プロフィール

シェフ

Author:シェフ
※カオスな仲間と闇のゲームをしてみた公式ブログです


カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム


リンク


私だ。メイジだ
君にラピュタの復活を祝ってイラストを描いてやろうと思ってね
先々週発表した、「緊急その場しのぎ企画!お題のカードでデッキを作ろう!」の第98回を開催する。
先々週提示したお題に対し、君たちから沢山の応募(?)があった。感謝する。
唐突だが諸君らに速報だ。このかおすた通信に今後、シェフ氏による四コマ漫画コーナーの設立が予定されているようだ。なお、あのうpが遅いことに定評のあるシェフ氏のことなので、カオス闇ゲのファンたる諸君らはだいたい覚悟はできていると思うが、その四コマ漫画コーナーがいつ始まるのか、更新速度はどのくらいなのかは未定であり、期待しないほうがいいだろう。
私の予想ではコーナーが始まるとしても来年の秋ごろ。更新速度は1年に1度あればいいほうだと思う。

前回の「お題」は「トークンを生成させるカード」だった。
そして先々週から君たちが様々なカードを提示してくれた。その中から選ばれた栄光あるカードはこのカードだ!
スケープ・ゴースト
20160414211158.jpg
レベル1 闇属性アンデット族のチューナー/リバースモンスター。アンデット族の現在唯一のレベル1チューナーであり、リバースモンスターでもあり、チューナーモンスターでもあるという珍しいモンスター。リバース効果は自分フィールドに「黒羊トークン」(アンデット族・闇・星1・攻/守0)を好きなだけ特殊召喚できるという単純だが強力な効果をもつ。この手の効果には珍しく、このトークンはシンクロ・リンク・融合・リリースに何の制限もないので様々な利用方法があり、使用者の趣味とセンスが問われるモンスターであるともいえるだろう。アイデア提供者は「レニー」さんだな。感謝する。「レニー」さん曰く、「リバース効果で一気にトークンを生成するので、シンクロ、リンク双方で役に立ちそうだと思います。 」とのこと。確かにこのモンスターは状況によっては大量のトークンを展開できるので、リンク召喚には非常に相性がいいと言えるだろう。
それではそんな無限の可能性を秘めたトークン生成カード、「スケープ・ゴースト」を使ったデッキレシピを見ていこう。
<「スケープ・ゴースト」を使ったデッキレシピ>
スケープ メイン
メインデッキ 40枚 
モンスター 16枚
スケープ・ゴースト/闇/アンデット/0:0/1/リバース/チューナー 3枚
不知火の隠者/炎/アンデット/500:0/4 3枚
ADチェンジャー/光/戦士/100:100/1 3枚
クローラー・デンドライト/地/昆虫/1300:600/2/リバース 3枚
絶対王 バック・ジャック/闇/悪魔/0:0/1 2枚
星遺物−『星鎧』 /闇/機械/2500:2500/7
召喚僧サモンプリースト/闇/魔法使い/800:1600/4(制限)
魔法カード 12枚
テラ・フォーミング/通常魔法(準制限) 2枚
フュージョン・ゲート/フィールド魔法 2枚
星遺物に差す影/フィールド魔法 2枚
星遺物を巡る戦い/速攻魔法
おろかな埋葬/通常魔法(制限)
トークン復活祭/通常魔法
ハーピィの羽根帚/通常魔法(制限)
異次元からの埋葬/速攻魔法(準制限)
ワン・フォー・ワン/通常魔法(制限)
罠カード 12枚
バースト・リバース/通常罠 3枚
星遺物の傀儡/永続罠 3枚
メタバース/通常罠 2枚
バージェストマ・ディノミスクス/通常罠 2枚
ゴーストリック・パニック/通常罠
貪欲な瓶/通常罠

