンボで3000の2回攻撃を決めることが出来る。そこに「火霊術-「紅」」が決まれば3000×2+2000=8000のジャストキルという謎のロマンショットキルが完成するぞ。
また、「瞬間融合」はフィールドでのみ融合できる速攻魔法。バトルフェイズ中の追撃に「プランキッズ・ロケット」を融合してもいいだろう。この効果で融合召喚したモンスターはターンの終了時に破壊されてしまうが「プランキッズ・ロケット」は自身をリリースして「プランキッズ」を展開する効果があるので気にならない。「プランキッズの大暴走」とは違いバトルフェイズ中でも発動できるのがミソだな。
プランキッズ・ロケット」は炎族なので前述の手札展開効果を持ったレベル5の機械族モンスター達と融合して「起爆獣ヴァルカノン」や「重爆撃禽 ボム・フェネクス」を融合召喚し、さらなるバーン火力で相手を追い詰めよう。特に前者は「瞬間融合」とのシナジーが高い。
いかがだっただろうか?若干カテゴリーギミック多めのデッキになってしまったが、ある程度はオリジナリティのある闇ゲらしいデッキになったのではないかと思う。このデッキを組もうという方が居たらまだまだ相性のいいカードは沢山あるので各自調整を勧める。個人的には「団結の力」などを併用する装備魔法軸なのであれば「閃光の双剣−トライス」などを採用してみても面白いのではないかと思う。
諸君もこのデッキを使って、必殺ロケットでぶっ飛んだデュエルを魅せてみてはいかがだろうか?

さて、今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:一押しのアンデット族モンスター
ここ最近、新規パック・書籍付録・次のストラクチャー・アニメオリカなどなど、アンデット族の強化が目立つ。コナミの押しなのかもしれないな。せっかくなのでこのビックウェーブにあやかり、諸君の一押しのアンデット族をお題とさせてもらう。
このお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
それではまた会おう。IN TO THE VRAINS!!
スポンサーサイト
私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第124回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
先週のコメントで多くの人が誕生日を祝ってくれたのでありがたい。諸君には感謝する。来年の誕生日にまたこの企画をやることになるかはわからないが、来年まで続けられるように頑張りたいと思う。

前回の「お題」は「「SOUL FUSION」収録のお勧めカード」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
通販売員(ツーマン・セールスマン)
440448_1531523390512.jpg
レベル2 光属性戦士族の効果モンスター。起動効果でお互いに手札を選んで公開し、同じ種類(モンスター・魔法・罠)だった場合それぞれ効果を適用するモンスター。モンスターの場合はお互いに見せたモンスターを特殊召喚でき、魔法の場合はお互いに2枚ドロー、罠の場合はお互いにデッキからカード2枚を選んで墓地に送る効果という他に類を見ない効果。
アイデア提供者は「くまみく」さん「たふねす」さんだな。感謝する。二人ともこのカードのトリッキーな効果に注目して候補に挙げたようだ。ちなみに効果だけでなく、レベル2なのに攻守1200とそこそこ優秀なステータスを持っていたりする。
イラストでは2人のセールスマンが「白兵戦型お手伝いロボ」「ダストンのモップ」を8000万で販売している。絶対買わねぇ。
セールスマンのイラスト調が若干どこかの王国の店長を彷彿とさせるが、まぁ偶然だろう。効果もステータスもイラストも、良くも悪くもノーマルレアなカードであると言える。
それではそんな不思議なカード、「通販売員」を使ったデッキレシピを見ていこう。
<「通販売員」を使ったデッキレシピ>
絶望のセールスマン
メインデッキ 41枚
モンスター 17枚
通販売員/光/戦士/1200:1200/2 3枚
守護神官マハード/光/魔法使い/2500:2100/7 3枚
悪魔嬢リリス/闇/悪魔/2000:0/3 3枚
悪王アフリマ/闇/悪魔/1700:0/4 3枚
The suppression PLUTO/闇/悪魔/2600:2000/8 2枚
闇黒の魔王ディアボロス/闇/ドラゴン/3000:2000/8
ジャンク・シンクロン/闇/戦士/1300:500/3/チューナー
BF-隠れ蓑のスチーム/闇/鳥獣/800:1200/3/チューナー(制限)
魔法カード 7枚
闇黒世界-シャドウ・ディストピア-/フィールド魔法 3枚
テラ・フォーミング/通常魔法(制限)
ハーピィの羽根帚/通常魔法(制限)
増援/通常魔法(制限)
地獄の暴走召喚/速攻魔法
罠カード 17枚
トゥルース・リインフォース/通常罠 3枚
トラップ・トリック/通常罠 3枚
マインドクラッシュ/通常罠 3枚
闇のデッキ破壊ウイルス/通常罠 3枚
迷い風/通常罠 3枚
貪欲な瓶/通常罠 2枚

エクストラデッキ 15枚
水晶機巧-ハリファイバー/水/機械/1500/リンク2
見習い魔嬢/闇/魔法使い/1400/リンク2 2枚
トロイメア・ケルベロス/地/悪魔/1600/リンク2
聖騎士の追想 イゾルデ/光/戦士/1600/リンク2
デコード・トーカー/闇/サイバース/2300/リンク3
ヴァレルロード・ドラゴン/闇/ドラゴン/3000/リンク4
TG ブレード・ガンナー/地/機械/3300:2200/10/シンクロ
スターダスト・ウォリアー/風/戦士/3000:2500/10/シンクロ
TG ハイパー・ライブラリアン/闇/魔法使い/2400:1800/5/シンクロ(制限)
月華竜 ブラック・ローズ/光/ドラゴン/2400:1800/7/シンクロ
ジャンク・ウォリアー/闇/戦士/2300:1300/5/シンクロ
No.29 マネキンキャット/光/獣/2000:900/2/エクシーズ
TG ワンダー・マジシャン/光/魔法使い/1900:0/5/シンクロ/チューナー
フォーミュラ・シンクロン/光/機械/200:1500/2/シンクロ/チューナー

~デッキ解説~
今回は「通販売員」の効果に注目し、ピーピング及び手札操作に長けたウイルスカードとのシナジーのある「闇黒世界-シャドウ・ディストピア-」をベースにしたデッキ構築にさせてもらった。
まず「通販売員」をフィールドに呼ぶ方法だが、戦士族なのでお馴染みの「増援」に始まり、レベル2なので「トゥルース・リインフォース」を使えばデッキから即座に特殊召喚可能。
トゥルース・リインフォース」は通常罠なので「悪魔嬢リリス」や「トラップ・トリック」でデッキからセットできる。
次に「通販売員」の効果を生かす方法だ。「通販売員」の効果を適用させるためにはお互いに同じカードを提示する必要がある。しかし、失敗した場合でもピーピング自体は可能。ゆえに「マインドクラッシュ」や「The suppression PLUTO」とコンボすることが可能。
前述の「闇黒世界-シャドウ・ディストピア-」と「闇のデッキ破壊ウイルス」とコンボさせることによって、相手の手札の操作がある程度可能。お勧めはあまり手札に残ることの少ない罠カードを宣言して「通販売員」で見せるカードを魔法かモンスターにすれば効果が決まりやすい。魔法カードで揃った場合相手も2ドローしてしまうが「闇のデッキ破壊ウイルス」の効果適用によってドローしたカードを確認しつつ罠カードを破壊できる。
また、このデッキでは「守護神官マハード」が採用されている。「守護神官マハード」は闇属性モンスターと戦闘を行う場合、攻撃力が倍になる効果をもつ。フィールドのモンスターを全て闇属性に変更する「闇黒世界-シャドウ・ディストピア-」とは非常に高相性。また「守護神官マハード」はドローされた場合に手札から特殊召喚できる効果があるので「通販売員」のドロー効果とも相性がいい。手札に既にいる場合は「通販売員」の効果で手札から特殊召喚できれば、相手が手札から特殊召喚したモンスターを攻撃力5000で攻撃できる。
通販売員」はレベル2で攻撃力1200と高いステータスをしているので「ジャンク・シンクロン」から蘇生し「地獄の暴走召喚」を決めれば「ジャンク・ウォリアー」をシンクロし、攻撃力2400アップまでつなげることが出来る。
同様の展開で「ジャンク・シンクロン」と「通販売員」でリンク召喚し「水晶機巧-ハリファイバー」を作って「BF-隠れ蓑のスチーム」を出せば更なる展開に繋げることも可能。「BF-隠れ蓑のスチーム」自体は闇属性かつ墓地から特殊召喚する効果はリリースなので「闇黒世界-シャドウ・ディストピア-」などとも相性がいい。
他に変わったコンボとしては「闇黒世界-シャドウ・ディストピア-」があり、「通販売員」2体が並んだ状況で2回効果を使用し、相手の手札を1枚以上把握しておく。「通販売員」はレベル2なのでランク2エクシーズをして「No.29 マネキンキャット」をエクシーズ召喚。「No.29 マネキンキャット」の効果で相手の墓地からモンスターを特殊召喚し、その特殊召喚をトリガーに「No.29 マネキンキャット」の効果を発動。「闇黒世界-シャドウ・ディストピア-」が発動されていればデッキから闇属性モンスターを特殊召喚できるので、「The suppression PLUTO」を特殊召喚する。この時点で相手の手札は把握できているので「The suppression PLUTO」の効果で相手のモンスターか魔法罠を奪うことが出来る。「No.29 マネキンキャット」の時点で奪いたい相手の墓地のモンスターを選択しておくのも悪くないだろう。
いかがだろうか?若干コンボ色が強いが、なかなかにトリッキーなデッキになったのではないだろうかと思う。このデッキを作ろうという方が居たら、まだまだ相性のいいカードは沢山あるので各自調整を勧める。個人的には前述の「No.29 マネキンキャット」の動きの強化のために「バージェストマ」カードを採用し、レベル2モンスターを出しやすくする動きも面白いのではないかと思う。
諸君もこのデッキを使って、「通販売員」の面白さに触れてみてはいかがだろうか?

さて、今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:「ヒドゥン・サモナーズ」のお勧めカード
新規パックの考察をしていたらすぐ次のパックの発売日が迫ってくる。というわけで引き続き、新規カードの考察のため、このお題とさせてもらう。新規カードから新たなコンボが生まれ、新たな闇のゲームが生まれるのだ!
このお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
それではまた会おう。IN TO THE VRAINS!!
私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第123回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
今回誰もコメントが無くてしょんぼりすることがなくて、非常に今安心しているぞ。諸君の様々なプレゼントに感謝する。流石にこの歳になると誕生日は嬉しさ半分悲しさ半分だが・・・
前回の「お題」は「メイジにプレゼントしたいカード」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
No.33 先史遺産-超兵器ラピュタマシュ=マック
先史遺産ラピュタこの画像じゃないな。
hbst-s_yg-redu-jp043ur.jpg

ランク5 光属性機械族のエクシーズモンスター。相手フィールドの元々の攻撃力から変化しているモンスター1体を対象に、そのモンスターの元々の攻撃力と現在の攻撃力の差分のダメージを相手プレイヤーに与え、その数値分このカードの攻撃力をアップさせる効果をもつ。ご存じ私の闇ゲにおける原点のモンスター。そのイラストイメージからムスカの名言を連呼しながら戦えるというモンスターだな。「先史遺産」なのでカテゴリサポートを受けられなかなか強力だが、単体で効果を使うには少し難しい印象のあるカードだな。
アイデアの提供者は「こーすー」さんだな。感謝する。「こーすー」さん曰く「やっぱりメイジさんと言えばこれかな、と思ったので(・∀・) 」とのこと。結構違うデッキも動画で使っているのだが、未だにこのカードのイメージがあるのか・・・。まぁこのアバターを使っている時点で確定なのだが。
さて、普通であれば「No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック」を使ったコンボデッキなどを紹介するところだが、今回はせっかくなので私の現行の【先史遺産ムスカ】のレシピを紹介したいと思う。
<「先史遺産ムスカ」のデッキレシピ>
ムスカ
メインデッキ 41枚
モンスター 17枚
先史遺産ゴールデン・シャトル/光/機械/1300:1400/4 3枚
先史遺産クリスタル・ボーン/光/岩石/1300:400/3 3枚
先史遺産クリスタル・スカル/光/岩石/900:600/3 3枚
先史遺産ネブラ・ディスク/光/機械/1800:1500/4 3枚
先史遺産モアイ/地/岩石/1800:1600/5 2枚
先史遺産マッドゴーレム・シャコウキ/地/岩石/1700:1000/4
古代の機械巨人/地/機械/3000:3000/8
オネスト/光/天使/1100:1900/4
魔法カード 18枚
先史遺産技術/通常魔法 3枚
先史遺産-ピラミッド・アイ・タブレット/永続魔法 2枚
RUM-アージェント・カオス・フォース/通常魔法
アイアンドロー/通常魔法
グローリアス・ナンバーズ/通常魔法
リミッター解除/速攻魔法(制限)
簡易融合/通常魔法
救援光/通常魔法
月の書/速攻魔法
幻夢境/フィールド魔法
死者蘇生/通常魔法(制限)
重力砲/装備魔法
成金ゴブリン/通常魔
先史遺産都市バビロン/フィールド魔法
魔界の足枷/装備魔法
罠デッキ 6枚
デモンズ・チェーン/永続罠
マグネット・フォース/通常罠
砂塵の大嵐/通常罠
進入禁止!No Entry!!/通常罠
奈落の落とし穴/通常罠
貪欲な瓶/通常罠

エクストラデッキ 15枚
CNo.6 先史遺産カオス・アトランタル/光/機械/3300:3300/7/エクシーズ
No.6 先史遺産アトランタル/光/機械/2600:3000/6/エクシーズ
No.36 先史遺産-超機関フォーク=ヒューク/光/機械/2000:2500/4/エクシーズ 3枚
No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック/光/機械/2400:1500/5/エクシーズ 3枚
先史遺産クリスタル・エイリアン/光/サイキック/2100:1000/3/エクシーズ 3枚
鋼鉄の巨兵/地/岩石/1300:2000/3/エクシーズ
アンデット・ウォーリアー/闇/アンデット/1200:900/3/融合
ナイトメアを駆る死霊/闇/アンデット/800:600/5/融合
CNo.5 亡朧龍 カオス・キマイラ・ドラゴン/闇/ドラゴン/0:0/6/エクシーズ


~デッキ解説~
今回はせっかくなので私の【先史遺産ムスカ】の解説をしたいと思う。とはいってもこのデッキはそもそもデュエルに勝つことではなく相手の腹筋を破壊することを重要視したデッキなので、そこまで強力なコンボは搭載されていない、リンクモンスターもない結構古いデッキだ。デュエル中にムスカ大佐の名言を連呼できるように構築されている。
まず、このデッキのカードのほどんどにそれぞれムスカ大佐の専用セリフが設定されている。このデッキを作ったときにそれを全部覚えるのは骨が折れたが、エクストラデッキ15枚のモンスターの召喚口上を全部暗唱できる闇ゲデュエリストの諸君なら余裕だろう。
デッキの回し方としてはぶっちゃけほとんど【先史遺産】なので割愛させてもらう。
ここではカオス闇ゲwikiにもある程度記載させてもらっているが、各種カードのムスカネタについて解説させてもらう。とはいってもwikiで説明しているカードの解説は割愛となる。
まず、動画には登場しなかった強力な「先史遺産」サーチカードの「先史遺産ネブラ・ディスク」だが、これはムスカ大佐が飛行船「ゴリアテ」で飛行石と併用して使用していた羅針盤となる。「先史遺産ネブラ・ディスク」の元ネタ自体が天文盤なので、まぁそこまで外れてはいないだろう。召喚時には「このまま進め。光は常に雲の渦の中心を指している」と言ってムスカ大佐のセリフを言いつつ、「先史遺産」をサーチしよう。手札に加えるのは火力サポートの「先史遺産-ピラミッド・アイ・タブレット」(素晴らしい!古文書にあった通りだ!)か「先史遺産クリスタル・スカル」(飛行石)がおススメだ。特に後者の場合、そのまま効果で「先史遺産」モンスターをサーチできるので「先史遺産ゴールデン・シャトル」もといゴリアテを呼び寄せた後に「将軍に伝えろ。予定通りラピュタに出発すると」とムスカのセリフに繋げることが出来る。
実際、次のターンに「先史遺産ネブラ・ディスク」が墓地に行っていても「先史遺産ゴールデン・シャトル」を召喚すれば自己蘇生でき、そこから「先史遺産ゴールデン・シャトル」の効果でレベルを上げて「No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック」(ラピュタ)に行くことが出来るのでイメージとしてもテンポとしても再現できる。
次に、昔搭載していた「魔宮の賄賂」の代わりに「成金ゴブリン」を採用している。これはどちらでも「これはわずかだが、心ばかりのお礼だ。とっておきたまえ。」のセリフネタが使えるため、デッキの回転率を高めるためにこちらに差し替えさせてもらった。
同様に「エクシーズ・リボーン」も速攻性を考え「グローリアス・ナンバーズ」に変更。どちらにせよラピュタを復活できるカードなので問題ない。
幻夢境」は動画には登場していないフィールド魔法だ。イラストが浮遊している島なのでまんまラピュタだな。発動時には「君はラピュタを宝島か何かのように考えているのかね」と言って発動しよう。このカードはフィールドにいるシンクロ・融合・エクシーズによって適用される効果が変わる。このデッキではフィールドに出てくるのはエクシーズがほとんどなので、エクシーズの場合の効果が適用され、自分のエンドフェイズごとにフィールドの最もレベルの高いモンスターを破壊する。span正にラピュタの雷がモンスターを襲うわけだな。ちなみにこの効果は強制なので、レベル8の「古代の機械巨人」などが自分フィールドに存在しているときに運用する場合は注意が必要だ。
簡易融合は「No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック」や「先史遺産クリスタル・エイリアン」のエクシーズ素材を揃える上で汎用性が高く、もちろんカップ麺カードなのでお馴染み「3分間待ってやる!!」の名セリフを言うこともできる。さらに、この効果でEXデッキから特殊召喚される融合モンスターは全てアンデット族なので「脅えることはない、こいつは始めから死んでいる」と1枚でムスカ大佐のセリフを2回言える美味しいカードだ。
新規カードである「アイアンドロー」は機械族が多めなこのデッキとも好相性。現状ムスカネタはないが、なにか思いつけはそのうちやるかもしれないし、もしかしたら抜いてしまうかもしれない。
貪欲な瓶」は「スケープ・ゴート」に代わる「バカどもにはちょうどいい目くらましだ」のセリフのためのカード。ラピュタの上の城にあった財宝を指すので、まさに貪欲な宝といったところだろう。
デモンズ・チェーン」で「撃つな捕らえろ!!」ということが出来る。これはシータをムスカ大佐が発見したときに部下に言ったセリフである。まさに相手をと らえることが出来るのでしっくりくる。この効果で相手の女性型モンスターなどを対象にした場合は「これはこれは王女様ではないか」と続ければさらにそれっぽい。過去に私は「プリンセス・コロン」の効果をこれで無効にしたことがあったが正に王女様だった。
マグネット・フォース」は昨今多いモンスター効果による除去からラピュタを守ることが出来る。このカードを使って相手の除去が不発に終わったときは「閣下、そんなことをせずとも入れますよ」とムスカ大佐を優しいセリフを持って余裕を見せよう。
大嵐」が禁止になってしまったのでしばらくの間このデッキでは「ラピュタは嵐の中にいる、聞こえないのか、このまま進むんだ、必ず入り口はある」のセリフが言えなくなっていたのだが「砂塵の大嵐」の登場によってこのセリフネタが復活した。
EXデッキには動画で使用していなかったカードとして「No.36 先史遺産-超機関フォーク=ヒューク」がある。イラスト的にラピュタ中枢の巨大飛行石なので召喚口上は「見たまえ、この巨大な飛行石を、これこそラピュタの力の根源なのだ!!」と言って700年もの間王の帰りを待っていた巨大飛行石を発見した感動を相手プレイヤーに伝えよう。
鋼鉄の巨兵」縛りが岩石族レベル3×2と「先史遺産」では出しやすく、イラストもロボット兵っぽいので採用。「先史遺産クリスタル・エイリアン」との使い分けになるだろう。
最後に、「RUM-アージェント・カオス・フォース」についての運用だが・・・このネタは秘密にしておこう。もし今後このデッキが再び動画になるようなことがあれば使うことがあるかもしれない。期待しておいてくれ。一つだけ言えるのはムスカごっこが間違いなく捗るということだ。
いかがだっただろうか?相変わらずまとまりのない意味☆不明なカードの多いデッキだが、このデッキを見て諸君のネタデッキへの意欲や参考になれば幸いだ。このデッキを組もうという方が居たらまだまだ)(ムスカネタと)相性のいいカードはあると思うので各自調整を勧める。個人的にはムスカネタとシナジーのある縛りの緩いリンクモンスターなどが来たら「精神操作」などの一時的にコントロールを奪うカードを採用して「私はムスカ大佐だ、ロボットにより通信回路が破壊された、緊急事態につき私が臨時に指揮をとる」と言って臨時に相手モンスターの指揮をとり、リンク素材などにしてしまうのも面白いかもしれない。
諸君もこのデッキを使って、ネタデッキの面白さとムスカ大佐の素晴らしいセリフの数々でエンタメをしてみてはいかがだろうか?

さて、今回もここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:「SOUL FUSION」収録のお勧めカード
気づけばもう新パックの発売が今週末に迫っている。今回も新カードの考察のためこのお題とさせてもらう。
闇ゲデュエリストたるもの常に新しいカードに目を向けていかなければならないのだ!!
このお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
それではまた会おう。IN TO THE VRAINS!!
私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第122回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
そういえばそろそろ7月になる。新しいリミットレギュレーションの施行だな。私のデッキには何の影響もなかった、というかメリットしかなかったが、諸君のデッキはどうだろうか?「キャノン・ソルジャー」が禁止になるが、根本的な解決になって内容が気がするのは私だけなのだろうか・・・

前回の「お題」は「「STRUCTURE DECK -マスター・リンク-」のお勧めカード」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
シューティングコード・トーカー
ballsparty_yg-sd34-019.jpg
リンク3 水属性サイバース族のリンクモンスター。今回のストラクの看板カードだな。リンク先のモンスターの数だけ攻撃回数が増える効果と、相手が1体のみだと攻撃力が下がる効果、バトルフェイズ終了時にこのカードが戦闘破壊したモンスターの数だけドローできる効果をもつ。複数回攻撃とドロー効果が非常に強力だが、縛りがややきつくサイバース族2体以上となっている。「コード・トーカー」であることも踏まえて、【サイバース族】で運用するのがいいと思われるな。
アイデア提供者は「ばんてふ」さんだな。感謝する。「ばんてふ」さん曰く「連撃に大量ドローっていいよね…… 」とのこと。確かに連続攻撃と大量ドローはある意味ロマンと言ってもいいだろう。それが両方できるのだからこのカードはなかなかにロマン性あふれるカードと言える。思えばアニメの歴代主人公も絶対に1回は連続攻撃カード使ってた気もする。
それではそんなロマンあふれるサイバース族の新星「シューティングコード・トーカー」を使ったデッキレシピを見ていこう。
<「シューティングコード・トーカー」を使ったデッキレシピ>
シューティングコード・トーカー
メインデッキ 40枚
モンスター 21枚
コード・ラジエーター/水/サイバース/1600:800/4 3枚
マイクロ・コーダー/闇/サイバース/300::0/1 3枚
レディ・デバッガー/光/サイバース/1700:1400/4 3枚
サイバース・ガジェット/光/サイバース/1400:300/4 2枚
ROMクラウディア/闇/サイバース/1800:0/4 2枚
バックアップ・セクレタリー/光/サイバース/1200:800/3 2枚
サイバース・ホワイトハット/光/サイバース/1800:2400/6
ドットスケーパー/地/サイバース/0:2100/1
スタック・リバイバー/闇/サイバース/100:600/2
レイテンシ/光/サイバース/0::0/1
プロフィビット・スネーク /光/サイバース/500::1000/2
SIMMタブラス/闇/サイバース/0:1800/5
魔法カード 12枚
団結の力/装備魔法 3枚
ワンタイム・パスコード/通常魔法 3枚
おろかな埋葬/通常魔法(制限)
ハーピィの羽根帚/通常魔法(制限)
ワン・フォー・ワン/通常魔法(制限)
貪欲な壺/通常魔法
サイバネット・オプティマイズ/永続魔法
サイバネット・コーデック /永続魔法
罠カード 7枚
サイバネット・コンフリクト/カウンター罠 2枚
リコーデッド・アライブ/通常罠 2枚
おジャマトリオ/通常罠
パラレルポート・アーマー/通常罠
リミット・コード/通常罠

エクストラデッキ 15枚
シューティングコード・トーカー/水/サイバース/2300/リンク3 3枚
デコード・トーカー/闇/サイバース/2300/リンク3
エンコード・トーカー/光/サイバース/2300/リンク3
エクスコード・トーカー/風/サイバース/2300/リンク3
パワーコード・トーカー/炎/サイバース/2300/リンク3
トランスコード・トーカー/地/サイバース/2300/リンク3
ハニーボット/光/サイバース/1900/リンク2
リンク・ディサイプル/光/サイバース/500/リンク1
アンダークロックテイカー/闇/サイバース/1000/リンク2
ペンテスタッグ/闇/サイバース/1600/リンク2
トートバック・ランサー/闇/サイバース/1200/リンク1 2枚

~デッキ解説~
今回は「シューティングコード・トーカー」を主軸に置いた【コード・トーカー】をベースに構築させてもらった。基本的にはサイバース族の豊富な手札展開手段を使用しながら「シューティングコード・トーカー」を出し、連続攻撃に繋げていくのだが、今回の「STRUCTURE DECK -マスター・リンク-」の新規カードのおかげでより素早く確実に、手札消費を抑えつつ並べることが出来るようになったのは大きい。
特に「マイクロ・コーダー」は手札で「コード・トーカー」モンスターのリンク素材にしつつサーチ効果のある「サイバネット・コーデック」や戦闘メインの「シューティングコード・トーカー」とも相性のいい「サイバネット・オプティマイズ」、相手ターンの除去に対する対策としての「サイバネット・コンフリクト」などをサーチできるのが大きい。
マイクロ・コーダー」自体がレベル1であり、各種サーチ・サルベージ・蘇生などに対応しているのも大きいな。特に「サイバース・ガジェット」などで蘇生した場合、フィールドでの効果は無効になるが素材にした場合の効果は普通に発動できるので、サイバース族をサーチしつつトークンを展開できる。実質1枚で「シューティングコード・トーカー」のリンク先も確保できるわけだ。
また「シューティングコード・トーカー」は連続攻撃効果を使うバトルフェイズ開始時にはこのカードのリンク先にモンスターがいるという性質上、非常に「団結の力」と相性がいい。
「コード・トーカー」モンスターを勢ぞろいさせての「団結の力」とか非常にかっこよくてロマンだな。
少し変わったところでは複数回攻撃が可能なので手札にある「プロフィビット・スネーク」の①②の効果を1ターンで両方使えるというのもミソだろう。手札に「プロフィビット・スネーク」がいるときに1回目の攻撃で①の効果を使って強力な相手モンスターをバウンスし、2回目の攻撃で別のモンスターを戦闘破壊して②の効果を使い墓地からレベル4以下のサイバース族を回収することが出来る。
この場合相手ターンに攻撃される場合を考え「プロフィビット・スネーク」自身を回収しておくのもありだし、「レイテンシ」などを回収して特殊召喚し、メインフェイズ2の展開とドローに繋げていくのもありだろう。
逆に「プロフィビット・スネーク」が既に墓地に落ちており、相手モンスターが2体などの場合は1回目の攻撃で相手モンスターを破壊し「プロフィビット・スネーク」自身を回収し、相手が1体になった場合の「シューティングコード・トーカー」のデメリットの攻撃力ダウンを回収した「プロフィビット・スネーク」を使って相手モンスターをバウンスしてカバーするという芸当も可能。ただし、相手モンスターを戦闘で破壊したわけではないので「プロフィビット・スネーク」を使った場合その戦闘分の「シューティングコード・トーカー」のドローはないのでプレイングに注意が必要だ。
この手の連続攻撃デッキにありがちな弱点として、相手がモンスターをあまり場に出さない構築であったり、そもそも戦闘破壊に耐性のあるモンスターを出してきたり、攻撃時に崇高なるバリア-ハノイ・フォース-聖なるバリア −ミラーフォース−」のような除去を撃ってきたりするケースも多々ある。
一応それらの弱点をカバーするカードもいくつか投入しているので紹介しておこう。
相手がモンスターをあまり場に出さない構築だった場合、例えばスピリットデッキや1体のモンスターで無双する系のデッキだな。
そのようなデッキの場合「シューティングコード・トーカー」の連続攻撃を生かすのは難しい。
しかし、このデッキではそのような場合の対策として「おジャマトリオ」を採用している。
これによって相手フィールドに送り付けたトークンを的にすることが出来る。「ペンテスタッグ」のリンク先に「シューティングコード・トーカー」を出すことが出来れば貫通効果を付与できるので、より大きなダメージを与えることが出来るだろう。モンスターをあまり場に出さないデッキは「拮抗勝負」などの除去を使ってくる場合のあるので、それの対策としても使用できるので覚えておこう。
次に戦闘破壊耐性のあるモンスターに対する対策だが、前述の「プロフィビット・スネーク」でバウンスしてしまうのも手だが、下級の壁モンスターなどだと埒が明かない。その場合は今回同「STRUCTURE DECK -マスター・リンク-」に新規収録された「コード・ラジエーター」が役に立つ。このカードは前述の「マイクロ・コーダー」同様手札で「コード・トーカー」モンスターのリンク素材にすることが出来、リンク素材になった場合、相手モンスター1体を対象にして攻撃力を0にし効果を無効にできる効果をもつ。これによって戦闘破壊耐性を無効にしてしまおう。攻撃力も0なので大ダメージを狙うことが出来る。
攻撃誘発系のカードには前述の「サイバネット・オプティマイズ」による対策がおススメだ。「コード・トーカー」モンスターの戦闘時に相手の魔法・罠・モンスター効果の発動を封じてくれる。この手の効果の強力さは「SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング」で諸君は身に染みているだろう。
他にも「パラレルポート・アーマー」や「ハニーボット」を使って効果対象耐性を付与しておくのもいいだろう。
いかがだっただろうか?若干ごり押しになったがなかなかロマンなデッキに仕上がったと思う。
このデッキを作ろうという方がいたら、まだまだ相性のいいカードは沢山あるので各自調整を勧める。
個人的には最悪ボッチでも使える「閃刀機構-ハーキュリーベース」を入れてドローを加速させたり、相手ターンにリンク先のモンスターを攻撃された場合に備えて「立ちはだかる強敵」などを入れて相手ターンもドローを狙ってみるなども面白いのではないかと思う。
諸君もこのデッキを使って連続攻撃とドローのロマンに酔いしれてみてはいかがだろうか?

さて。今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:メイジにプレゼントしたいカード
再来週、つまり次回のこのコーナーの予定日なのだが・・・・・7月11日。なんと偶然にも私の誕生日なのである!!(ガチです)
このコーナー及びこのブログは正確にはカオス闇ゲとしての活動ブログなので本当は私事でこんなお題を出してはいけないのだが、一応シェフ氏から許可も貰ったのでこのお題とさせてもらう。諸君のプレゼントに期待する。
このお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。あと私がすんげぇしょんぼりする。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
それではまた会おう。IN TO THE VRAINS!!
私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第121回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
沢山。とは書いたが今回はコメントが2件しかなかったな・・・難しいお題だったかな?とはいっても新規カードパックのお題だったので今回のパックの新規カードがあまり諸君の食指に触れなかったということなのだろうか。

前回の「お題」は「「DUELIST PACK -レジェンドデュエリスト編3-」のお勧めカード」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
青き眼の激臨
realize0811_dp20tt05.jpg
このカードを含む自分の手札・墓地・フィールドのカードを裏側で除外してデッキから「青眼の白龍」を3体まで特殊召喚する速攻魔法。発動ターン「青眼の白龍」以外召喚・特殊召喚できないデメリットが付いている。
多大なデメリットを負って「青眼の白龍」を3体出すという超豪快な効果を持ったカードだな。
全ての直接攻撃がきまればワンターンキゥ・・・も夢ではない。効果処理にこのカード自体を除外することが含まれているため、「サイクロン」などをチェーンして撃たれるとなにも出せないという意外な弱点もある。
アイデア提供者は「MO@I」さんだな。感謝する。「MO@I」さん曰く「条件が厳しすぎて扱いがかなり難しいが使えればイラストもやりたい事も100億万点なこのカードをどうか」とのこと。
イラストを見れば社長が「青眼の白龍」を並べたシーンを彷彿とさせる他、バンダイ版の「青眼三体連結」を思い出したのは私だけではないはずだ。
ロマンを求めるこのようなカードこそ闇のゲームらしいと私は考える。
それではそんなロマンたっぷりの「青き眼の激臨」を使ったデッキレシピを見ていこう。
<「青き眼の激臨」を使ったデッキレシピ>
激臨
メインデッキ 41枚
モンスター 6枚
青眼の白龍/光/ドラゴン/3000:2500/8 3枚
悪魔嬢リリス/闇/悪魔/2000:0/3 3枚
魔法カード 23枚
青き眼の激臨/通常魔法 3枚
ビンゴマシーンGO!GO!/通常魔法 3枚
強欲で謙虚な壺/通常魔法 3枚
打ち出の小槌/通常魔法 3枚
一撃必殺!居合いドロー/通常魔法 3枚
封印の黄金櫃/通常魔法 3枚
魔法石の採掘/通常魔法 2枚
命削りの宝札/通常魔法(準制限) 2枚
置換融合/通常魔法
罠カード 12枚
スリーカード/通常罠 3枚
裁きの天秤/通常罠 3枚
強靭!無敵!最強!/通常罠 3枚
拮抗勝負/通常罠 3枚

エクストラデッキ 15枚
ハイパースター/光/天使/1400/リンク2
天球の聖刻印/光/ドラゴン/0/リンク2
真青眼の究極竜/光/ドラゴン/4500:3800/12/融合 3枚
青眼の究極竜/光/ドラゴン/4500:3800/12/融合
No.62 銀河眼の光子竜皇/光/ドラゴン/4000:3000/8/エクシーズ
銀河眼の光波刃竜/光/ドラゴン/3200:2800/9/エクシーズ
森羅の守神 アルセイ/光/植物/2300:3200/8/エクシーズ
No.107 銀河眼の時空竜/光/ドラゴン/3000:2500/8/エクシーズ
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー/光/ドラゴン/3000:2500/8/エクシーズ
サンダーエンド・ドラゴン/光/ドラゴン/3000:2000/8/エクシーズ
銀河眼の光波竜/光/ドラゴン/3000:2500/8/エクシーズ
青眼の双爆裂龍/光/ドラゴン/3000:2500/10/融合
神竜騎士フェルグラント/光/戦士/2800:1800/8/エクシーズ
No.23 冥界の霊騎士ランスロット/闇/アンデット/2000:1500/8/エクシーズ

~デッキ解説~
今回は「青き眼の激臨」を主軸に超ロマン構築にさせてもらった。
とにかく「青き眼の激臨」を効率よく発動し「青眼の白龍」を3体並べでビートダウンを行うのをメインとしている。
しかしその効果から、非常に「青き眼の激臨」が使い辛いのも事実。
特に先に「青眼の白龍」を引いてしまうと、「青き眼の激臨」はデッキからしか特殊召喚できないのでアドバンテージの損失につながる。
そのような事故の回避方法としてこのデッキには「一撃必殺!居合いドロー」が採用されている。このカードは手札を1枚コストに、相手フィールドのカードの数までデッキからカードを墓地に送り、トップをドロー、ドローしたカードが「一撃必殺!居合いドロー」だった場合、お互いのフィールドのカードを全て破壊し、破壊したカード1枚につき2000ダメージを与える効果があるのだが、違った場合はこの効果で墓地に送った枚数分だけ墓地のカードをデッキに戻す効果がある。これにより、手札に引いてしまった「青眼の白龍」をコストで捨て、デッキに戻せばよい。何?もし「一撃必殺!居合いドロー」を引いたらどうするかだと?その時はデュエルが終わっている可能性が非常に高いので気にしないでよろしい。
青き眼の激臨」は手札・墓地・フィールドのカードを全て除外してしまうので「魔法石の採掘」などの手札を切って強力な効果を発揮するカードが相性がいい。
また、除外ゾーンのカードには関係ないので「封印の黄金櫃」を使い、あらかじめ未来にアドバンテージを確保しておくのもいいだろう。除外するカードとしては、手札が枯渇していると思われるので「命削りの宝札」などがおススメだろうか。
肝心の「青き眼の激臨」はテキストに「青眼の白龍」されているため「ビンゴマシーンGO!GO!」でサーチが可能。「強欲で謙虚な壺」や「打ち出の小槌」と併用し、素早く手札に加えよう。
青き眼の激臨」は発動ターンのデメリットとして「青眼の白龍」以外を召喚・特殊召喚できなくなるが、速攻魔法ゆえに相手ターンのエンドフェイズなどに使用すればデメリットも少なくなる。
また速攻魔法ゆえのギミックを利用したコンボとして「悪魔嬢リリス」とのコンボがある。「悪魔嬢リリス」の通常罠をセットする効果は誘発即時効果なので相手ターンでも使用可能。
ゆえに自分のターンに「悪魔嬢リリス」を召喚し、相手ターンに「悪魔嬢リリス」の効果にチェーンして「青き眼の激臨」を使用することで「青眼の白龍」を並べつつ通常罠カードを1枚デッキからセットできる。
青眼の白龍」を3体並べつつ、お馴染みの「スリーカード」に始まり、専用サポートカードの「強靭!無敵!最強!」、アドバンテージの回復ができる「裁きの天秤」などがおススメだろうか。これらの罠カードを併用し、デュエルを有利に進めていきたい。
最後に、一応のロマンギミックとして「置換融合」による「青眼の白龍」の3体融合も一応可能だ。「青眼の白龍」3体展開からの融合という某社長ごっこを楽しんでもらいたい。
いかがだっただろうか?かなりシンプルだがロマンあふれるデッキになったのではないかと思う。
このデッキを組もうという方はまだまだ相性のいいカードは沢山あるので各自調整を勧める。個人的には「「青き眼の激臨」は反転召喚に制限がないので、「天照大神」などを採用し、フィールドを全て除外してから「青眼の白龍」3体で直接攻撃などのギミックや、あらかじめのアドバンテージの確保手段に「予見通帳」などを採用してみるのも面白いのではないかと思う。
諸君もこのデッキを使って、まだ見ぬロマンを追い求めてみてはいかがだろうか?

さて、今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:「STRUCTURE DECK -マスター・リンク-」のお勧めカード
新規カードの考察が終わったと思うと、また次の新情報が来る。若干恒例ぎみになっていそうだが、それでも新規カードの考察は続けるべきだと私は考える。新しいカードが闇のゲーム界に新たな風を巻き起こすと信じて。
というわけで今回も6月23日発売の「STRUCTURE DECK -マスター・リンク-」のカードをお題とさせてもらうぞ。なかなかに面白い効果を持ったカードが多いので悩んでしまいそうだな。
闇ゲデュエリストたるもの、常に新しいカードに目を向けていかなければならないのだ!!
このお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
それではまた会おう。IN TO THE VRAINS!!

 | ホーム |  次のページ»»