エクストラデッキ 15枚
魔王超龍 ベエルゼウス/闇/ドラゴン/4000:4000/10/シンクロ
冥界濁龍 ドラゴキュートス/闇/ドラゴン/4000:2000/10/シンクロ
冥界龍 ドラゴネクロ/闇/ドラゴン/3000:0/8/融合 2枚
始祖竜ワイアーム/闇/ドラゴン/2700:2000/9/融合 2枚
ゴーストリックの駄天使/闇/天使/2000:2500/4/エクシーズ
フォーミュラ・シンクロン/光/機械/200:1500/2/シンクロ/チューナー
ゴーストリック・サキュバス/闇/魔法使い/1400:1200/2/エクシーズ
ゴーストリック・デュラハン/闇/悪魔/1000:0/1/エクシーズ
プロキシー・ドラゴン/光/サイバース/1400/リンク2
リンク・スパイダー/地/サイバース/1000/リンク1
ヴァレルロード・ドラゴン /闇/ドラゴン/3000/リンク4
星杯戦士ニンギルス/地/戦士/2500/リンク3
デコード・トーカー/闇/サイバース/2300/リンク3

~デッキ解説~
今回は「スケープ・ゴースト」のトークン生成効果を中心に、大型のモンスターを出せるように構築してみた。
まず、基本的なギミックとして「スケープ・ゴースト」をリバースさせる方法だが、このデッキでは「ADチェンジャー」「星遺物の傀儡」「ゴーストリック・パニック」が採用されている。
これらのカードを利用し、「スケープ・ゴースト」をセットした後にすぐにリバースさせてトークンを一気に展開できる。
特に「ゴーストリック・パニック」はランク1の「ゴーストリック・デュラハン」やランク2の「ゴーストリック・サキュバス」を経由し「ゴーストリックの駄天使」の効果で即座にサーチが利くのは魅力的だな。
ゴーストリック・デュラハン」のルートを使用した場合は使用後のサルベージも可能な点も見逃せない。
スケープ・ゴースト」をフィールドに揃える方法としては「ワン・フォー・ワン」や「不知火の隠者」などがあるがこれらのカードは表側で特殊召喚するカードになるので、リバースを狙うのが難しい。ゆえに「星遺物の傀儡」の効果などで裏守備にしてからリバースするなどの手順が必要だろう。「星遺物の傀儡」のモンスターを裏守備にする効果は墓地の「クローラー」をデッキに戻す必要があるので、このデッキでは「クローラー・デンドライト」をデッキに戻すことになるだろう。「クローラー・デンドライト」はリバース時にデッキからモンスターを墓地に送る効果があるのであらかじめ効果で「ADチェンジャー」を墓地に送っておけば、「スケープ・ゴースト」をすぐにリバースする準備が整う。
別な手段としては「スケープ・ゴースト」をシンクロ・リンク・エクシーズの素材にして墓地に送った後、「バースト・リバース」でセットするというのも手段の一つだ。
星遺物に差す影」は自分のリバースモンスターを戦闘で破壊した相手モンスターを墓地に送る効果があるので相手の攻撃を躊躇させることが出来、「スケープ・ゴースト」とは非常に相性がよい。
また先述の「クローラー・デンドライト」を手札から特殊召喚出来る点や「星遺物−『星鎧』」のサーチ効果を「星遺物の傀儡」と共有できる点で相性がいい。
フィールド魔法なので相手モンスターの攻撃時に「メタバース」で奇襲をかけることが出来る点もミソだな。
上記のギミックからこのデッキでは「スケープ・ゴースト」のリバースがしやすく構築されているのは理解して頂けただろう。
そこから大量展開したトークンたちの利用方法をここから解説したいと思う。
まず、「スケープ・ゴースト」の効果で特殊召喚される「黒羊トークン」は「スケープ・ゴースト」と全く同じステータス、属性種族の通常モンスターなので「フュージョン・ゲート」で2体を融合素材にすればほぼノーコストで強力な融合モンスターである「冥界龍 ドラゴネクロ」「始祖竜ワイアーム」が融合召喚可能。
それだけでも十分強力であるが、このデッキではさらにその先の展開として「スケープ・ゴースト」が闇属性レベル1チューナーであることを利用し、「スケープ・ゴースト」と「始祖竜ワイアーム」でシンクロすることでレベル10シンクロの「冥界濁龍 ドラゴキュートス」、「スケープ・ゴースト」と「冥界龍 ドラゴネクロ」とほかの「黒羊トークン」1体でシンクロすることでこれまたレベル10シンクロの「魔王超龍 ベエルゼウス」という大型の強力な効果を持った2種類のシンクロを状況によって使い分けることが出来る。
次にトークンたちをリンク素材にするルートの場合はお馴染みの「リンク・スパイダー」からの「プロキシー・ドラゴン」のルートで分岐し、そこからリンク3の対象耐性&打点の「デコード・トーカー」を出すか、万能除去効果を持った「星杯戦士ニンギルス」を出すことが出来、状況によって使い分けることが出来る。
フィールドにのこった「スケープ・ゴースト」自体を素材に巻き込めば「ヴァレルロード・ドラゴン」を呼び出すことも可能だろう。
仮に「スケープ・ゴースト」以外に自分の場にモンスターが居ない状況でリバースした場合、「黒羊トークン」は4体生成される。そのうち1体を「リンク・スパイダー」にし、そのリンク先に2体を素材に「プロキシー・ドラゴン」をリンク召喚する。そして残ったトークン1体と「スケープ・ゴースト」でシンクロし「プロキシー・ドラゴン」のリンク先に「フォーミュラ・シンクロン」を特殊召喚して効果によって1ドローする。その後、「リンク・スパイダー」「プロキシー・ドラゴン」「フォーミュラ・シンクロン」の3体でリンク召喚して手札を増やしつつ「ヴァレルロード・ドラゴン」が出せるのだ。
最後に変わったトークンの使い方としては「トークン復活祭」を1枚だけネタで入れている。一応最大4枚破壊という驚異の除去カードに変貌するポテンシャルを秘めているので、覚えておいて損はないだろう。ちなみに「冥界龍 ドラゴネクロ」で特殊召喚される「ダークソウルトークン」も闇属性アンデット族なので「黒羊トークン」と同様の使い回しができる。
このデッキでは全体的に除去が少なめなので「バージェストマ・ディノミスクス」が採用されている。通常罠なので「絶対王 バック・ジャック」の効果を「バースト・リバース」や「メタバース」などの他の起点となる通常罠と共有できる他、手札を切る効果をもつので手札に来てしまった「ADチェンジャー」などを墓地に送るのにも役立つだろう。また、レベル2の通常モンスターとして特殊召喚できる効果を持つので各種リンク素材や先述の「クローラー・デンドライト」や「フォーミュラ・シンクロン」と共に「ゴーストリック・サキュバス」をエクシーズ召喚もできる。特に前者はリバースした後に棒立ちになりがちなのでこのカードと共に素材にするのが有意義だろう。
いかがだっただろうか?ややコンボパーツが多めだがなかなかに強力なデッキになったのではないかと思う。
このデッキを構築しようと思う奇特な方が居るのならば、まだまだ相性の良いカードは沢山あるので各自調整を勧める。個人的にはもうすこし「不知火」カードを増やして「不知火流 燕の太刀」などを採用し、除去能力を高めるのも面白いのではないかと思う。発動コストはトークンを量産さえできればいくらでも賄えるので。
諸君もこのデッキを使って、トークンを利用した華麗なる戦術を披露してみてはいかがだろうか?

さて、今回はここまで。今回も次回に向けて「お題」を提示したいと思う。
お題:デッキビルドパック「スピリット・ウォリアーズ」の収録カード
もう間もなくカオス闇ゲ&二十代コラボオフが開催されるが、それと同時に新パックである「スピリット・ウォリアーズ」の発売が8月11日に迫っているのは優秀なデュエリスト諸君ならば把握しているだろう。次回の更新時には既に発売されているので、今回も例によって新規カードの研究のため、「スピリット・ウォリアーズ」の収録カードからお題を出させてもらうぞ。闇ゲデュエリストたるもの、常に新しいカードに目を向けていかなければならないのだ!
大変申し訳ないが、来週は私の都合で休載とさせていただく。ゆえにこのお題の有効期限は再来週の火曜の午前10時までとし、誰一人としてカードが出なかった場合、レシピは掲載されないものとする。諸君の活躍を期待する。
コメントにはHNを付けてくれると非常に助かる
それではまた会おう。IN TO THE VRAINS!!
スポンサーサイト
 

コメント

魔弾の悪魔ザミエルを軸としたデッキが見てみたいです。名前ネタでザミエル2体でオーバーレイ→時空竜みたいな…

やべ、遅刻してるけど、通らなかったら私がわるいんだし。
今回、汎用的に使えそうなカードが見つからなかったので、
『影六武衆-フウマ』
を選択してみます。
レベル1チューナー風属性戦士族と使えそうな要素だと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム |